清水×広島を振り返りつつ明日の試合を妄想する。

FC東京
03 /11 2005
タイトル通り広島の開幕戦を観て明日の試合を妄想しようかと。
kangaerukuma.jpg

広島のシステムは4-3-3で東京と一見似ているのですがFWの3人が殆ど開かず、中央寄りの近い位置でプレーしているという違いがありました。
また、表記上は森崎と茂原の2ボランチとなっていますが、茂原は東京の宮沢のように積極的に攻撃に関与する場面が多かったです。

広島の攻撃パターンは非常に単純。
中盤がタメを作ってサイドへ展開、サイドの選手はそれ程抉る事なく、早めにクロスを上げFWに合わせる。
ほとんどこれ一辺倒です。

このアーリークロスを跳ね返すのはそれ程難しい事ではないのでしょうが、広島もこれでゴールになるという期待はそれ程持っておらず、クリアボールやFWが落したボールを再度シュートする、もしくはもう一度サイドへ振ってそこからクロスを上げFWに合わせて得点を狙っていました。

清水戦での得点はこの二次攻撃からうまれました。
アーリークロスを跳ね返されたボールを拾い、右の駒野へ振ってもう一度クロス。このクロスが非常に精度が高くガウボンが前で囮となった事もあり茂木のゴールへ繋がりました。

ガウボンに当ててFW3人で崩そうというパターンもありましたが、息があってなくてそれほど驚異とはなっていませんでした。

ディフェンスに関してですが、単純な攻撃は簡単に跳ね返してしまいますね。
前半、清水はチョジェジン目掛けたロングボール一辺倒だったのですが全部簡単に跳ね返していました。
またDF個々人の能力も高く簡単には突破させてもらえません。
清水のチェテウクは多少勝負できましたが佐藤はまるで突破出来ませんでした。
チョジェジンがシュートを打っても体をしっかり寄せているので入りませんでしたね。

選手個々に目を移すと、
生命線である森崎らのサイドチェンジのタイミングは非常に良く精度も高かったですね。
チームとしての約束事として非常に浸透している感がありました。
また、サイドの選手駒野と服部のクロスの精度も割と高いと思います。
ただ、SBの位置なので深く抉る事は少なく突破力もそれ程無くフォーローも少ないのでその点は安心して良いと思います。
FW3人に関してまずガウボンですが、ポストプレーが得意な選手で周りを活かし自分も活きるといったスタイルのようです。
自分の力だけで突破する場面は殆どありませんでした。
個人的に期待している佐藤は何度かガウボンのポストもしくはクリアボールからシュートを放っていましたが、一番恐ろしい鋭い飛び出しは見れませんでした。
攻撃がサイドから一辺倒なのでスルーパスは出てきませんし、FW3人が近い位置でプレーしているのでスペースも無く今のままでは持ち味を発揮するのは困難かと思います。
大木に関してはこれといった活躍もなければ今後に期待を持たせるプレーを見せた訳でもありませんでした。
DF陣は一対一で強さを発揮する場面が多く見受けられました。
工夫の無い攻撃では得点を奪えないと思います。


広島対策
守備面では森崎ら中盤の選手に簡単に持たれない事、
サイドへボールが渡ったら出来るだけプレッシャーをかけると共に逆サイドのSBがちゃんと絞って相手FWをマークする事、クリアをハッキリ大きくする事、こぼれ球をしっかり拾う事、が大切だと思います。
また、このロングボールに対応する事でラインがずるずる下がらないように気をつけたいですね。
下がってしまうと攻撃面で東京の良さが消えてしまいますから。

攻撃面では佐藤の代わりに沢登が入った後の清水のように中盤で起点を作りピッチを広く使って相手を揺さぶる事が大切だと思います。
以前、対戦妄想記事で池田とジニーニョのギャップを突けと書きましたがそれよりも開幕戦のようにワイドに攻撃する事が一番の攻略の鍵だと思います。
広島戦でも宮沢の活躍が不可欠ですね。
勝って相手をこんな状態↓にしてしまいましょう!
132s.jpg

最後に清水に関して少し。
最初は精度の低いロングボール一辺倒で時折みせるチェテウクの個人技以外見るべきものが無かったのですが、佐藤が怪我して澤登が入った事で起点が出来て攻撃のリズムが出来ましたね。
広い視野で相手の急所を突くパスが何本も見れましたし、それまでになかったボランチや市川の上がりも引き出していました。
正に怪我の功名ですが今後に明るい兆しが見えたのではないでしょうか。
1シーズン通してとなると澤登の代わりとなる人材が出番を掴まないと厳しいとは思いますが。

えー、これだけ長々と書きながらも明日は自分の試合が終った後広島マイ・・かずに川崎×浦和観ます。

自分>東京な私をお許し下さい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.