サイドを制するものは… 第9節G大阪戦(A) Preview

FC東京観戦記2006
04 /21 2006
乱気流に入っているかのような飛行を続けるFC東京の次なる相手は王者ガンバ大阪です。

予想スタメン&システムはこちら
2006000084.jpg

東京は前節から3人交代しそうです。
パフォーマンスの波が激しい選手がいるのでガーロ監督も悩んでいるのでしょう。

対するガンバ大阪は二川が怪我で欠場濃厚ですが、これまでリーグ戦5連勝と今までACLを言い訳にしてきたチームが恥ずかしくなってしまうほどの好調ぶりです。
前節は横浜FMを相手に派手な打ち合いを制しましたね。
流動的にポジションチェンジを繰り返しながらスペースへどんどんと選手が入り込み、後手を踏んだ相手の視界から消えた選手が点を取るという素晴らしい攻撃を披露しました。
サイドの攻防でも要所を抑えながら機を見てはスルスルと高い位置を取って勝負していました。
高いスキルを持った個人が高い次元で融合されたガンバの攻撃を防ぐのは並大抵ではありません。
単に引いて守るだけではまな板の上の鯉も同然、やられるだけでしょう。
出来るだけ長い時間高いラインを敷いてコンパクトな陣形を保ち、中盤での戦いに挑んで欲しいと思います。

いつも以上に勝敗を分けるのは「攻守の切り替え」でしょう。
ガンバの選手達はスキルが高い分周囲の信頼も厚く、ボールを保持した時には多くの選手が前がかりになります。
そこでインターセプト出来れば即チャンス。素早く反応してゴールに結び付けて欲しいですね。
逆に攻から守への切り替えが遅れれば一発でマグノアウベスに裏を取られ、失点してしまうでしょう。
すぐに反応して最悪でもサイドに寄せてしまいたいですね。幸いガンバの前線にはあまり高さの脅威がなく、簡単には中に放り込めませんから。

ミクロ視点での注目は何と言っても徳永と家長、そして規郎とあきらがマッチアップする両サイドの攻防でしょう。
特に東京にとっては中央エリアの攻防でやや劣勢が予想される分、宮沢の展開力を交えてサイドに活路を開きたいところ。
勝ち気に攻めてくる家長を、国際経験で優る徳永がどういなし、反撃するか。
そして規郎があきらをどれだけ押し込めるか、が試合の趨勢を決めるかもしれません。
特に後者は東京サポが最も熱意と殺意を交えた視線を注ぐエリア。
その勝負一つ一つがスタジアムの雰囲気を一変する可能性を秘めているので絶対に勝ちたいですね。

信男と徳永の連携で右サイドを崩し、ルーカスで得点。
勝負どころでササを投入し、規郎があきらをブチ抜いてシジクレイを釣りササがズドン、というのがおれの妄想です。

相手は王者でしかもアウェー、ワクワクする環境ですね。
厳しい戦いになるのは間違いありませんが、その分全力でやれば必ず何かが残るはず。
どんな状況になろうとも、最後まで東京の誇りを持って戦い抜いてくれ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.