スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落書き事件とこれから

FC東京
03 /02 2005
先日、FC東京を応援する者がベルディのクラブハウスに落書きするという事件が起こった事は既にご存知かと思います。

本日、東京が公式に対応を発表しました。

犯人に対するクラブの処置について何かを言うつもりはありません。
犯人自身が反省し、二度と繰り返さない事が何より必要です。

非常に残念なのは

こうした“集団心理”によると思われる「常識外」の行動は、これまでも、とくにアウェイ会場にて散見されているようです。



という事実。

決して今回の犯人5人は特別な存在ではないという事です。

気心の知れた者同士ならばこそ、友人として「止める」勇気が必要



一番大切な事は東京サポが今後一切蛮行を起さない事。
ただ、クラブが全てを管理するのは無理な話。
自分自身、そして仲間が抑止力を働かし、蛮行を起さない起させない事が不可欠なのです。
東京を愛するならその場の自己満足に走るような行動なんて出来ないはずだし、仲間にさせちゃならないよ。


関連エントリ:処罰と抑止
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

関係者は良い人達なのに。。。

 U-18の東京都大会の決勝戦に行けなくて残念、と思っていながらWebを見ていたら。 バルセロナにいた間にこんな事件がおきているとは。。(ユースの殆どの試合を見に行っているので犯人の予想はつきますが、その事については触れません) Verdyユースのコーチにバ.

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。