スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラサク 川崎×緑(生観戦)

Jリーグ
04 /11 2005
桜並木を通り抜け、等々力競技場にやってきた。
今日は川崎と緑の川崎ダービー。
お客さんの入りも上々だ。

試合は中盤での潰し合いから始まった。
しばらくお互いにシュートで攻撃を終える事が出来ないでいたが、
柔軟なポジショニングチェンジを繰り返し徐々に緑がペースをつかみ、何度か決定機を迎えるも枠を外す。
対して川崎はさしたる決定機を迎える事のまま前半を終える。

後半も中盤での潰し合いが多くシュートまでに至らない。
ボールを持っている時間は圧倒的に長いもののいい形でFWにボールが収まらない緑が攻撃にかける人数を増やした頃、
川崎のカウンターが炸裂した。
ぽっかり空いた左サイドのアウグストへボールが渡ると独走しそのままシュート&ゴール!!
根競べに勝った川崎が貴重な先制点を手に入れた。

川崎の課題は何といってもここから。
突き放してトドメを刺すのか、守りきって耐え勝つのか。
監督の選択は後者だった。
残り10分ほどを残して次々と守備的な選手を投入し逃げ切りを図る関塚監督。
そして交替選手が投入されるたびに明らかに最終ラインの位置取りが深くなっていき、ボールを意図して獲りに行く位置も非常に低くなっていった。
しかし、ジュニーニョらは前に残っておりボールをなるべく高い位置で獲ろうと奔走していた。
私の目には前線と中盤以下で意図に齟齬があるように観えたが意外にもこれが効を奏した。
何度かジュニーニョが前線で驚異的なパスカットを見せ、そこから独走でシュートまで持ち込む。
結果的には点に繋がらなかったが相手に驚異を与え時間を奪い、味方には休息を与えるプレーだった。
とはいえ、前線でカットできずに繋がれたパスは自陣で好きなように回される事になり何度も驚異に晒される浦和戦で観た光景が繰り返されてはいたが
しっかりボールを断ち切り今年初めて勝利のホイッスルを迎える事に成功!!
J1での勝利の重さを嫌というほど味わっていた川崎サポーターの歓声に等々力競技場が包まれ幸福感に満ち溢れた。
この勝利はただの1勝ではなく川崎が踏んだ偉大なる第一歩なのだ、川崎サポーターの歓喜はこう言っている様だった。

最大の勝因は何だったか?
私は緑に対して川崎は非常に相性が良いチームなのではないかと思った。
緑の最大のキーマンであるワシントンに前半の1場面を除き全く仕事をさせなかったのだ。
川崎のDF、特に箕輪、寺田は器用さに欠けるもののワシントンのようなタイプには滅法強いのだ。
彼にボールを収めさせなかった事が得点、勝利に繋がったように思う。

以前、川崎にリーダーが現れるのが先か、勝って自信をつけるのが先かと書いた。
観た限りズルズル下がる悪癖が直ったように思えない。
今後、同じ戦いを続けて勝利を重ねられるかといえば疑問だ。
今日の第一歩を機に後者の道を歩み始めるのだろうと思う。

そんな事を話したり考えたりしながらスタジアムの外へ出ると、
そこは川崎サポーターの笑顔と夜桜が満開だった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

活かされたのかなぁ・・・

先日はコメントありがとうございました。

J1ホーム2戦目で、ようやく今季初勝利。魔のロスタイムも何とか凌ぎました。

浦和戦しかり、G大阪戦しかり活かされたのかなぁ・・・

東京は好調なようで、対戦楽しみですね。

やりたいことは伝わってきましたね(笑)

わざわざお越しいただきありがとうございます。
終了10分前から監督の意図が誰しも分かる意思統一のしやすい采配でしたね。
文中に書きましたがまだ逃げ切り方にぎこちなさが見えるのは確かです。
しかし、東京だって例えば神戸戦を見ても上手いとは言えません(苦笑)
勝ちながら上手くなっていくのが理想なのでしょうね。

しかし、多摩川ダービーでの勝利は譲りませんよ!!

トラックバック

ロスタイム、長かった・・・。

夢見ケ崎での花見を5時前に切り上げ等々力に向かう。桜舞う等々力には6時半頃到着、日中は暖かく花見日和であったがさすがにこの時期のナイトゲーム、薄着の私は肌寒い・・・。場内に入る、人は結構入っている。今季ホーム側で二度観戦も勝てなかったためゲンを担ぎ、メイ

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。