スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐深く 第11節甲府戦(A)[生観戦] 第2部

FC東京観戦記2006
05 /05 2006
胸のすくような逆転劇を演じた甲府戦を振り返りましょう!
スタメン&システムはこちら
2006000090.jpg

序盤の東京は前からプレスをかけて高い位置でボールを奪い、2列目の飛び出しなどから何度も決定機を作り出せていました。
ルーカスのパスを飛び出した宮沢がシュートするシーンなどはこれまで殆ど無かったプレーですし、こぼれ球も梶山が、精度が高く威力もあるミドルシュートを短い時間に何本も撃てていました。
先制されるまで、申し分の無い展開ができていたと思います。ただ、点だけが入りませんでした。

失点は、素晴らしいインターセプトでボールを奪った茂庭が次のプレーでミスパスをしてしまい、これを展開されてしまったもの。
このミスは反省してほしいものの、これしかない、という素晴らしい道筋をたどってゴールに結び付けられてしまったものなので相手を褒めるべきゴールだったと思います。

問題は、この後。
甲府が勢いづいてどんどんと前に出てくるのは予想通りだったのですが、点を取りにいこうとする前線と一旦落ち着かせようとする後ろとで意識の乖離ができてしまい、中盤が間延びして相手を全然捕まえられなくなってしまいました。
結局、前半終えるまで意思が統一されることは無く、追加点を許さないのが精一杯。落差の激しい前半になってしまいました。

でも、これをリカバーすべきガーロ監督が採った策は見事でしたね。
後半になって赤嶺に代わってリチェーリを投入し、試合当初よりは深い位置で全体がまとまって裏狙いが徹底されましたから。
自分達のやりたい事をただゴリ押しするのではなく、相手の出方もふまえる懐の深いサッカーが形になってきたのではないでしょうか。
これがこの試合の一番の収穫だと思います。

しかしこれから上を目指すには、ピッチ上の選手達自身で判断し、まとまって戦う必要があるでしょう。
試合が動いたとき、うまく運べない時にこそ力強くまとまれるよう選手達の精神的成長を期待したいと思います。

大丈夫。
信男さんから「連勝は当然と思って次に臨みたい」と頼もしいメッセージをもらっていますから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。