足掛かり 第4節川崎戦(A)[TV観戦]

FC東京観戦記2006
03 /23 2006
ノブオ大活躍、多摩川ダービーを振り返りたいと思います。
スタメン&システムはこちら
2006000072.jpg

東京は大幅に選手が入れ替わりましたね。
リチェーリは前半終わり頃に傷んでしまいました。

結果は2-2。
39分にジャーンがファール(?)して不可解なイエローをもらい、集中を欠いた瞬間にFKから谷口にドフリーで決められ先制を許しましたが、63分に宮沢のFKをジャーンがピタリと合わせて同点。
更に74分、ハーフライン付近で徳永が奪ったボールを受けた栗澤が中央でフリーになっていた信男へ長いスルーパス。受けた信男が冷静にDFとGKをかわしてゴールゲット!逆転に成功しました。双子ちゃんパワー偉大なり!
しかし宮沢と交代した直後の増嶋が流れに乗れずジュニーニョに振り切られ、他のDFもジュニーニョに引き付けられてしまったために中村がフリーとなり、ジュニーニョとの連携からゴールを奪われてしまいました。
両チームの勝ちたい気持ちが溢れた、ダービーにふさわしい熱戦でしたね。
生で見れなかったのがつくづく残念です。

勝てませんでしたが、前の試合より格段に良くなりましたね。
何より気持ちが入っていました。「ひたむき」な姿勢がだいぶ戻ってきたのがうれしいです。
球際に強くいけていましたし、セカンドボールを拾う場面も多かったですよね。
怪我人も含めて前の試合から外れた選手達にはこの試合から何かを感じ取って欲しいと思います。

守備面ではルーカスがトップの位置に入ったことで前線から追っていましたし、トップ下の憂太も今ではすかり献身的な選手に成長したのである程度捕りどころが絞れましたね。
高い位置で奪う守備にはまだ達していませんが、前半はカウンターやセットプレー時以外ほとんど崩されませんでした。
サイドの裏をもっと突かれるかと思ったのですが、相手の力量不足にも助けられましたね。
ベースはしっかり出来てきたのでまずはこれを90分間、隙を見せずに持続していく事が大切でしょう。
後半に入ジュニーニョが頻繁にサイドに流れてマークの受け渡しが遅れたり、CBなどが不意にオーバーラップした時誰がマークにつくかハッキリしないままズルズル下がってしまっていたので、この点の修正も急ぐべきだと思います。

攻撃面ではタテパスが一気に増えました。
特に右の裏を突いたリチェーリへのロングパスが多くありました、というより前半はそればっかりでしたね(笑)
川崎のラインが高めでサイドにはスペースがあり、尚且つCBにさしてスピードが無いので狙う意図は分かり易いですし、リチェーリが何度かキープに成功しチャンスになった場面もありましたがタテに早い分フォローが薄く、クロスを上げても中に人数が足りませんでしたし、可能性の薄いロングパスも多く見受けられました。
ただ、それも後半には修正されて範囲は狭いながら中盤でパスを繋いでからノブオへタテパスを送るようになりましたね。
監督の指示もあったと思いますが、憂太に代わって入った栗澤が豊富な運動量を活かしてしっかりとフォローに入ったから出来たのだと思います。
また、宮沢という信頼できる出し手が入った事で規郎が高い位置でボールを受けられるようになっていました。
徳永もパスの判断こそ若干遅れた場面がありましたが攻め上がりのタイミングは良かったですし、左右両サイドのバランスも徐々に改善されつつあると思います。
課題は同サイドでタテタテへ繋ごうとしては狩り取られてカウンターを食らっていたので、状況に合わせてサイドチェンジをしたり我慢強く繋いだりという判断でしょうか。
ゴールを奪うために今必要とされるのはキープなのかチャレンジなのか、その判断がチーム全体で噛み合ってくれば面白くなると思います。
すべての面で少しずつ積み上がりが見られましたし、この試合を足掛かりに更なる高みへと昇って欲しいですね。

最後に岡田正義様。
序盤から闇雲にカードを乱発するのはやめて下さい。興が削がれます。
経験豊富なあなただからこそ、カード抜きに熱くフェアな試合へ導く術を他に示すべきではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.