スカッと幕開け A第1節ドイツ×コスタリカ[TV観戦]

2006 FIFA World Cup Germany
06 /11 2006
2006000101.jpg

ぼんやりと始まった感のあるワールドカップドイツ大会は、そんなおれの目を覚ます弾丸ミドルで幕を開けました。
開始してわずか6分、左サイドから駆け上がってきたSBラームが放った強烈なミドルがコスタリカゴールに正に突き刺さりましたね。
その後もドイツは意表をつくパスこそないものの、力強く正確で早いミドルパスを中心にサイドで起点を作り、コスタリカゴールを襲いました。
特に良かったのがシュートを撃つ積極性ですね。撃って欲しい時に撃つミドルシュートには凄味と爽快感がありました。しっかりといいコースに、力強い弾道を描いているのが素晴らしいです。
先制点の他にも、右サイドを突破したシュナイダーがPA内のシュバインシュタイガーへマイナスのクロス、これを撃たずにクローゼへとシュート性のパスを送って見事決まった2点目、FKからの流れでPA外からこれまた強烈なミドルを突き刺したフリンクスの4点目と、記憶に残る得点シーンが多く生まれました。

対するコスタリカは硬さが少し見られ、殆どの選手が国内の選手という事もあって終始試合のリズムに乗れませんでしたね。ドイツの速さに対して後手を踏んでばかりいました。
ボールを持っても追い越す選手は皆無で、ひたすらワンチョペ&ゴメスのコンビに託すだけでした。そんな状況でたった2回しか訪れなかったチャンスを両方ともモノにしてしまうワンチョペは凄いの一言ですけど(笑)

Jはともかく、TVでは多国籍クラブ同士の戦いばかりを観ていたので、同じ特徴を持った選手ばかりが集まって、全く違った特徴を持った選手ばかりの集団と戦う様が新鮮に写りました。
4年に1度の祭典、楽しまなきゃ損ですね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.