淡々と ナビスコカップGL第1節浦和戦(A)[生観戦]

FC東京観戦記2006
03 /30 2006
ナビスコカップ開幕戦を観に浦和へとやって来ました。
即完売となったチケットですが、幸運にも金券ショップで定価の400円増しで手に入ったのです。これぐらいなら許容範囲でしょう。
200603290001s.jpg

時間が無いのでとっととバスに乗ってスタジアムへ向かい、サブグラウンド横の出店で腹ごしらえ。
ケバブ丼なるものを食べてみました。
200603290002s.jpg

焼きたてのお肉がゴロゴロと入っていて、それが甘酸っぱいソースと共にキャベツと絡んで美味いです。
丼なのでボリューム感もありました。
ただ、先のソースがご飯と相性抜群とまではいかないので、量より質な方はパン生地の方を選んだ方がいいと思います。

アウェーゴール裏(通称出島)に入ると既にギッシリでした。
200603290003s.jpg

が、しばらくするとスタジアム外にみんな集結しちゃいました。
200603290004s.jpg

どうやらあそこから行進するようです。

おれも混じってきました。
200603290007s.jpg

チケットを掲げ、「カップを奪い取れ~」と歌いながら行進。
200603290008s.jpg

テンション上がるし、楽しいな。
いつかみたいに挑発行為が混じると事件に発展して最悪だけど(苦笑)

そんな中で試合開始。
スタメン&システムはこんな感じかな。
2006000074.jpg

東京が2名、浦和は6名も代表や怪我で前の試合からスタメンが変わりました。
また、馬場が開始早々に負傷退場してしまいました。大丈夫かなぁ。

結果は0-2の敗戦。
決定力とメンタリティの差が出た試合だったと思います。

浦和の連携が噛み合わなかった事もあって立ち上がりの時間は良かったですし、後半には先制を許すまでの間に何度も決定機を迎えました。
伊野波のマンマークなど守備の役割がハッキリしてきた事で、サイドバックらが攻撃の際に上がっていい場面も明確になり縦へのボールがスムーズに入るようになったと思います。
また2人のFWもなかなか動き出しが速いので預けやすく、その返しを前向きにもらったMFには色々な選択肢がありました。
東京が従来持っていたタテへの推進力とポゼッションとが少しずつ確実に融合されてきていると感じます。

それでも、半数以上スタメンの代わった浦和に勝てませんでした。
一つは決定力の差。
何度も決定機の場面がありながら最後の一線を越えられず、逆に相手は決めるべきところでキッチリ決めてきました。
サッカーは結局入ったもの勝ちですからね。ここに差がついてしまうと埋めるのは困難です。

そしてもう一つはメンタリティ。
浦和の選手達は90分間どんな状況にあっても諦めず、激しく、攻撃的にプレーしていました。
先に決定力の差が出たと書きましたが、浦和の選手にゴールライン上で掻き出されてしまったのが何度かあったんですよね。
彼らのいる場所に撃ってしまった事にも問題はあるのですが、なぜ彼らはその時その場所にいたのかを考える必要があると思います。
なぜ彼らはそこにいたのか、それはどんな時でも身体も頭もサボらさせずに最善を尽くそうとしていたからに他ならないでしょう。
東京にもこういう事の出来る選手がいないわけではありません。
その代表格が戸田でしょう。
彼は器用な選手ではありませんが、その時自分に出来る事を精一杯やるからこそあれだけのチャンスが作れるのですし、守備にも献身的で、時にはビックリするポジショニングでゴールライン上のボールを掻き出してしまうのでしょう。
他の選手に何故それが出来ないのでしょうか。
それはタイプの違いではなく、メンタリティの違いだと思います。

常にベストを尽くす。それが出来ている選手がまだまだ少ないように感じます。
東京の選手達は先制を許した後明らかにショボくれていました。
時間がまだ残っている中で1点失ったぐらいで何故下を向いてしまうのか。
これでは連敗した去年とまるで変わらないじゃないか。
あの苦しい時期を過ごした事を無駄にしないで欲しいと思います。

試合内容に収穫はあったものの、浦和戦ならではの勝ちたいという熱気をあまり感じられないまま淡々と負けて終ってしまったのが寂しかったです。

そんなココロのスキマを埋めるべく浦和の飲食街へ。
今回選んだお店はこちら「ラーメン王」です。
200603290013s.jpg

店内はレッズに染められていました。
200603290014s.jpg

もちろんお客さんもレッズサポばかり。
ちょっと肩身の狭い中、タンメン定食を注文しました。
200603290015s.jpg

200603290016s.jpg

この他にお新香と半ライスが付いてきて700円未満は安いですね。
シャキシャキ野菜に麺は中細ちぢれ麺。
味付けはかなりアッサリとしていて健康的だと思います。
麺もしっかりコシがありましたが、タマゴ麺みたいであまりスープとの相性はあまり良くないかな。
餃子も安いマズイではなく、それなりのお味。
淡々と食べ終え、淡々と帰りました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

参戦お疲れ様でした。

試合前にFC東京のサポが出島の外に出てしまったのを我々は不思議に思っていました。
行進していたのですね。

試合には勝ちましたが、増嶋の縦パスを阿部が決めていればゲームはわからなかったと思います。

それにしても激しい試合でした今野やワシントンのケガが心配です。

昨日はお疲れ様でした~、て、疲れたのはこっちだけかな(苦笑)
そうです、行進していたんですよ~。
当たり前ですが、みんなチケット見せながらですけどね。
(ただ、不正入場の温床にならないためにも今後は自粛するか、チェックを強化していただくかしないとマズイです)

おっしゃる通り、東京にも決定機はありました。
ただ、勝負にタラレバは禁物なので、東京にはこれを糧に更に精進して欲しいと思います。
次こそは~(笑)

穴沢主審はJリーグには珍しいほど流しましたね。
おかげでスピーディで迫力ある試合を楽しめましたが、怪我人が出たのは残念ですね。
ワシントン、今野、そして流れ関係なく交代しちゃった馬場の怪我が悪くない事を祈ります。

トラックバック

今日はアキバでおでん缶ばか売れ

そういえば春休み、なんですかね。秋葉原は朝から人が多いのなんのって。朝の10時前からラオックス地下のメイドカフェとか行列しているし、おでん缶自販機に人が群がってるし。では今