スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーイング

FC東京
02 /28 2005
昨日の試合でPSMには珍しいブーイングが起こりましたね。

PSMはあくまで練習試合。
今年どういったサッカーを目指すのか、そのお披露目試合であり試合を通して収穫や課題を得る事が結果よりもずっと大切。
私はPSMに対してこう捉えていますし、共感していただける方も多いのではないでしょうか?

そのPSMで東京は川崎に負け、試合終了後にはブーイングが起きました。
これは何に対してでしょう?

勿論負けた「結果」に対してブーイングした者もいたでしょう。
しかし、それだけが理由ではないと思います。
「内容」に対してブーイングをした者も多かったと思うのです。
私は唖然としていて声も出ない状態でしたが。

主導権を握れた前半の僅かな時間帯を除き、東京は苦戦を強いられました。
新たに加わった仲間と共に「進化したサッカー」をしようというのですから致し方ない面はあります。
新しいチャレンジに失敗はつき物ですから。

しかし、それは新しいチャレンジだからこそミスをしても許されるのではないでしょうか?
バックラインから安易にロングボールを放り込んではボールを失い、
大きく展開できる場面でチャレンジせずに近くに回し、
相手に引かれると延々とバックパスの嵐→暫くして放り込み。
こういった去年からの課題を引きずっただけで「目指すサッカー」とも合致しない「チャレンジ無き失敗」に対してブーイングが起こる事は自然ではないでしょうか?

先のエントリーで紹介させていただいたように「新しく目指すサッカー」を感じ取り、収穫や課題を見てとれた人はいます。
色々な人が観ているのですから色々な感じ方があると思います。
その中で、去年の課題を解決せずチャレンジも少なく感じた「内容」に不安を感じ「危機感」をもっと持って欲しくてブーイングする人が出てもおかしくない試合だった。
私はそのように思います。

え?ブーイングなんてしなくても選手達はわかってるって?
そうかもしれませんけど、そうじゃないかもしれないじゃないですか。
解決する課題もあれば一向に改善されない課題もあるのですから。

審判へのブーイングも実は試合前に起こっていました。
(主審はセレッソ戦で一躍私の中で有名になったアナザーワールドのスタンド使い。)
えー、だけに留めてブーイングはやめておこうぜ、という意見をどこかで読みましたが私もその通りだと思います。
全面的に賛成です。確かに何の得にもならないですよね。昨日は思いっきりブーイングしましたが今後控えます。
試合中や試合後に酷“すぎる”と感じた時は遠慮しませんが。
ただ、去年はブーイングした試合の勝率結構良かったような(K氏が吹いた試合とか。)・・・・気のせい?



お前昨日から文句ばっかりで東京サポじゃないんじゃないか?
ひょっとしてフロンターレファンのくせに東京のサポを装って稚拙な釣りをしてるだけじゃないのかと思った人もいるかもしれませんね。
そんなわけないじゃないですか。
れっきとしたソシオですよ私は。
その証拠に写真をお見せしましょう。
20050228185309.jpg


             ん?









20050228185407.jpg


       うわぁぁぁぁぁぁ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。