スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦力分析&対戦妄想 ヴィッセル神戸編

戦力分析&対戦妄想2005
02 /13 2005
FC東京の今季を妄想する為に相手チームの戦力を分析する企画。
第8回目は昨季年間順位11位のヴィッセル神戸です。
(途中、不快と感じる可能性のある文があります。)

ヴィッセル神戸といえば?
真っ先に思い浮かぶのは勿論カズと播戸で、その次は三木谷さん。
後は大塚愛や松浦あや等サッカーの関係ない人達やイルハン、ユニ色&エンブレム変更
正直、このクラブのフロントの方達はスポーツの魅力を見くびっていると感じます。

先日、私は初めてアイスホッケーを友人と観に行きました。
寒い寒い冬の日です。
会場は室内でしたが、リンクを張ってるので室内でも非常に寒かったです。
やがて試合が始まったのですが、ルールも知らなかったので何が何だかさっぱり分かりません。
当然選手も誰一人として分からない上にアイスホッケーはサッカーでは考えられないほど頻繁に選手が交代します。
その日は3試合行われる予定だったのですが、2試合目が終った頃には本気で帰ろうかと思いました。

しかし、友人もいるしルールも少しは分かってきたので最後の試合も観る事にしました。
カードはコクド(当時1位)対日光アイスバックス(当時6位)。
当日の他カードは2位×3位と4位×5位の対戦だったので一番期待の出来ないカードです。

試合が始まると日光は秒殺されてしまいました。
アイスホッケーはサッカー程ではありませんが1点の重いスポーツだと前の2試合で感じたので、日光の勝利は早くも絶望的だと私は思いました。
しかしそれでも、日光は素人目にも技術の点でコクドに劣りながらも、気迫のプレーを披露してくれました。
相手がパックをもったら激しくブツかって何としてでも奪い返す。
誰一人、一瞬たりともサボる事なく全力を尽くすプレーにどんどんと私は引き込まれていき、気付いたら必死で日光を応援していました。
ルールが少し分かるだけで選手なんて相変わらず誰一人として分かりません。
しかし、たった一つのパックを大きな体した男達が必死に取り合う様を観るだけで熱狂してしまったのです。
(ちなみにその試合は日光が逆転勝ちを収めてしまいました。負けていれば、過程が重要で結果は面白さに関係ない、と書き易いのに!)

この体験を経て私は確信しました。
選手に最低限の技術と溢れる気迫があり、それを発揮出来る環境さえあればそれだけでスポーツは充分魅力的なのだと。
余計な演出など必要ないのです。

神戸が大塚愛や松浦あやを呼んだのは何の為でしょうか?
選手やサポーターが盛り上がると意図した企画でしょうか?
恐らく彼女達を呼ぶ事で普段サッカーを観ていない方を招く為でしょう。
その内の数人でも顧客になってくれれば成功と考えたのでしょう。
しかし、既存の神戸サポーターや選手達はどう感じているでしょうか?
私は神戸サポではありませんがサッカーファンとして推測すると、

あいつらに高い金払う前に目の前の禿げた芝どうにかしろよ!

ユース育成費にも回せよその金!

こう思ったのではないでしょうか?

さくらんぼ聴くとテンション上がって気合い入るぜ!
あややにイイトコ見せちゃうよボク!

なんてモチベーションが上がるとはどうしても考え難いです。

何も全ての演出が悪いとは言いません。
東京も東京都知事、春一番、何でだろ(名前忘れた)、蝶野、そして今年はアニマル浜口を呼びます。
必要の無い演出だと感じる事は勿論あります。
しかしそれでも許せるのは彼らを主目的とした来場を期待していないからです。
また、良くも悪くも身の丈に合った人選だと感じるからです。

神戸にはスポーツの、サッカーの持つ本来の魅力を引き出す事に尽力して欲しいと一サッカーファンとして願います。
サッカーで魅せるには演出どころか代表の肩書きすら要らない事に気付くと思います。
最低限の技術を持った選手達が溢れる闘志を最高の環境で出せれば自然と観客は魅せられ熱狂し、それは伝染するはずです。

サッカーファンとはいえ他サポなのに少し言い過ぎたかもしれませんし、、
肝心の神戸サポやフロントが何を思い要求しているかを垣間見れるページを見つけたので下にリンクします。

2004年12月11日サポーターミーティング
(11stones footballさん)
ハード・メディア・運営面
チーム強化・構想

2005年1月30日サポーターミーティング
(ヴィッセル神戸公式)
2005年サポーターズミーティング議事録(PDF)
(11stones footballさん)
熱狂的なスタづくりについて 

色々な事が書いてあって他サポとして興味深く読ませてもらいました。
最後にイベント・演出に関して記されていて、選手が主役の舞台を作り上げるとの事。
安心したと同時に、上記の文が意味を成さなくなったように思いますが調べる前に感じた事として残しておきます。

だいぶ脱線してしまいましたね。いつもの流れに戻します。

去年の基本布陣(2nd)

       カズ   播戸
     (エムボマ)
         薮田

ホージェル          パクカンジョ
                 (小島)
     ホルヴィ  菅原
     (坪内)   (佐伯)
   北本    高木  丹羽
             (土屋)
         掛川

ハシェック監督が就任していた当初は小島のボランチ起用など、意外なコンバートが目立ちましたね。
その監督が2nd途中で辞任した後はカズと播戸の2TOPでほぼ固定されていました。
エムボマは原因不明ですがあまり出ていませんでした。
ですが、播戸は得点という結果を残しましたしハイライト映像だけの感想ではありますがエムボマよりずっとカズとのコンビの方が息が合っているように感じました。
土屋は途中からスタメンを外され、終盤はベンチにも入れず。


去年の対戦成績
Jリーグ
1st第8節 神戸1-2東京
2nd第4節 東京3-1神戸

ナビスコ
予選第4節 東京2-1神戸
予選第5節 神戸1-2東京

1stの対戦は今野2発!!特に2点目の梶山のファンタジーパスで今野が抜け出して左足を降りぬいたシュートは今シーズン屈指の美しいゴールでした。

2ndの対戦はユースケと審判が目立った試合でした。開始早々抜け出したユースケを北本が止めてPK!
しかしこれは普通取らないようなファウルで東京にとってはタナボタ先制点でした。
良い人東京がこんなリードを守りきれるはずはなく(?)播戸にキレーに決められてしまいます。
しかし、またもやユースケが抜け出して北本がファウルしてPK!今度は誰が見てもPKでした。
北本はイエロー2枚目で退場し開始23分にして1点リード&数的有利という大量得点の下準備ができました!
が、相手が10人になると途端に動きが落ちる持病は治っておらずその後グダグダな内容に。
しかし途中出場の阿部ちゃんがピリリと辛い追加点を挙げてフラストレーションから開放してくれた、そんな試合でした。

ナビスコ最初の試合は何といってもノリオの弾丸シュート!
距離がかなりあるFKなのにノリオが左足を振り抜いた瞬間ボールがネットに突き刺さり、会場は一瞬の静寂の後狂喜乱舞!
正に誰もがド肝を抜かれたシュートでした。これも昨季屈指の名ゴールシーン!
ナビスコアウェー戦はマロンが開始早々点を取った試合ですね。

という事で、何と4戦4勝!完全にお得意様です!
色々と文句垂れてすいませんでした。
試合内容は多少グダグダでも一発芸で勝利をもぎ取る
これが神戸戦勝利への方程式でしょう!


今年の移籍動向こちら
毎年話題作りに躍起な補強。今年は日本代表あつ君を獲得しました。
屈辱のベンチ外を味わった土屋は柏へ移籍。


強化担当コメント
・05年に向けて力を入れたのは強化とメディカル・組織の充実
・チームにいる選手のモチベーションを高める事が大事だからむやみな補強はしない


今年の予想布陣

     カズ    播戸
   (エムボマ)
        薮田

あつ君            パクカンジョ
(ホージェル)
    ホルヴィ   菅原

  丹羽    河本   北本
        (室井)
         掛川
         (阿部)

練習試合の様子だと今年も3-5-2になりそう。
あつ君はトップ下に入るかもしれません。掛川は怪我をして開幕微妙。


対戦妄想
あつ君、ホージェルのいる左サイドがストロングポイントとなるのでしょう。
とはいえ、やっぱり一番怖いのは得点の嗅覚鋭い播戸。
攻めに掛かった一瞬の隙を突かれて播戸にチャンスを与えるのは避けたいです。

とはいえ、引き気味で構えるのは得策ではありません。
3バックはまだまだU-20の代表候補に過ぎない2人を北本が引っ張る若いトリオ。
前からプレッシャーをかければトリオの余裕は底をつくはず。チャンスは幾多と産まれるでしょう。
そこで得点出来るか出来ないかで試合の流れが大きく左右するでしょう。
決定機を外し続ければやがてトリオに再び余裕を与えてしまいますから。

前からプレッシャーをかけ続け、尚且つキチンと得点を挙げる事のできる選手。
更に神戸戦勝利の方程式「一発芸で勝つ!」の体現を期待する選手。
それはヴィエリ近藤!彼が神戸戦のKEYMAN!!
強引な突破で若いDF陣をなぎ倒し強烈なシュートを見舞って今年は得点も取るのだ!!
攻めて取れ!攻めて獲れ!!


対戦日程
第3節 4月 2日(土)16:00 神戸ウイングスタジアム (Away)
第18節 7月 23日(土)18:30 国立競技場(Home)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

戦力分析以前の・・・

はじめまして。
広告が貼れるブログを一回見てみようと思いながらうろうろしていたら偶然発見してしまいました。ブログということでトラバやらせていただきます。まずはご挨拶まで。

はじめまして!
昨年は見事にカモられた神戸サポです(笑)
大変興味深く読ませていただきました。
神戸サポとして一言フォローさせて下さい。
残念ながら今の状況では、既存のサポーターの気持ちなんてことを言っておってはクラブが成り立っていかないのが神戸の現実です。
議事録を読まれたからわかると思いますがFC東京さんをはじめとする他のクラブと比較した場合、圧倒的にサポーターの絶対数がありません。いかに観客動員を増やすかという点において、フロントの苦悩は計り知れません。純粋にサッカーの試合だけで観客がくれば何も悩むことはないですよね。「まずスタジアムに来てもらうには」そんなところからスタートしているのですから。確かにサポーターから見れば去年は?なことがたくさんありました。サポーターズミーティングに参加して私もなんとなく意図を理解できたぐらいですので外から見ればなんじゃこらというのは当然です。まだ神戸サポにも理解できてないのもいてますし(笑)。そして一度なくなったクラブというのを一番強烈に意識しているのがサポーターでなく実はフロントなんです。ですから今年もいろいろやってくるだろうなと想像はつきます。多少手法は変えてくると思いますけど。
ですから戦力補強についても同様のことが言えるわけです。

長々と書いてしまってすいませんでした。
最後に近藤くんいいですね!下さい(笑)

コメントありがとうございます!

>goalさん
はじめまして。
広告が貼れるブログなのに貼ってなくてすいません(笑)
goalさんのブログへコメント&TBさせていただきました。
読んでいただけるとうれしいです。

>SAKKAYさん
はじめまして。
神戸サポーターの生の声が聞けてうれしいです。フロントの想いをそこまで汲むとは私が想像した姿よりずっと懐が深いですね。
すみませんが議事録で見落としてる部分があるのか、サポーターの数についてはわかりません。ただ、観客数は去年かなり伸びたようなので新規客を呼びこむ事にはある程度成功したのではないでしょうか?どのように定着させていくのか興味深いです。
ヴィエリ近藤は譲りません(笑)
何しろFWが2人しかいないので(登録は3人ですが戸田は左SHが一番得意です)
むしろ播戸下さい(半分本気)

しつこくてすいません(笑)

>いぎーたさん
どうもです。何度もすいません(笑)
サポーターの数のデータは議事録に出てなかったですね、失礼しました。まあ、3000席のゴール裏埋まりませんからそんなものです(笑)。
フロント自体は、昔の神戸市ヴィッセルに比べたら月とスッポンでよくやっていると私は評価しています。なんだかんだフロント批判するのは簡単ですが、じゃあサポーターは何かしてきたのかといえば何もしていないも同然で。むしろサポーターのほうが意識を変えなイカン時期にきていると思っています。クラブを二度とつぶさないためにも。
とりあえず私はクラブにお金を落とすことから始めてますが(笑)
また長くなってしまいました(汗)
播戸ですかぁ・・・ダメ(笑)
ヒラーセで手を打ちましょう!(かなり本気)
・・・嘘です(笑)

いやはや

トラバそして本当に丁寧なコメントありがとうございました。やはり他サポの方のコメントは勉強になります。
 いぎーたさんもわずか一日で両極端の主張を抱え込まれて、より神戸の現状がおわかりいただけたと思います。ただ、どんな主張であってもみんな拠りによって「サッカー」好き、そして「Jリーグ」好き、更にマニアに「神戸」好きです。「神戸好き」はその時点で、そしていぎーたさんとは「Jリーグ好き」の時点でベクトルが一致します。
 そしてその内、老人も子供も、男も女も、いつでもどこでも、「草サッカー」が視界に入る、そんな時代が来るのでしょう。そう願います。
 あまり引っ張るのもなんなので、これでコメントは最後にしますが、また宜しくお願いします。

想いは同じ

今日は勉強になった一日でした。
確かに両極端ですが、
フロントに働きかける、
サポ自らが変化する、
どちらかが間違っているのではなく
両方必要なのだと思います。

一つ気付いたのは、
問題の原因を「相手」に求めるよりも
「自分」に求めた方がより解決は早くなるという事です。

フロントは「既存のサポ」ではなく「自身の運営」に、
サポは「フロントの運営」ではなく「自身のあり方」に
より問題意識を高めた方がより良い関係を気付けると思います。

「自身のあり方」に問題意識と固い事書きましたが、
サポーターは自分「達」が楽しめる事をすればいいと思います。
自分達が楽しんでやっていると自然と他の人にも楽しそうに映って、
やがて「混ぜてくれ」て言ってくるものです。
私は混ぜてもらった方なのでよくわかります。
楽しんでいる姿を見ると羨ましいじゃないですか。
自分も楽しい思いしたいじゃないですか。

これが究極に伝染すると
どこへ行っても「草サッカー」が目に入るようになるのだと思います。
今はそうなる前の過渡期ですから昇ったり降りたりしつつ、
自分達が楽しめるツボを見つけて楽しんじゃいましょう。

お二方共意見を聴かせてくれてありがとうございました。
また宜しくお願いします。

トラックバック

戦力分析以前の問題

 ブログでアフェリエイトって実際儲かるのかな?なんて思いながらうろうろしていたら、偶然 FC東京サポの「戦力分析&対戦妄想」というのを発見した。なんといっても「マーケティングの神様が集まった」我がクラブの首脳が、先日のサポミで「目標にしている」と断言した

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。