掴んだ手応え プリンスリーグ GL第4節FC東京U-18×浦和レッズユース[生観戦]

FC東京ユース
05 /02 2006
スッキリと晴れた朝、東京ユースの試合を観に深川グラウンドへとやってきました。
200604300001s.jpg

相手は浦和レッズユース。
200604300002s.jpg

ここまで東京ユースはプリンスリーグ3戦全敗なだけに、何としても勝ちたい試合です。
スタメン&システムはこちら。
何と左サイドが本職の森村をFW起用です。
2006000088.jpg

試合は序盤からお互い積極的に攻め込み、カウンターの応酬のような展開に。
やや長めのパスが多いものの、意図が感じられ精度も悪くなかったので締まった立ち上がりになりました。
そして6分、森村がボールを受け、素早くドリブルを開始してPA内に侵入すると、遅れをとった相手DFに後ろから倒されてPKを獲得。
このチャンスに蹴るのは中野。
200604300004s.jpg

キッチリ決めて早い時間帯に東京が待望の先制点を手に入れました!

これで勢いに乗った東京はショートパスを主体に2トップにあて、その落としから広げる攻撃を披露し始めリズムに乗っていきました。
200604300005s.jpg

しかし肝心のシュートがなかなか入らず、シュートを撃つ積極性もやや欠いて乗り切ることはできません。
それでも守備では浦和の攻撃を未然によく防いでいたのですが24分、何でもない空中戦の競り合いでなぜかPKの判定が下り、これをキッチリ決められてしまって1-1の同点に追いつかれてしまいました。

圧巻だったのはこの直後の東京の、いや、森村のプレー。
キックオフから繋いだボールを浦和陣内ミドルゾーン、左寄りで受けるとギュンと加速して一気にPA内左に侵入。
その勢いのままエンドライン付近の深い位置まで突破し、折り返した強いボールが、必死にクリアしようとする浦和DFのオウンゴールを呼び込みました!

これで2-1。
流れを浦和に戻す間もなく突き放し、東京が攻勢にその後の試合を進めました。
ショートパスでの組み立てが更に多くなり、コンパクトに保たれた選手間でのスキルフルなパス交換が随所に観られる魅惑のフットボールで浦和ゴールを脅かします。
また、守っても高い位置から果敢に奪いに行っていました。
が、浦和もスキルが高く、プレスをかいくぐって強いパスを出して来るので東京の対応が一歩遅くなってしまいます。
そうして右サイドに流し、ここからの突破を何度か許してしまっていましたが椋原の素早いカバーリングでシュートにまでは結び付けさせません。
こうして前半終了までに作ったチャンスの数は東京の方が多かったのですが決定力と積極性に欠け追加点はならず。
2-1で前半を折り返しました。

浦和ボールで後半開始。
200604300008s.jpg

内容はほぼ前半と同じでしたが、流れは時間を追うごとに浦和に傾いていきました。
浦和が攻撃に重心をかけている分、東京はカウンターで決定的なチャンスを作れたのですがこれを入れることはできず。
どうしても気持ちが引いてしまい、終盤は守備一辺倒になってしまいました。
しかし集中は切らさず、最後まで守り抜いてタイムアップ!!
FC東京U-18がうれしいプリンスリーグ初勝利を手にしました!!おめでとう!!

選手達の昂ぶる気持ちと高いスキルがチーム力として発揮された、非常に素晴らしい試合でしたよ。
特に良かったのは攻撃のバランスです。
倉又監督の森村FW起用は大当たりですね。
彼と加藤の2トップは二人ともボールが収まって落としも正確なので中盤がいい状態でボールを受ける事ができ、サイドも突破しやすくなりました。
またそれだけでなく、特に森村は突破を図れるので中央からでも脅威を与える事が出来たので相手が非常に守りにくそうでした。

守ってもチャレンジ&カバーがしっかり出来ていて、チャレンジは交わされることが多かったもののカバーがしっかりしていたので大きく破綻しませんでした。
先に書いたように集中力も最後まで高かったので、自滅から相手にチャンスを与える事が無かったのも素晴らしいですね。

攻撃面での課題はやはり決定力不足とシュートの積極性。
守備面では、ボールの出し所を絞った時にもっと早く反応してあげることでしょうか。
高い位置からプレスかけた割りに深い位置まで持っていかれてしまったのは勿体無いので。

個人で観ても誰もが素晴らしかったのですが、特に目立ったのはやはり森村です。
200604300006ss.jpg

厳しい判定での同点劇にシュンとなってしまうのではなく、むしろバネにしてしまう強さに打ち震えました。
森村は教えられない“何かを持っている”選手ですね。

他にも城間の華麗なトラップとスルリと抜けるドリブルが印象に残りましたし、椋原も素晴らしいカバーリングだけでなく、ココという時に味方を鼓舞していたのが好印象です。

FC東京U-18はこの試合で間違いなく手応えを掴んだでしょう。
この勢いと集中力で勝ち続けてほしいと思います!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーたさんこんにちは☆
私もレッズユース戦生観戦しました!!私もいぎーたさんの記事とは大違いの安っぽい記事更新してしまいました。笑

写真の場所・角度的に、凄い勢いでいぎーたさんの近くで観戦してたんだな~…ってビックリしてます。(笑)

森村君の動きの良さには本当に感動しました。決定的な場面できっちり決めてくれてたらもっと快勝だったんですけどね(苦笑)

やっぱり中野君、森村君の存在は大きいですね。金森君が帰ってきてくれたら、もっとSexyなユースの試合が観れそう!!
早く帰って来い金森君!!笑

こんばんは。
Blue Stripeさんもやっぱり深川に行かれたんですね。
早速記事を読ませていただきましたが、、、めちゃくちゃ詳細じゃないですか!!
どこが安っぽい記事なんですか(笑)

試合はドキドキハラハラ、そして気分爽快でしたね~。
前に観たのは第1節だったのですが、見違えました。
トップの選手達にも見せてあげたい位華麗な攻撃が出来ていましたね。
おっしゃる通り、決定力さえあればもっと楽に勝てたんですけどそこは東京らしさなのかな(苦笑)

森村は本当に動きよかったですね。
さすがにストライカーにはなりきれていなかったものの、いきなりであれだけ機能して結果も残してしまうのはさすが。
トップに上がる日(絶対来るでしょう!)が楽しみです。

中野も良かったですが、金森はまだ観た事がありません。
一押しの選手のようですし、復帰したら更にsexy度が増すだなんて、楽しみです。
次も勝って、一気に上位へ食い込んで欲しいですね!

いぎーた

FC東京が気になる人.