スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦力分析&対戦妄想 鹿島アントラーズ編

戦力分析&対戦妄想2005
02 /18 2005
FC東京の今季を妄想する為に相手チームの戦力を分析する企画。
第12回目は昨季年間順位6位の鹿島アントラーズです。

鹿島アントラーズといえば?
面白くないけど勝つサッカー。
それ故にそれほど勝てなかった去年は観客数が激減したのだと思っています。


去年の基本布陣(2nd)

     鈴木     バロン
     (深井)     (野沢)
  本山           小笠原

     中田     フェルナンド

新井場    大岩    岩政    内田
             (金古)   (青木)
          曽ケ端

シーズン前、得点源と期待されていたファビオジュニオールはわずか1得点。
深井もスタメン定着に至らず2ndから加わった2人が主にスタメン出場していました。
磐田戦の鈴木ハットトリックには目を疑いましたね。
個人的には新井場に元気が無かったのが気がかりです。
監督の指示があったのか奔放な攻め上がりを観られませんでした。


去年の対戦成績
Jリーグ
1st 第11節 鹿島0-0東京
2nd 第7節 東京0-1鹿島

ナビスコ
第1節 東京1-2鹿島
第2節 鹿島1-2東京

1stの対戦は柏原に徳永のPKファウルを見逃してもらった試合。
他に記憶はないけれど、鹿島スタジアムで勝ち点をもぎ取ったのは大きい。
2ndの対戦は浦和に前節勝って勢いづいた東京が終始押していたものの点を取れず、
逆に点を奪われ鹿島の嫌らしいサッカーの前に敗北。

ナビスコ1戦目は開始1分に点を決められ、17分にも追加点を許してしまい、
その後攻め立てたけれど終盤になってルーカスが1点返すのがやっとだった試合。

ナビスコ2戦目も開始早々先制されてしまったけれど、
後半すぐにルーカスの突破からオウンゴールを誘い、
78分には東京の飛び道具梶山ゴラッソーで鹿島を敵地で沈めた試合!

鹿島スタジアムで1勝1分と期待を上回る成績だったのですが、
ホームであえなく2敗して結局1勝1分2敗と負け越してしまいました。
今年はホームでも絶対勝ちたい!


今年の移籍動向こちら
今年のビックリドッキリ補強はアレックスミネイロ選手です。


強化担当コメント
・勝負強さや勝つ事への執念が希薄になってきている。
・今年はチームが分かっている監督でやるべきと考えセレーゾ続投。
・毎年優勝する事が前提
・ポイントは本山が才能を発揮するかどうか
・補強のポイントは点の取れるブラジル人FW(アレックスミネイロ)とユーティリティープレイヤー(難航?)


今年の予想布陣

     鈴木    アレックスミネイロ
              (深井)     
  本山             野沢

     小笠原     フェルナンド
              (青木)
新井場    大岩    岩政    内田
             (金古)   (名良橋)
          曽ケ端

練習試合レポを眺めつつ小笠原をボランチと予想。
体の入れ方が非常に上手いし視野も勿論広くてドリブルも出来る。
下がり気味だったチームをグイグイと押し上げる推進力と成り得るのではないでしょうか?
(もしかしたら既に試みて失敗しているのかも。)
小笠原がパスを出せば本山がドリブルで揺さぶり新井場がエグって鈴木が潰れる。
左サイドが楽しい事になりそうだと思うのですが。
名良橋が怪我しているらしく内田が右サイドに入りますが印象にありません。
徳永が鹿島入りするんじゃないかと今からビクビクしています。


(東京戦以外で)活躍して欲しい選手
本山
'99年に見せた輝きは幻だったの!?
ジョーカーとして代表の位置は確保しているけれどまだ色あせて見えますよ。
才能の開花を待っているのは鹿島のフロントだけではありません。


対戦妄想
監督が変わっていませんし今年も嫌らしいサッカーを展開してくるのでしょう。
何としてでも先制点を奪いたいのですが、簡単に取れたら苦労しません。
4バックを強いていてサイドのスペースはそれ程空いていませんし、
ロングボールを放り込んでも屈強なCBに跳ね返されてしまうのがオチです。
そこで、ボールを持った時に「持たされている」ではなく「持っている」と思える攻撃を仕掛けたいものですね。
攻撃の組み立てに長けた選手。それは昨年欠けていたピースです。
そう、今年は宮沢が復活だ!
パスを有効に散らして穴を空け、空かなかったらミドルで強引にこじ開けろ!(今年は枠に打ってね)
KEYMANは宮沢に決定!!
攻めて取れ!攻めて獲れ!!


対戦日程
第10節 5月 4日(水・祝)16:00 味の素スタジアム (Home)
第30節 ※11月12日(土)(Away) 日程変更の可能性有


最後に余談
先日中田浩二から鹿島サポへメッセージが発せられました。

これを読んで感じた事はメディアコントロールの大切さです。
東京にはトーチュウという信頼の出来るメディアがありますが、
メディアと信頼関係を気付いていない場合は自身のHP等でいち早く真意を伝える事が必要だと改めて感じました。
それをサッカー界でいち早く行動に移したのはもう1人の中田だったのですね。
我々サポーターに出来る事は信頼出来る情報のみを購入・利用するよう心掛ける事だと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。