スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグの流れ

Jリーグ
02 /24 2017
始まる前にここまでのJリーグの大まかな流れをとらえておこうと思う。

参考文献は「Jリーグ再建計画
(リンクはhontoサイト。本屋さんガンバレ。あおい書店五反田店つぶれちゃって悲しい.)

Jリーグはジリ貧なんですね。関心も動員も下がっている。経営も協賛企業の厚意で成り立っているようなもので、とても維持可能なものではないと。本質よりも金を選択せざるを得ない緊迫した状況での2ステージ制だった。

そして、2016年夏の1つの出来事が目先の状況を大きく変えましたね。

JリーグとDAZNが2017年より10年間、約2100億円の放映権契約を締結

スカパーで年50億だったのが、単純計算で突如4倍に。スカパーは厚意も込みで頑張ってくれただけに複雑な気持ちもあるけれど、ビジネス的にはツイているとしか言いようがない。
これで早速、1ステージ制に戻った。
そして賞金などがこれまでに比べて大幅に増えた。具体的にはこちらのブログ記事が詳しい。

注目したいのは強化分配金。
優勝すれば優勝賞金の他に、3年かけて総額15億円もの分配金が受けられる。4位でも1.5億円だ。
今後、ACLとの2兎を追うビッグクラブとその他クラブとの格差が生じてくるだろう。
FC東京がこれまでに比べれば大胆な補強に踏み切ったのは、この波になんとしても乗りたいがためであろう。

ともかくも、こうしてJリーグは最大の懸念であった金銭問題が(これまでの努力が呼び込んだ)幸運によって軽くなった。
目先の金を魅力に変え、持続的な関心と動員を取り戻せるかに今後のJリーグの命運がかかっているようである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。