スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不穏な空気を吹き飛ばせ! 第8節磐田戦(H) Preview

FC東京観戦記2006
04 /07 2006
モヤモヤとした雰囲気の漂う中、ホームで迎え撃つ相手は人間力率いるジュビロ磐田です。

予想スタメン&システムはこちら
2006000078.jpg

磐田は大分戦と変わらない布陣で来ると思いますが、水曜日にナビスコを戦っているので多少変動があるかもしれません。
2-1で勝った大分戦ではカレンにボールを集めようとするもマークにあって収める事が出来ず、攻撃の中心は名波でしたが得点は彼が絡まない形で生まれました。
1点目は中盤でボールを奪った菊地がスペースをドリブルで駆け上がり右の太田へ。太田が放ったクロスはカレンを通過するも裏に走り込んでいた菊地が合わせてファインゴール。
2点目はCKのこぼれを菊地がダイレクトでミドルを放ち、こぼれたところを成岡が詰めたゴールです。
人数を掛けた時に得点をしっかりと奪ってしまうあたりにはかつて強豪だった頃の匂いがまだ残っていますね。
東京にはまだ出来ない芸当だと思います。
ただご存知のように、磐田が連動して人数を掛けた攻撃をするのは90分間で数えるほど。
殆どの攻撃はパスコースが少ないので読みやすく、それほど怖くありません。

そこで東京の選手にチャレンジして欲しいのがインターセプト。
これまでの流れだと名波にマンマークが付くのだと思いますが、彼に前を向かせない守備をするだけでは試合が膠着するだけです。
せっかくパスコースが少なく、名波にボールを入れるタイミングも分かりやすいのですから、わざと離しておいて呼び込んだボールをかっさらうぐらいの芸が欲しいですね。
今の磐田は攻守の切り替えが遅いので、縦にパスを入れるなりドリブルするなりしてちゃんとボールを前に運べればビッグチャンスが生まれるはずですから。

ナビスコ含めて次で8試合目、そろそろ東京には意味の無いパスを少なくして欲しいと思います。
特に不満があるのはカウンターの際に縦でなく横にパスをしてしまって、みすみす相手に戻る時間を与えてしまう点ですが、遅攻になった際にもただボールが一つずつ横にずれていくだけで相手の陣形が全く崩せていませんよね。
左で持った時、せっかく右がドフリーでも無意味に中を1,2回経由してしまったが為にボールが辿りついた時には前がすっかり詰まっているという場面が目立ちます。
大きくパスを動かすなり、一度突っかけて相手の陣形をズラしながらパスを回すなど、工夫を見せて欲しいですね。
ポゼッションサッカーとは無駄にパス数を増やすサッカーを指す訳ではないはずですから。

また、クロスがいい形で入っているのに中がガラガラという場面も多いですよね。
リスクマネジメントはある程度必要ですが、前にボールが渡りそうな時には中盤以降も切り替えてもっと中に入る人数を増やして欲しいと思います。

古巣相手に燃えるであろう信男にも期待しますが、それ以上に期待する選手は今野。
「全てを兼ね備えた選手になりたい」という彼にはもっとパスの質を高めて欲しいですし、攻守の切り替えを早くしてゴール前まで詰める回数を多くして欲しいと思います。
前節、彼のヘディングによる折り返しから増嶋のゴールが生まれましたね。
ああいった形が流れの中から生まれたら最高です。
スッキリ勝ってモヤモヤを吹き飛ばしたいですね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

非常に勉強になりました。
前節の不可解な「辞めろ!」コール。個人的は納得がいきませんでした。

明日はそれを払拭するような戦い方を期待しています。

明日は結果も欲しいですし、開幕前後に見えそうになった、「こういうサッカーをやっていくんだ!」というのをもう一度示して欲しいと思います。
いつもより気合を入れて応援しようと思います。
終った後に爽快感の残る試合になるといいですね。

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。