スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TV越しの夢舞台より素晴らしい現実 J2第25節柏×緑[生観戦]

Jリーグ
06 /11 2006
TVで観る世界の戦いも良いけれど、やっぱりサッカーとビールは生が良い!!
という訳で柏の駅に降り立ちました。

試合の前に腹ごしらえ。
西口を出て5分ほど歩いたところにある「塩梅」というお店にやってきました。
200606100001s.jpg

少し並んで入店。
注文してほどなくすると、ランチタイムサービスとして「もやし炒め」が出てきました。
200606100003s.jpg

見ての通り、もやしにソースを絡めて炒めただけの単純なものですが、甘辛感が絶妙でやたらと美味く、これから出てくるメインへの期待が更に高まりました。
そして迎えたのがこちら「特上ロースかつ定食」でございます。
200606100004s.jpg

上の写真では魅力を伝えきれないので、接写!
200606100005s.jpg

レモンをギューッと全体に絞り、ソースをサッとかけて、いただきまーす。

こ、、これは・・・・・!!!

めちゃめちゃめちゃウマイ!!

サクッとした衣を破ると肉がシューッとトロけるように千切れ、ジュワーッと肉汁が広がっていく……。
噛む毎に出てくる幸せ成分に、気分はどんどんと舞い上がっていきました。メニューに黒豚の一番いいところ云々なんて書いてあったのですが、納得です。いい意味で人を狂わせますね、これは。
200606100006s.jpg

しかもこのお店、味が極上なだけじゃないんです。
キャベツが山盛りに出てくるわ、漬物が豊富に出てくるわ、ごはんは「白」か「しそ」を選べるわなどなど、挙げていたらキリが無い程サービスが良いんですよ。
更にランチサービスとしても前述の「もやし炒め」だけでなくデザートに「アイス」が出てきますからね。
柏に来ながら、このお店を知らずにいるのはハッキリ言って損ですよ。
トンカツが嫌いでないなら絶対に行ってみるべきお店として、強くオススメします。
ただ、時間によっては少し並ぶのを覚悟しなきゃいけませんし、食べ終わるまでにも時間がかかるので余裕を持って行かれた方がいいですよ。

時間を忘れて堪能していたおれ達は慌てて日立台へ。
席についてすぐ、柏がCKのチャンスを迎えました。
200606100009s.jpg

これをDF岡山が決めて前半5分、柏が先制!!
岡山の打点の高さに緑はまったくついていけていませんでした。
凄いぞ岡山!!

勢いに乗る柏が更に緑を攻めたてる。
ディエゴ、リカルジーニョが織り成すリズムをベースにフランサと谷澤が絶妙に絡んでいく攻撃は小気味良く、パンチも効いていました。第5節の水戸戦からだいぶ進歩しましたね。
この時間帯に点を取って欲しいと思っていたら8分にディエゴ、11分にフランサが立て続けに決めて早くも3-0!!
スタジアムはお祭り状態に(笑)

これで緑はすっかり意気消沈、と思いきや意外にそうでもなく、かといって猛り狂って怒涛の攻めをしてくる訳でもなく、淡々と同じ調子でパスをまわしていました。
緑は国立で観たACLの時よりも攻撃の質が幾分か進歩しているようで、(多分)意図的に柏DFを寄せて一気に逆のフリーの選手へチェンジする攻撃などからいくつかチャンスの芽を創り出しました。
ただしラストパスの精度が低く、決定機には至らず。シュートに結びつき、尚且つ枠内に飛んだものも南が素晴らしいセービングではじき返しました。
200606100010s.jpg

そんな調子で進んだ40分、リカルジーニョが2枚目のイエローで退場。2枚目は何したか分かりませんが、1枚目のイエローが厳しい判定だっただけにかわいそうです。
とにかくこれで柏は数的不利になってしまいました。

後半に入ると柏はベタ引き状態。
それでも、次の得点を生んだのは柏でした。
FKからまたもや岡山ズドン!!
ドンピシャのヘディングが突き刺さって4-0!!
指差しポーズを決めながら自陣へ戻っていく岡山の姿があまりにカッコ良くて、他サポのおれまで惚れそうになりましたよ。
200606100015s.jpg

この後の柏も相変わらずベタ引き状態。
数的不利に圧倒的な点差を考えれば当然の選択と言えるのですが、かえってボールの奪い処があやふやになってしまっていたのはいただけませんね。
緑が放つ高い位置への楔のパスですらフリーに受けさせてしまったので容易くチャンスを作られてしまっていました。
これを最終ラインがなんとか押し出したり南の好セーブで防ぐと、緑はよりたやすく起点を作ろうとサイドにボールを流し始めます。
案の定サイドではかなりフリーで持てる緑ですが、彼らには高さが無いので結局中へは低いパスで戻さざるを得ず、柏のDFにことごとくはじき返される。
結果的に、寄り道して時間を潰しただけとなったので柏は守りのリズムを取り戻し始め、試合は終盤に。
柏にミスがあったらしく、終了間際に緑が1点返すも焼け石に水。
柏が4-1で爆勝しました!!

素晴らしい試合でしたね~。
大嫌いな緑が負けた試合という事もありますが、柏の選手達の気迫が素晴らしかったですよ。
ワールドカップに負けないぞ、観に来た人を絶対に後悔させないぞ!という気迫を感じました。
この試合の西村主審は退場判定を抜きにしても曖昧で酷かったのですが、それにもめげず試合を壊さなかった集中力も褒めたいです。
バラバラだった去年とは比べ物にならないほど、チームに一体感がありますしね。
それがサポーターにも伝わっているのでしょうね。スタジアムの雰囲気も、真摯にサポートする気持ちが明るく表現されていてとても良かったです。
元々日立台は素晴らしいスタジアムですけど、雰囲気が良くなったので更に印象が良くなりました。
このスタジアムは日本の宝ですよ。

一方の緑は不思議なチームですね。
こんな試合展開でも最初から最後までずーっとリズムも雰囲気も変わらないチームは他に無いと思います。
技術で圧倒できるJ2において、変に焦らない事が吉と出るからきっとこういった態度なのでしょう。
ただ、それだけでは技術に差の無い、むしろある面では劣る相手には通用しないという事。このままならば当たり前ですが、緑が柏より順位が上に行く事はありません。
問題はそれで通用する相手が柏以外に2クラブ以上あるのか、ないのか、ですね。
おれが望むのは勿論前者ですが、結論は果たして!?

そんな緑の大惨敗に、というよりは柏の素晴らしき大変貌に心躍らせ、おれ達は上野へ。
上野恩賜公園でのんびり散策。
200606100023s.jpg

みんなでスワン競争したかったけど受付終わっちゃってました(笑)
200606100027s.jpg

わらわらと茂る蓮の先に見えるは変な形のマンション(?)
200606100031s.jpg

公園を出て、ヨドバシカメラ横の甘味処「みはし」で休憩。
200606100034s.jpg

「白玉ぜんざい」
200606100035s.jpg

無駄な甘みの無い上品なお味で、大変美味しゅうございました。

サッカー談義で時を過ごし、店を出て向かったのは映画館「上野東急」
「GOAL!」を観たかったんですよ。
200606100037s.jpg

入ってみるとガラガラで、直前になってもほぼ貸切り状態でした(笑)
始まるまでちょっと不安になりましたが、いい映画でしたよ。
内容的には単純明快なサクセスストーリーに感動的な味付けを加えた王道エンターテイメントですね。
こういうシンプルな映画は大好きですし、何よりサッカーが題材なのですぐに世界にのめり込めますよ。
イングランドのクラブの内部はきっと本当にこんな感じなんでしょうし、サポーター心理なんて正に今の自分そのものですからね。共感し倒しですよ。
監督役の演技は雰囲気出ていて上手かったですし、ヒロイン役の子が割とおれ好みだったのも好材料(笑)
少林サッカーみたいなのがチラホラあって、主人公がとてもサッカーが上手いようには見えないのはちょっと問題かもしれませんが、そんな細かい事気にしなくていいか、と思える清々しさがありますよ、この映画には。観た後スッキリした気分で帰れます。
ただし、次回作(この映画は三部作)は絶対に観ません。レアルマドリーに入団なんて興醒めですよ。

のめり込んで映画を観た後は現実の方が違和感あるねぇ、なんて言っていたおれ達が現実に戻ったらすっかり腹が減っていました。
そこで、品川に新しくできた「品達どんぶり」へ。
200606100039s.jpg

その内の「伝説のすた丼屋」に入りました。
200606100040s.jpg

注文した「すた丼」がこちら。
200606100041s.jpg

これがまた美味いんだ!
醤油ベースのタレなはしょっぱいどころか不思議なまろ味と甘味があり、その上にニンニクのパンチが乗って、やわらかい豚バラ肉とホカホカご飯に絡む。
昼間に続いて人を狂わせる味です。ヤミツキになりますよ、これは!
結構なボリュームがあったのですが、一心不乱に食べ切ってしまいました。
ことごとく当たりの日でしたね。
でも、栄養バランスは非常に偏っているので次の日以降気をつけないと(苦笑)

その後はおれの家で「イングランド×パラグアイ」のプチPV。
ミスの応酬で眠くなる試合でしたね。
昼間に生で観た「柏×緑」の100分の1の感動もありませんでした。

サッカーの面白いつまらないに技術や戦術の要素が働くのは確かです。
しかし、それだけが満たされていても感動する試合にはならないでしょう。
心動かされる試合には、選手が発する気迫とサポーターの熱気、そして双方のコラボレーションで生まれる、一種の“マジック”が絶対に必要なんです。
そして、それを確かに感じられるのはスタジアムだけ。
だからおれは観に行くんです。
ちょっとそこのスタジアムまで。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

初めまして

どうも初めまして。七冠王と申します。
岡山祭りを目撃された他サポ様をまとめております。
不都合ありましたらご連絡くださいませ。

今の柏の一体感は素晴らしいものがありますね。あのままJ1に上がってこれることを楽しみしたいです。…自分の応援するクラブのときに岡山祭りされたら相当イライラするでしょうけどw

七冠王さん、はじめまして。
柏はサポーターと選手、フロントが一丸となって戦っていますね。バラバラだった去年の面影がすっかり消えていました。柏を愛する選手、貢献したい選手だけが残った事が良い方向に出ていますね。
それにしても岡山は貴重な選手ですよね。
試合でもそれ以外でもあれだけ活躍できる選手はなかなかいません。おれを含めて他サポもこぞって観に行きたくなりますよ(笑)
スタジアム全体を包んだ空気でこっちまで幸せ気分になりました。

塩梅

 こんにちは,初めまして.
 「塩梅」はオイラも去年の菓子杯の時に初めて行きましたが,サービスが素晴らしかったです.
 子供二人を連れて行ったのですが,子供にはご飯(お替り自由)とアイスクリームがサービスで付いてました(なので子供たちの注文はランチセットでなく単品の揚げ物だけ).
 あの味であのサービスは凄すぎます.

Bobさん、初めまして。
またまた凄い情報ですね。
お子さんには単品だけでもサービスが付いてくるなんて!
あの味だけでも充分満足できるのに、サービスを徹底させるなんて完璧ですよ。
出来る事は全部やる、がモットーなんでしょうか。
そういえば、試合で活躍するだけでなく、その後もサポーターを盛り上げる岡山選手にダブりますね(笑)

トラックバック

柏・岡山祭り 他サポまとめ

他サポからも注目をあびる柏・岡山祭り。J.B.Antennaに登録されている他サ

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。