スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[TV観戦記]浦和×鹿島

Jリーグ
03 /07 2005
東京の未来の対戦相手である事を念頭に置いて書いていきたいと思います。
この試合、最初の主導権を握ったのはやはりホームの浦和でした。
開幕である事、ホームである事、そして恐らくエメルソンのコンディションを考慮して最初から人数をかけた攻撃で鹿島を圧倒します。
鹿島は中盤をまるで作る事が出来ません。
しかし、浦和は何度と無くチャンスを作ってもシュートを外す。
鹿島は防戦一方でしたが、(悪質なファールで)よく倒し、自らもよく倒れる事で強引に浦和のリズムを崩します。
決定機をモノに出来ない上にこの鹿島のプレーで次第にイライラが募る浦和。
何と自らのミスで1点を鹿島に献上してしまいます。
焦る浦和に対して嫌らしいサッカーを続ける鹿島。
前半の終盤には言い合いの流れ?で鈴木を倒したアルパイが退場して浦和はますます自らの首を絞めます。

後半をメンバー交代無く臨む両チーム。
浦和の気持ちの切り替えに注目しましたが序盤はまだ引きずっている様子が伺えました。
それでも徐々にサッカーに集中すると1人足りないとは思わせない運動量で鹿島を攻め立てます。
ただ、相手は先制されると最も厄介な相手鹿島。
攻撃面では新井場の突破とアレックスミネイロが今後に期待を抱かせるプレーを散発するのみですが、
前半より整備され人数もかけたDF陣が決定機を作らせず唯一の決定機田中達也のヘディングシュートも曽ケ端がスーパーセーブ。
結局0-1で鹿島が逃げ切りました。


総評:浦和
メンタル面の弱さを露呈した試合だと思います。相手に惑わされサッカーに集中する事が出来ませんでした。
また、エメルソンがブレーキでも他の選手が決定的な場面で決める、という強さは見る事が出来ませんでしたね。

ただ、東京には鹿島のようなプレーで相手の集中力を削ぐ事を全く期待しません。

エメルソンをきちんと抑える事、そして高い位置からプレッシャーをかける事で東京の良さをだし相手のサッカーをさせない事が大切だと改めて感じました。

浦和との対戦予定
第6節 4月 16日(土)15:30 味の素スタジアム (Home)
第19節 8月 20日(土) (Away)


総評:鹿島
Jリーグ1の嫌らしいチームという真価を発揮しました。
しかし、狡猾という奇麗な言葉で片付けられない程悪質なプレーが特に前半目立ちました。
浦和の勢いに追いつけなくて仕方ない部分を割り引いても後方からの削るプレーが多いように思いました。
青木は前半で退場してもおかしくなかったように思います。怪我に繋がる危険なプレーは絶対に止めて欲しいと思います。
逆にサッカーファンとしてうれしかったのは久し振りに新井場が輝いていた事とアレックスミネイロが才能の片鱗を見せた事です。
新井場は次節からも期待出来るでしょうし、アレックスミネイロもフィットすれば驚異となると思います。

東京としては新井場を自陣に押し込み、アレックスミネイロに仕事をさせない事、何より相手に惑わされずサッカーに集中する事が大切です。
試合の流れがブツブツ切れても決してイライラせずに集中を保つ事が大切です。

鹿島との対戦日程
第10節 5月 4日(水・祝)16:00 味の素スタジアム (Home)
第30節 ※11月12日(土)(Away) 日程変更の可能性有
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。