スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は何故GLを突破出来なかったのか。

日本代表
06 /28 2006
日本は何故GLを突破出来なかったのか。

それは選手達が下手だから。

簡単に言えばこれがおれの出した結論です。

そんな事は分かっている、だからまともな監督が必要なんだ、という意見もあるでしょう。
しかし、素晴らしい監督でも補えないほど選手個々の力量において世界とは差があると思うのです。

確かに、監督の力量や4年間の過ごし方次第では“F組”を突破出来る可能性はありました。
「組織」から「個」を志向した戦いへ急激にシフトし、その舵取りを素人監督ジーコに独断で託した川淵三郎氏(詳しい経緯については「KET SEE BLOG」さんや「やる気のない日々」さんを参照して下さい)の責任は非常に重いですよ。

一方でジーコ氏は何故監督を引き受けたのでしょうか。
当初はテクニカルディレクターを希望していたものの、熱意に折れる形でオファーを受けたジーコ氏には賭けに勝つための勝算がありました。
就任インタビューで彼は「日本には若い世代に才能を持った選手が沢山いる。代表の基盤となる彼らは海外でプレーし、多くの経験を積んで才能を開花させる事が出来るはずだ。」と述べています。彼は日韓大会を戦った「才能」と「ノビシロ」に溢れる選手達をのびのびとプレーさせれば本大会で好成績を残せるはずだと考えたのです。
この見込みが相当に甘いのですが、海外組の「伸び悩み」が追い討ちをかけてしまいました。能力向上を果たせないばかりか試合勘とコンディションに問題を抱えて帰ってくる海外組に追い出されては国内組もたまったものではありませんよね。結果、日本代表は海外組の調子が良く、ベテランの尽力で一体感を保てた時にしか力を発揮できないチームになってしまいました。
更にはジーコ氏が信頼という名の盲目で新たな戦力発掘を怠った事も大きな過ちだったと思います。実績偏重の選出が日本人選手の活気を削いだだけでなく、レギュラー組とサブ組との間に実力差以上の壁を設けた事がチームの一体感を損ねました。

ではもし仮に川淵氏がソフトランディングを選択し、監督に日本人選手を熟知し「個性」と「組織」を両立させられる人物を据えられたらどうなっていたでしょうか。
おれはワールドカップグループリーグをJリーグに例えるなら、日本代表は今話題のオシム監督率いるジェフに例えられると思います。(ジェフ好きの方々すいません。)
近年のジェフは「組織」によって「個」が充分活かされているものの小粒なために優勝には届かず、優勝争いするかどうかといったところですよね。
同じように、日本代表も善戦はするでしょうけれど、「組織」では埋めきれないほど、他国(グループ2位通過国)との「個」の差が大きいように思うのです。

結果的にクロアチアが思ったほどの実力を発揮しなかったF組は楽なグループでした。それでも、突破したオーストラリアには(近年調子を落としているとはいえ)ビドゥカ、キューウェルといったタレントがいる上で名将ヒディンクが指揮を執っていたのです。他のグループに目を移せば尚更、日本がどんな名将を迎え入れたとしても突破が厳しかったであろうことは容易に想像がつくでしょう。何しろグループによってはチェコやコートジボワールといった力のある国でさえ敗退してしまうのですから。

名将を迎え、4年間どんなに正しい道を進んだとしても日本のGL突破がおぼつかないように思えるのは何故か。

それは選手達が下手だからです。

ここが何よりの問題です。
一番重要な得点するための具体的な武器が中村のFK以外に無く、チャンスを創るための高さ、速さはもとより、運動量でも劣り、得意と言われていたパスまでもがプレッシャーに晒された中では著しく精度を欠きました。その上最後まで諦めずに戦うフィールドプレイヤーが中田英寿ただ一人ではどんな策を用意しても勝てる見込みなどありません。

今後、日本が強くなる為に代表監督に名将を迎えることは確かに必要ですよ。短期間のうちに日本が素っ裸で強国とまともに戦えるようになるほどサッカーは甘くありませんから。
しかし、それよりも重要なのは選手自身の「個」を上げる事です。「個」の無い「組織」がまばゆい光を放つはずありません。
では、どうしたら「個」は上がるのか。
次回、おれなりの提案をしたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

これが日本の現状。日本人最高の選手達にケチつけるなら、ブラジル人になるか小学生をサッカーサイボーグにする環境作って10年待ったら?

わかってよかったと思います

岡ちゃんがNHKで言ってたことけど、策を弄せず素で戦った結果、日本の真の実力がわかった、と。
ジーコじゃなかったら、素で戦うことはできなかったし、策を弄して勝ったところで、次には繋がらないのは2002年の教訓。確かにヒディングのような監督だったら1次リーグ突破できたかもしれない。負けちゃったのはとても悔しいけど、負け方を見ると確かに負けるべくして負けたから仕方がない。体調とか選手間の軋轢とか、ジーコの4年間の舵とりとか、言いたいことがある人は大勢いると思うけど、いぎーたさんのおっしゃるように「個」の力が足りなかったのが最大の問題点。もしかしたら、この先2,3回は本大会には出られないかもしれないね。今、小学生くらいの子が、ボールは友達生活とフィジカル強化、そして「誇り」を試合で出せる精神力を身につけたときが世界で勝負できるのでは?そのために、協会がぶれず、Jリーグも育成年代の人たちも同じ方向を見ていってほしいと願っています。

たしかにそうかもです。

ジェフは、個の能力が下手すぎ!かもしれません。でも、瓦斯サポに言われるとは思わなかった。

瓦斯は、Jに昇格してきて大熊さんのもとで全体的に個の能力がかなり低いにもかかわらず、躍進しましたよね。この頃の瓦斯サポであったなら、心底理解しているのでそんな事は言わないはず。驚きです。

選手が下手だから結果が出ないというのは実にシンプルで説得力のある考えです。
ただ一方で最高の結果を出したチームが最高に上手いとは限らないのでは無いでしょうか。
今回の結果が日本サッカーの全てを出し切って得られたものなのか
ということに煮え切らないものがある人が多いのだと思います。
結果がやはり予選敗退だったとしてもその辺をつめる事ができたか
できないかは大きいのではないかと

いかほさんへ

そうなんですよね。
釈然としない気持ちを我々サポはどこへ持っていったらいいのか。選手は自分を高め、チームに伝えることでそれができますが・・・。
本当にオシムが言ったかどうかわからないけど、

「日本はもっとできたし、もっとやらなければならなかった」

この言葉を聞いて、問題が2つあってそれが交錯しているだけだなあと整理できました。
ひとつは
世界標準になっていない実力の問題

もうひとつは
モニが言うようにワールドカップはある意味代理戦争で、その中で、きれいごとで済ませてしまったかのように見えるジーコの采配と、本当に戦う気持ちがあったのか?という選手への不満。

後者については、今さら何を言っても始まらないことで、サポは引きずらないほうがいいのでは?と思います。

目標は、1次リーグ突破は当たり前、優勝を争える強豪国になること、いつかブラジルに4-1で勝つこと(笑)なのです。ジーコの功績は、一見回り道のように見えるけど、真の実力をわからせたくれたことと、日本には日本しかできないサッカーがあり、それを見つけて精進せよと指針を明確に示してくれたことではないでしょうか?

これも本当に勇人が言ったのかどうかわからないけど、

オシムにまた教えてもらいたければ、代表に選ばれればいい。

泣けちゃいました。

>びーさん
これが日本の現状ならば、今後何が必要だとびーさんはお考えですか?

>ジェフサポさん
ジェフサポーターの気分を害するのが目的ではないのですが、失礼な物言いを承知で書きました。改めてお詫び申し上げます。

>いかほさん
日本サッカーの全てを出し切ったか、煮え切らないものがある。というお気持ちよく分かりました。
おれ自身は出し切っていないと思います。
日本人には言われた事はキチンとやる、という点で他国よりずっと優れていると思います(皮肉ではありません)が、ジーコ氏が何も言わない監督だったので活かされませんでしたから。
ですから、素晴らしい指示があれば“F組”を突破する可能性は充分にあったと思います。

>ぶーさん
「組織力」が一番の特徴だった日本が真っ正直に戦った事実そのものは有意義ですよね。
簡単には埋められそうに無い実力の差を感じてしまいましたが、埋まると信じて応援するしかないと思います。
きっと大丈夫ですよ。つい最近まで日本がワールドカップに出場する事すら不可能だと思われていたのですから。
いつか「あの時ジーコが素で戦ったからこそ今の日本がある」と笑って言える日が来ますよ!

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。