スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグおもしれー! 川崎×浦和観戦記

Jリーグ
03 /12 2005
今日は川崎×浦和を観に行ってきました。
友人が偶然チケット入手に成功したのです。ラッキー!
会場の入りは売り切れも納得の24332人超満員!
等々力が赤く染まってしまうと心配されましたが、
6対4でぐらいで青の方が確実に多かった。
フロンターレフロントGood Job!!
20050312233954.jpg

スタメン、川崎はいつも通りの布陣。レッズは永井の怪我で田中達也がFWに入ります。
試合前の予想は攻めるレッズにフロンターレがカウンターを仕掛ける展開だろうと思っていました。
で、一点目は正に最初のカウンターからジュニーニョが突破。倒されてPK!
このPKを一旦止められてしまうものの、こぼれ球をキッチリ押し込んで先制!!

前半早々に先制点を奪えた事はフロンターレを勇気付けましたね。
得点直後もフロンターレが押し込みます。
が、さすがに浦和のディフェンスも硬く、逆に23分失点。

これで試合は振り出し。
フロンターレは自陣で固まるのかなぁ、
と思っていたらそんな事はありませんでした!
FWからプレスをかけ中盤が激しく当ってボールを奪い取り開いた選手に渡して逆襲、といったパターンで多くの見せ場を作っていました!

浦和はボールを持っていても攻めあぐね、
頼みのエメルソンは相変わらず調整不足。
フロンターレペースで前半を終えます。

後半が始まっても主導権はフロンターレが握り、
またしても早い時間に我那覇が追加点を上げます!

さらに攻勢をかけるフロンターレ。
後半19分に今度はアウグストが超絶FK!!
会場が驚きと歓声に包まれました。

その後もボール支配率はおそらく浦和の方が高いものの
主導権は渡さないフロンターレ。
集中した守備から幾度かチャンスを作り出します、
が更なる追加点はならず。

流れを変えたい浦和は二人変えて岡野と横山(誰?)が入ってきました。
この岡野交代した時間帯から徐々にフロンターレの中盤のチェックが甘くなってきます。
段々とスピードに乗った攻撃を仕掛けるようになった浦和の主体的な攻撃が増えてきてしまい、
後半35分にはセンターサークル付近でドリブルを始めた岡野が川崎の中盤二人を交わして勢いに乗り、1-2などを織り交ぜてシュート&ゴール。

残り10分で1点差に迫られたフロンターレ。
完全に逃げの体勢に入りますがバックラインがずるずると下がり、ボールを取る位置が極端に低くなってきてしまいます。
防戦一方となり、しかもクリアボールを内へ内へと返してしまいそれを拾われて更に攻撃を受けてしまう。
たまにサイドでボールを持ち時間を稼ごうとするも長くは続かず攻勢に晒される。
ずっと綱渡りの時間が続きますがなんとか凌ぎ、試合は遂にロスタイムに入ります。
ロスタイムは3分。この間ひたすら耐えるフロンターレ。
なんとかあとワンプレーという時間帯にクリアしやすい絶好のロングボールが上がる。
これを外に切れば終る・・・と思われたのですが勝ちを意識して硬くなったDFのクリアは中途半端に中へ。
コレを拾った浦和がしっかりと攻撃に繋げ、

混戦となったゴール前へ吸い込まれ・・・

ワッと揺れる相手ゴール裏・・・。

試合再開直後に笛は鳴り、

フロンターレサポーターの喪失感が漂う中熱戦の幕は閉じました。


試合開始からずっとハラハラドキドキ、期待と不安、
そして最後に少しの落胆。
今日も開幕戦に続き心から試合を堪能できました。
数年前なら失礼ですけど何の期待も出来ないカードだったのですけれどねぇ・・・。
Jリーグの進歩を感じますね。


勝ち星を目前にして失ったフロンターレでしたが、数年前に観たバラバラのチームではなく意思統一のなされた素晴らしいチームという事を証明した試合だったと思います。
特にボールを奪った後の動き出しとパス出しのタイミングは見事。無駄が無いので非常に効果的でした。
勿論ジュニーニョの個人技に負う所もあるのですが、チームとして非常にうまく活かしていると感じました。
守備も正に全員守備と言ってよく、この試合では度々中盤で奪い良い形で攻撃に繋げていましたね。
ただ、最後にズルズル下がってしまうのはやはり経験の無さでしょう。
極端に視野が狭くなっていましたしプレーが硬くなってしまいました。
誰か一人でも統率して試合中に立て直す方向に持っていかないと今後も苦労しそうです。
リーダーが現れるのが先か、勝って自信が付くのが先か。どちらになるか楽しみです。

一方の浦和。勝ち星を計算していたであろう相手に面食らった事と思います。
ただ、あれだけエメルソンがブレーキになっては厳しい結果になるのも当然でしょう。
そんな苦しい状況でも必死でもぎ取った勝ち点1。意味は決して小さくないと思います。
これで今後上向くかもしれません。

最後に今日の主審は穴沢主審でした。

が!

何と非常に良かった!!

流すところ止めるトコが的確で非常にスムーズに試合が流れたと思います。

あの

アナザーワールドの使い手がですよ!

広島×東京で吹いた高山氏も非常に良かったように思った。
(駒野のイエローは2枚とも当然だと思います。)
前節非常に騒がれた審判問題だけれども私が真剣に見た試合は今の所どれもまとも。
全体的には進歩しているんじゃないかなぁ。

いやー、それにしてもJリーグってホンット面白いですね!

それではさよなら、さよなら、さよなら。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

2点差はセーフティーでない事を何度教えられたろう・・・

悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しい、悔しいよ・・・勝てた、勝てた、勝てた、勝てた、勝てた、勝てた、勝てた、勝てた、勝てた、勝てたよ・・・フロンターレ3-3浦和。こうしてチームは強くなる(はず?) ...

【フロンターレ】惜しかった!!

残り10秒で同点に追いつかれ、引き分けに終わってしまいましたが、浦和相手にここまでやれたのですから、今後の戦いに大きな期待を持っちゃいますね♪見ていた人はこれほど面白かった試合はなかったでしょうね(^^♪☆等々力時報 【J1第2節】△川崎フロンターレ-浦和レッズ

浦和戦、惜しくも引き分け

今日のフロンターレの相手は浦和レッドダイヤモンズ。試合前の予想は、やはり敗色濃厚でした。相手は、元フロンターレで。昨年得点王のエメルソン、田中達也、田中闘利王、坪井、三都主など、有名選手多数です。試合開始の2時間前(本来なら開場前の時間)に入ったのに、場

やっぱ、J1

昨年のフロンターレはJ2だったので、滅多にスポーツニュースに映りませんでしたが、さすがJ1で相手が浦和となると、映りますねー。NHK,日テレ、テレ朝、テレ東、TBSと全てJリーグのトップに扱われてました。(フジは見逃してしまった……)大体どの局でも、全ゴ

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。