全てを受け入れよう。そして前へ進もう!! ワールドカップ2006ドイツ大会 F組第3節ブラジル戦

日本代表
06 /23 2006
最低でも2点差以上つけて勝たなければグループリーグを突破出来ない状況で迎えた最終節。
相手に迎えたのは既に2勝し、メンバーを半分落とした王者ブラジルでした。
2006000107.jpg

前半、圧倒的な技術の差に苦しみながらもなんとか耐え凌ぎ、34分には三都主のスルーパスをPA内左寄りで玉田が受けダイレクトシュートで先制!
理想的な試合運びでしたが前半ロスタイムに決められ同点に追いつかれると一気にションボリ。
後半は覇気の無いままいいようにされてしまい、失点を重ねて1-4で敗戦となりました。

1分2敗でのグループリーグ敗退は期待から程遠い結果ですよね。
日本を何度も窮地から救ってきた豪運も観られませんでした。

残念だったのは、その運を引き寄せる粘り強さが全く見られなかった事です。
ジーコジャパンの特徴は、試合が終るまで諦めなかったことではないでしょうか。グダグダの試合をしながらも最後に決めて結果だけは残す、その運を引き込むしぶとさがジーコジャパン最大の武器だったと思います。
それが最近試合をするごとに失われ、ワールドカップ本番を迎えた日本はあまりにひ弱でした。
オーストラリア戦では同点にされてしまった直後、極度に落胆してまるで負けてしまったような雰囲気になってしまい立て直せず次々失点。この試合でも前半終了間際に1点返された後のうなだれようは観ていられませんでしたし、土肥らの必死の激励空しく後半も気持ちが切り替えられていませんでした。
守備に全く取柄の無いチームだったのですから多少の失点で動揺していては試合になりませんよね。

それでもこの結果を素直に受け止めたいと思います。
ジーコ監督は無策でした。
それ故にジーコジャパンでは素っ裸の日本選手の能力を観る事が出来たと思います。
ワールドカップでの日本代表を観ながら、常にJリーグの試合を思い出していました。海外組が何人もいましたが、中田英寿のフィジカルと中村の詰められた時の足捌きを除いた代表選手のプレー1つ1つは見慣れたJリーガーのプレーと殆ど変わらぬものだったからです。
Jリーグのプレーの早さ、逆にパスの粗さ、ポジショニングの拙さ、試合運びの不味さ、そして決定力不足などなど。Jリーグそのものがそこには映っていました。

監督次第では、4年間の過ごし方次第では、日本のグループリーグ突破は充分可能だったでしょう。
しかし、それはあくまでも偉大な監督による素晴らしい組織という+αがあっての事。
ジーコジャパンには+αはありませんでしたが、選手の能力を限定させてしまうようなマイナス要因も少なかった、つまり今の日本選手の実力を過不足無く現せていたのではないでしょうか。
これから先も日本代表が名監督に率いられる保証などどこにもありません。また、例え名将と呼ばれる監督であっても日本には向かない可能性だってあります。

日本に最も必要なのは+αをもたらす名監督ではありません。
今ハッキリと示された、世界の選手達との圧倒的技量の差を埋める選手個々の能力向上、監督の技量に左右されないベース向上が必要なのです。
人材発掘、今のままで充分ですか?環境はこのままでいいんですか?
Jリーグ、国内完結のような状況でいいんですか?幅広く国際経験を積ませる必要はありませんか?
選手の能力向上のために考えなければならない事は山ほどあります。

特にJリーグは大きな正念場を迎えるでしょう。
日本代表の結果、内容がJリーグに大きく影響を与える以上、観客動員の減少は避けられないからです。
だからこそ後退は許されません。
今までよりも厳しい要求(例えばミドルシュート。撃てば満足はもう止めにしましょう。Jリーグではボールが変わった影響なんて微塵も感じられませんでしたよ。悔しいじゃないですか!)をしていきたいと思います。
そして、何よりこんな時だからこそJリーグを応援し、支えたいと思います。
頑張れ日本! 頑張れJリーグ!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーたさんの考えは私の考えに近いものが多く、いつもうなずきながら読ませていただいております。本当に3試合ともJリーグそのものでした。日本人のメンタルを見せ付けられました。個人個人が海外でプレーすることが良いのかどうかはわかりません。日本でできないことは海外ではもっとできないはずですが、過酷な環境で強くなれることもあるかもしれませんし・・・。よわっちいメンタルをなんとかしてほしいです。一流のアスリートはメンタルが強いはず。同点になっただけでうな垂れるなんてありえない!(東京の選手もだよ!)

>母さん
まずはメンタル、その通りだと思います。
レベルは雲泥の差がありますが、おれ自身試合中に気持ちを落としてしまって後で後悔する事がよくあります。
試合中だけは、絶対に勝つんだ、という気持ちでやり抜くべきですよね。うな垂れるのは試合後で充分ですよ。
おれ達もスタジアムから叱咤激励して絶対に諦め癖をつけさせないようにしたいですね。

技術や経験を伸ばす為に海外へ行く事には意味があるとは思います。
向こうでしか出会えない選手、出来ない経験、受けられないプレッシャーというのがあるでしょうから。

ただ、その前にJで、自分自身の意識次第で解決できる余地がJリーガー達にはまだまだたくさんあると思うのです。
例えば既に述べたミドルシュートの意識。現状では練習でも試合でも、とりあえず撃っとけという意識でしているようにしか見えません。
他にも体の入れ方、ポジショニングなどなど、磨ける余地は沢山あります。
正直、Jはまだまだ甘い。でも、一人のレベルが上がれば対峙する相手のレベルが上がり、と好循環が生まれるはずです。
そうした努力が続けばJリーグは絶対にもっと魅力的なリーグになれるはず。代表と海外クラブだけが全てだと思っているような連中を見返したいですね。

いぎーた

FC東京が気になる人.