スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想以上期待未満 ワールドカップ2006ドイツ大会 F組第2節日本×クロアチア

日本代表
06 /19 2006
日本、クロアチア共に第1節で敗れて迎えた第2節。
第3節の相手があのブラジルなだけに是が非でも勝ち点3が欲しかったのですが、一方でクロアチアの左サイドを起点とした攻撃に怖さがある事も、守備が堅い事も分かっていたので負ける可能性がかなり高いと予想していました。

そんなシビアな予想を当人達も自覚していたようで、同じ勝ち点0でも悲壮感漂う日本に対し、クロアチアは楽観ムードで試合に臨みました。
両指揮官の選択したスタメン&システムは以下の通り。
2006000105.jpg

日本がシステムとスタメンの一部を変更したのに対し、クロアチアは前節と全く一緒。この点からも両者が前節掴んだ自信の程が窺えます。
ただし、“自信”と“不安”は表裏一体で、日本はクロアチアの“自信の源”であるパビッチのサイドを完全に封鎖する事で自信を揺らがせ、判断を鈍らせました。
特に加地のポジショニングと攻守切り替え時のプレーの選択が素晴らしく、中盤に彼を加えたパス回しでチャンス一歩手前までいっていましたし、守っては川口がPKを神セーブ。クロアチアの“自信”は“過信”であると気付かせ心理的優位に立ちました。
しかしそれでもクロアチアの守備は堅く、決定機はわずか。そのチャンス、あとは押し込むだけという場面でFWが(パスと見紛うほど)とんでもない所にシュートしたり、GKとの1対1で(これもFWが)パスを選択するようでは勝てるはずもなく、結果はスコアレスドロー。期待した勝ち点3には届きませんでした。

これでグループリーグ突破の可能性が風前の灯となった日本ですが、普段よりやや低調なプレーに終始した前節に比べれば、総じて普段通りかそれ以上のプレーが出来ていた今節は状態が上向いたと言えると思います。
次節では良い意味で滅多にお目にかかれないプレーが観られ、のけぞり驚くような結果が出る事を期待しましょう。
“予想外”こそジーコジャパンの真骨頂じゃないですか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちわぁ♪

TBテーマからきました

勝ち点3は取れなかったけど
次のブラジル戦でサムライ魂見せて欲しいですね

ジーコジャパンの真骨頂を見届けましょうww

ナイスパスwww

┏━┯

┃  │● ← GK

┃  │

┃  │

┃  │

┃  │  o○←FW

┃  │  ↑

┗━┷ ボール


この状態で外したFW柳沢


     o

┏━┯|

┃  │● !?

┃  │ │

┃  │ .│ ←シュート

┃  │ │

┃  │ *○

┃  │

┗━┷

こんなの発見w

>「ゴリくん。」さん
なんとか意地見せて欲しいですよね。
特にジーコジャパン、最大の持ち味である豪運ぶりを観たいです(笑)

>真帆
あれはシュートではありませんよね。
「ゴールへパスしろ」というジーコ指導とツナギサワによるコラボレーションの傑作「ゴールキーパーへパス」です。
第1節でもふんわりパスがありましたよね。
ただ、この試合ではGKがキャッチできませんでした。
若干精度が落ちているようなので、次節はゴールに入ってしまうかもしれません(苦笑)

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。