違い 第2節 大宮戦(H) [生観戦]

FC東京観戦記2017
03 /04 2017
開幕戦を鹿島スタジアムで勝って、この上ないスタートを切った東京。

興奮覚めやらぬうちに、昨季得点王まで期限付きながらも移籍加入する、というニュースが。
ここまでポジティブサプライズを頻発させたことがあったかな。
今年に懸けるフロントの意気込みは相当だ。

勢いを加速させたい東京がホーム開幕戦で迎えたのは大宮。
ホームではロクな思い出がない、相性最悪の相手だ。
大前までいるじゃないか。(体調不良?で欠場。前より太ったかな。関係ないか。)

2017030401
ムクムク君は今年も元気。

試合は予想通り、ガチガチの膠着状態が続いた。
互いに球際へ厳しくいくし、東京の連携はまだまだ未熟だしで、アバウトなボールでしか前に出せない。
前半はどちらかというと大宮の思惑内で試合が進んでいたけど、東京も永井の速さを頼りに散発ながら仄かに得点の匂いをさせてはいた。

後半に入ると、少しずつマークを剥がせるようになった東京。
中島翔哉が54分に入ってからそれが顕著になった。
得点に繋がったCKは中島のクロスをクリアしたものだし、2点目はこぼれを自身で決めたもの。
今節も切り札としてこれ以上ないプレーぶりだった。

我慢して、結果2-0で気持ちよく東京が勝った。

集中力を切らさない点で大宮に並んだのが、まず良かった。
(連携がイマイチなのがかえって緊張感を生んだのかもしれないけど。)

そこで並べると個が活きてくるんだろうね。
中島の仕掛け、永井の速さ、大久保のシュート技術、林の技術。
勝負どころで、分かっていても止めさせない強みが出た。
力を集めてるフロントと、それを結集させてる現場とのクラブ全体で掴んだ勝利だった。

東京西川シートだったからバチバチとボールを奪い合うのが間近で観れたし、勝ち点3と上質のタオルもゲットできてとても満足!!
これからがますます楽しみ!!

2017030402

最高かよ!! 第1節 鹿島(A)[生観戦]

FC東京観戦記2017
02 /25 2017
もちろん勝って欲しくて単身バスに乗り込んだんだけど、まさか本当に勝ってくれるとは。

試合は最初から最後まで中身が濃かった。
膠着状態がずっと続いていたけど、どちらかというと押し気味に見えたのはFC東京で、度々セットプレーを得られた。
が、決定機に至らず、あまりいい予感がしなかった。
そんな状況が続いて69分、ついに東京が決定機を迎えるも外してしまい、直後の逆襲で鹿島がゴール前1対1の決定機に。

ここで入れられて、「いい流れだったのにね」とタラレバ話へとなだれ込むのがおなじみのパターン。

しかし、今年は林が止めてくれた!

流れを相手に譲らなかった東京が82分、途中出場の中島がシュートを放ち、これがOGを誘って遂に均衡を破る!

その後はさすがに押し込まれるも決定機は作らせず、勝った!

振り返っても、東京の選手たちは皆が良いプレーをしていたと思う。
内容が伴わなくても勝ち点をもぎとっていく鹿島を相手に完封勝ちしたのは、隙を見せなかったからだね。
中でも目を惹いたのは高萩。プレー以上に雰囲気や声と身振りでチームに落ち着きを与えていたようにみえた。
新戦力はこれからもっと合ってくるだろうし、楽しみだ。

さて、こうなるといよいよ欲が出てくる。
優勝候補としてあまり挙げられていない中で手強そうなのは、浦和に勝った横浜FM。
バルセロナのカンテラ出身ながらも伸び悩む22歳も大概だけど、レッドスターで前シーズン20点も取ってる28歳なんて、騙して連れてきたとしか。。。
以前のエントリーでJは枠内以外に結局大した補強してない、と書いたけど完全な誤りですごめんなさい。

こうやって浮かれてると次の試合であっさり負けるのが恒例だけど、今年は違うよね?フリじゃないからね?

20170227

東京なめんなよ 2017年FC東京

FC東京
02 /24 2017
FC東京の2017年の補強はかなり気合が入っていた。

テーマは「東京なめんなよ」(篠田監督)だろう。

大久保、高萩、林、と実績十分なだけでなく、イカツめなのをとってきた。
前から後ろから中から、ビシビシとやってくれそうである。

大型補強したからといって急に好転するほど甘くはないだろうと思う。
結果はどうなるか分からない。
でも、結果への"執着心"は今までよりずっと見せてくれるんじゃないかな。
そこに一番期待してる。
バモス、東京

競技規則スタンダード映像

Jリーグ
02 /24 2017
2017年競技規則スタンダード映像がYoutubeにupされてた。
良い試みだと思う。
ファンや選手と審判の共通理解が深まるのは利益しかない。

補強動向

Jリーグ
02 /24 2017
全クラブの移籍動向を眺めてみる。

手堅いな、というのが第一印象。

俊輔だ、大久保だ、レオシルバだ、といった所は大物だけれどJの枠内移動で、清武、太田は出戻り。
唯一、神戸がポドルスキを獲得する噂があった程度で。
非常に計算の立つ範囲でお金を使っているな、と。

Jが海外の大物を連れてくるのはお金以外の面でも難しいと思います。
今のJは昔に比べてレベルが上がった。
だからかつてのように、大物が余生をのびのびと過ごす場所としては適さなくなったのでは。
熱い時期にも規律とそれなりの運動量を求められますしね。
ただ、「Jクラブ強化論」によれば、ブラジル人はそれなりにまだ魅力を感じてくれているみたいだけど。

Jリーグの魅力につながるお金の使い道として、育成、スタジアムがまず挙げられます。
他には、現役選手の年棒アップ。Jリーグでもこんなに稼ぐ選手がいる!となればやはり選手の質も上がるでしょう。安易な海外流出も避けられますしね。
あとは、細かいところ。サポーターに年間チケット送る、その包装に気を配れるかどうかだけでかなり印象が違ってくる。
FC東京以外のクラブがどのようにブランド戦略を考えているか分からないけれど、とりあえずFC東京はもっと学んでかけるべきところには金をかけるべきだと思う。
年間チケット案内がただの請求書にしかみえないのは残念だよ。

最後に、DAZNマネーの使い道に関して代理人の田邉伸明氏のインタビュー記事がありました。面白いです。支払うタイミングも重要なんですね。分配金分割割合の修正提案にもなるほど、と。