スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやらしい? 第10節 仙台戦(A) [映像観戦]

FC東京観戦記2017
05 /07 2017
とにかく前から頑張る、を浦和戦で始めてから調子を戻しつつある東京。
相手の仙台も前節の清水戦を3-0で勝つなどカップ戦含めてここ1カ月くらい負けなしと、調子は上向きである。
勝ち点1つで順位が大きく変わる団子状態のリーグ戦で上位に食らいつき、追い越すためには何としても勝ちたい1戦だ。

試合は三田を中心に組み立てられた仙台の攻撃を受け流しながら時折反撃する東京、という構図。
一時期よりはだいぶマシになってきたとはいえ噛み合わない場面も未だに多い東京に対し、仙台はラストパスに中が合わせられれば、という場面が続いた。

しかしながら、先制したのは東京。
今や期待値が一番高い太田のセットプレー、今回はCKのこぼれを大久保が抑えの効いた素晴らしいシュートでゴール左下隅を突き刺して先制。大久保の非常に高いシュート技術が顕れたシーンだった。
後半に入っても似たような流れが続き、似たような状況から東京が追加点。
今度も太田のセットプレー(FK)をGKがこぼした所に大久保が嗅覚鋭く詰めた。
この2点を守り切り、東京が勝利。
流れを終始握っていた感触があったであろう仙台にしてみれば狐につままれたような敗戦に違いない。

東京の勝因としては、まず林の存在感。そして、彼を助ける前線から追う守備のサポート。
ベースはこれだろうと思う。
そして、輝きを取り戻した太田の左足から得点を生む。これで東京は勝っている。
髙萩の素晴らしいポジショニングや試合コントロールも大きな要因だと思うけれど、試合巧者と言えるのは彼だけでチームとしては泥臭さがまだ濃い印象。流れの中での攻撃がもっとスムーズにならないと印象が変わっていかないかな。
今はとにかく勝つことが重要でスマートさなど二の次なので、これで十分ではある。
次の対戦相手も好調の柏。また緊迫した試合をモノにする東京に期待したい。

最後に、三田の頑張りも記しておきたい。
仙台で一番、ゴールに迫るプレーをしていた姿がみられてうれしく思った。後半戦でまた会えることを楽しみに待ちたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。