スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮戦はTV局とジーコの壮大なやらせ?

日本代表
02 /10 2005
今日はW杯最終予選の初戦北朝鮮戦でした。

ドーハの悲劇では涙し、ジョホールバルの歓喜で雄叫びをあげた。
12年前や8年前(もうそんなに経つのか!)にあれ程興奮して観た最終予選ですが、今日は全然気負いませんでした。

勿論日本代表にとって重要な試合である事はわかっていましたが
FC東京という最愛のクラブを得た私にとって日本代表の存在は格段に薄れていますし、
W杯最終予選とは言え枠が2→3,5そして今回が4,5と増えています。
何より相手の北朝鮮は情報源として信頼できる人が

「まったく日本代表の敵ではない」後藤健生

「まったく問題のない相手」宇都宮徹壱

先制点を早目に奪えれば間違いなく自滅する。」ア・デモス UAE監督

とおっしゃっているので緊張感などは皆無でした。


しかし終ってみると・・・

強敵だったんですけど!!

問題山積みだったんですけど!!

先制点早目に奪ったんですけど!!

自滅どころか追いつかれちゃったんですけど!!


代表戦で興奮しちゃったんですけど!!


代表予選って退路の無い戦いじゃないですか。
今更監督交代なんて悠長な事はやってられませんよね。(やったけど。)

それなのに、前述のような最弱評価を相手に先制点を取ったものの追いつかれ、
決定機を掴んでも高原がことごとく外す。

スシはドイツへ帰れ!!

思わず叫んだこの頃にはTVから目が離せなくなってました。

ロスタイムに入っても同点のまま。さすがにヤバイと思いますよね!!
日本にW杯出場して欲しい。でももしかしたら行けないかも・・・。
代表戦では久しぶりにドキドキのシーソーゲームが胸の中で繰り広げられていきました。

そしてクライマックスは大黒の劇的なロスタイムゴール!!

ウオオオオオオオオ!!

やりおったぁぁぁぁ!!

やった!

W杯出場権取るぞーー!!


はい。興奮のルツボでした。
忘れてた日本代表への情熱が蘇りましたよ。間違いなく。
8年前と比べると7割くらいですがそれでも最終予選は全部観るつもりです。


しかし・・・
思えばほんの一年前、
一次予選初戦もロスタイムに入ってから
久保がゴールして辛くも勝った試合でしたね。

もしかして、これらの試合は

TV局とジーコが仕組んだ壮大なやらせですか?

そうでもしなきゃ北朝鮮との試合でこんなに盛り上がるわけないだろ、
とつい勘ぐってしまいます。
私のように地元クラブを愛するが故に日本代表への感心が薄くなった人も多くなりましたし。

まぁ、北朝鮮が高い集中力で実力以上の力を発揮して、
一方の日本は去年通りのジーコサッカーをしただけの結果だとは思いますけど。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

ドイツW杯アジア最終予選北朝鮮戦

W杯アジア最終予選が始まった。大黒将志がJリーグ日本人得点王の意地を見せ、後半ロスタイムに決勝ゴール。北朝鮮を2-1で下し、何とか勝点3を獲得した。下馬評で3-0、4-0で日本圧勝の声もあったらしいが、W杯アジア最終予選で、そんなに楽勝になるとは思えない。案の定の

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。