芯は何だ 第8節千葉戦(H)[生観戦] 第2部

FC東京観戦記2006
04 /17 2006
寝坊したので慌てて仕度して会社に向かったが遅刻した。
そんな千葉戦を振り返りましょう。

スタメン&システムはこちら
2006000082.jpg

東京は磐田戦の陣容に戻したので伊野波が復帰しました。
千葉は3人がスタメン復帰です。

ぼんやり試合を始めた東京は攻守に動きの量・質が足りず千葉に圧倒される展開に。
縦パスへのチェックが甘く、千葉お得意の飛び出しを許して2失点を喫してしまいました。
攻めても、味方がボールを持った時に関与しようとする選手が少ないためパスコースを読まれて度々カットされシュートに持ち込めません。
磐田戦で見せたパス&ゴーは幻だったのでしょうか。
先日の横浜FM戦からシステム変われど内容は変わりませんでした。

ハーフタイムでガーロ監督が荒療治。
後半開始から3人交代し、こんな感じの陣容になりました。
2006000083.jpg

東京で唯一動き直しをする信男と、早い段階から動く赤嶺が2トップになった事でボールを早く当て、収める事が出来るようになったので両WB、更には茂庭まで上がって厚い攻撃が見られるようになりました。
残念ながら千葉の素晴らしい攻撃で先に追加点を取られてしまいましたが、PKと相手GKのファンブルを詰めた得点で1点差まで追いすがり、見せ場を作りました。
前半がもう少しまともな出来だったら……と悔しい思いをしましたね。

収穫は赤嶺の動きでしょうか。
今まで数回しか見ていませんが、今回が一番良かったと思います。
それなりに動く選手で、混戦に強いのもある程度分かっていました。
ただ、あんなにすんなりボールを収めて繋げたプレーを見たのは初めてなのでうれしい驚きでした。
動きの質も良かったですし、期待以上に活躍してくれそうです。

さて、この試合で前後半システムを変えたように、今年の東京は短い期間での変化が激しいですね。
マンツーマンをやったりやめたり、3バックにしたり4バックに戻したり、ちんたら回してたかと思えば前線にどんどん当てるサッカーしたり。
ガーロ監督がどんなサッカーを目指しているのか、なかなか見え難い状況です。

では、今まで一貫しているのは何かと言うと①高さ&速さの2トップ②サイドには攻撃的な選手を1人置く、の2点がすぐに思いつきます。
しっかり繋いで緩急をつけつつ前線に起点を作って落とし、高い位置まで上がった“両”サイドを活用しながらシュートに持っていく。
両サイドを上がる事で圧力をかけ、厚みを出す攻撃サッカー、を意図してきたと思います。
今後も紆余曲折あると思いますが、ここだけはブレないでしょう(というか、ブらさないで下さいw)

この芯を太くするために選手達に意識して欲しいのは、動き直しです。
東京の攻撃が行詰っている時は大抵選手の足が止まっている時ですよね。
前線がもっと動いて、すぐに出て来なくても動き直しをして起点を作ってくれればボールを出せますし、中盤が前を向いてボールを受けられます。
また、ボールを持っていない中盤の選手ももっと動く必要があるでしょう。
そうして動いたところに出来たスペースを他の選手が使ってボールを受け、他のスペースを使っている選手に出す、といった連動がもっと出てきて欲しいですね。
パス&ゴーは磐田戦である程度出来たじゃないですか。あれをどんどん繰り返しましょうよ。
更にはもっと長い距離を走る必要もあるでしょう。
クロスを入れても点に結びつかないのはクロス精度、シュート精度、中の動き方の他に、中にいる人数に問題があるからです。
流れの中で今野がクロスに合わせる場面がもっとあっていい、そう思います。

また、攻守の切り替えももっと早くする必要がありますね。
ボールをせっかく奪ったのに上がる選手がいなくてスローダウンしてしまったり、逆に奪われたのに悠然と戻って裏を取られたり、といった場面が目に付きますから。
特に攻から守への切り替えは、攻撃に人数を掛けるサッカーをする為の生命線。
ボールを奪われた時に最低でも遅らせれば、少ない人数で加速の付いた相手の攻撃を受ける羽目にはなりませんから。

ガーロ監督に今すぐして欲しい事は、守備組織の構築です。
相手がボールを持った時どう組織的に高い位置で奪うのか、守から攻へ移った時リスクを背負う線引きはどこなのか、が明確になれば選手達も攻守に迷い無く動けるようになるでしょう。
効率の良い守備して攻撃に力注ぎましょうよ。
「闘志と知性が溢れる攻撃的サッカー」期待しています!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

軸と方向性

それが明確なら
結果だけに一喜一憂するコトもないのですが
それがわかりづらいのが辛いトコです
チームとしての共通意識が
観てる方に伝わってくるようになってほしいです
そしてイキのよさを早く取り戻してほしいです
足がとまってたり 走り負けたりは
観てて悲しいっすから

軸が何かがまだ分かり難いので積み上げが出来ているのかも分かり難いですよね。
イーブンの状況だと選手間の認識がバラバラなのが浮き彫りになってしまっています。
今は最低限の約束事だけを確認して選手の頭の中をスッキリさせる事も必要かもしれません。
足元を固め、チャンピオンチームに果敢に挑む試合を観たいですね!

いぎーた

FC東京が気になる人.