スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮上するのはおれ達だ! 第10節名古屋戦(H) Preview

FC東京観戦記2006
04 /28 2006
東京と名古屋の中日ダービーが明日に迫ってまいりました。
お互い新監督を迎えましたが東京は4戦、対する名古屋は8戦勝ち無しと共に苦しんでいます。
この対戦で浮上のキッカケをつかみ、あわよくば1面をゲットしたいところでしょう。

予想スタメン&システムはこちら
今回は全く自信がありません。
2006000086.jpg

名古屋は陣形をコンパクトに保ち、高い位置でボールを奪って速く広く攻めるサッカーを志向しているようです。
東京はボールを大切にするサッカーを目指しているので、回す時間は東京の方が長くなるでしょう。
そこで無理に繋いでは名古屋の守備網に引っかかってしまいますし、かといって長いボールばかりでは簡単に処理されてしまうので、低い位置の選手達による配球の選択が鍵を握りそうです。
ある程度ショートパスを前に送り相手をつついて引き出した時に死角へ入って裏を取る、2列目から飛び出してマークを外す、などの工夫で相手を揺さぶり、間延びさせたいですね。
もちろん出し手に多くの選択肢を与えるためにも、周囲が動かなければなりません。
下がる、裏を取る、リスクを取る、バランスを取る。
オフザボールの時でも常に状況を見ながら動き直しをし、試合に関与しようとする全員の高い意識が必要です。

また、守備組織が未成熟なチーム同士の対戦なのでお互いスペースを空けてしまう場面が多くなるでしょう。
そのスペースをいち早く見つけて走り込み、そこからパス&ゴーを繰り返して連動しながら前へ進みたいですね。

今は不恰好で効率が悪くてもいい。
とにかく頭と体を必死に動かしてゴールへ向かう東京の姿をおれは観たい!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。