穴はある。こじ開けろ!! F組第1節ブラジル×クロアチア

2006 FIFA World Cup Germany
06 /17 2006
ブラジル×クロアチアの一戦を回想して次節クロアチア戦のPreviewにしたいと思います。何も知らずにただビビっていても仕方ありませんからね。
2006000104.jpg

まずはクロアチアの守備ですが、前評判通り非常に堅いです。特にタテへのボールに対するアプローチが非常に早いので、ロナウドがいる間はなかなか2TOPにいいボールが渡りませんでした。少しでもモタモタしているとあっという間に囲んでしまいますし(それでもロナウジーニョなどはボールキープし、パスを出したりしていましたがw)、突破してもCB陣が1対1に非常に強いのですぐに潰されてしまいます。

攻撃面ではプルソがキーマンのようです。見た目によらず運動量豊富な彼が左に流れてボールを集め、すかさずバビッチがフォローに来てワンツーを決めたり、中へ切れ込んでシュートチャンスを窺ったりしていました。
ただ、プルソやバビッチがクロスを上げる場面は少なかったです。恐らく(この試合では)上げても分が悪いと思ったのでしょうね。どちらかというとファウルを誘うようなキープの仕方が多かったです。
実際、ファウルをもらって得たFKから決定的チャンスを作ったのでその狙いは間違っていなかったと思います。(そこから後が流石ブラジルで、同じような位置では決してファウルしませんでした。)この左サイドの攻撃にはカフーも手を焼いていて、なかなか高い位置まで上がれていませんでしたよ。
プルソはキープ力も高いので中央でもボールが入ればしっかりと落とせますし、隙があると見るや素早く反転してシュートを放ちます。更に1対1になると抜くテクニックもあるので特に注意してカバーしたいFWですね。

それと、途中から出てきたオリッチというスピード豊かなFWにも注意が必要ですよ。
プルソより低く位置取り、注意が自分に向けられていないと見るや一気にスピードを上げて裏を取って決定機にしますから。2列目の選手らを含めてきちんとマークを受け渡さなければなりません。

あまり表立って喜べない事ですが、N・コバチが欠場濃厚(肋骨骨折の疑いあり)なのは日本にとってラッキーですね。彼は経験が豊富なだけあって攻守の切り替えが異常に早く、クロアチアの心臓でしたから。

では、クロアチアの弱点はというと、パスの精度にあると思います。
シュートパス主体に繋いでくるのですが、特に高い位置での精度があまり高くないのでインターセプト出来るチャンスが多いのです。
ブラジルの得点も、始まりはブラジル陣内でのインターセプトから。そこから低い位置に落ちていたアドリアーノに当て、落しを受けたボランチがカフーにミドルパス。少し持ち上がって中へ入れたパスをバイタルエリアで受けたカカが鮮やかなミドルシュート!
これがこの試合唯一の得点です。
また、最終ラインでも時折信じられないパスミスを冒す事があるので、ラインを下げすぎずに虎視眈々と狙いたいですね。

下手なファールを犯さぬよう細心の注意を払いながらしっかりとプレスをかけて相手のミスを誘い、奪ったボールを素早くシュートに結び付けて、得点!
これが俺の描く日本の形です。
まずは何としてでも先制点を奪い、カウンターで更に2点3点と加点して欲しいですね。
勝て!日本代表!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.