スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想クロアチア 親善試合ボスニア・ヘルツェゴビナ×日本[TV観戦]

日本代表
03 /01 2006
欧州組最後のテストマッチ、ボスニアヘルツェゴビナ戦は仮想クロアチアにふさわしい戦いでしたね。

日本代表のスタメン、システムはこんな感じでしょう。
2006000063.jpg

前半は相手があまり前からこなかったので中田が自由にボールをもらって攻撃を組み立てる事が出来ていましたが、同点に追いつかれて以降は相手がボールを早めに当てて来た上にセカンドボールを拾われ、積極的にあがってくるサイドの選手にズタズタにやられましたね。
1失点目は加地と中澤がバルバレスと相手左サイドのワンツーで破られてPKを与えたものですし、2失点目は三都主が軽率なファールを犯して与えたFKからでした。

この後に福西、小笠原に代えて稲本、小野が投入されこの二人がボランチの位置に入って中田が一つ前へ出る形になりました。
しかし、ここから相手を更に勢いづかせてしまいましたね。
前から追いかける前線との距離が開いてしまった事もあるのですが、相手がスピードに乗り掛けた時に止める事がまるで出来ずCBの負担が尋常ではなくなってしまいました。
結果的に相手の決定力不足とCBの奮闘で失点を免れ、中村の機転と中田の絶妙な位置取りでまたも劇的な幕切れとなりました。

個々に目を向けていくと期待していた久保はあまり活躍できませんでしたね。
この試合では高原がポスト役になり、久保が裏へ回る役目をしていたのですが高原にボールを当てても収まらず、久保へのパスは通らずと機能していませんでした。
高原はこの試合で得点し、他にも惜しいシュートがありましたがポストでかなり失敗し、それほどボールを引き出す動きも多くなかったのであまり貢献度は高く無かったように思います。

ボールを保持して攻めるコンセプトなのですから久保にポストをさせた方がより良いと思いますし、その方が彼も調子が出てくると思います。
そしてその相棒には高原ではなく、もっと運動量と引き出しの多い柳沢や大黒が良いのではないでしょうか。

海外組みを押しのけてスタメンに入った小笠原もいい所無く終わってしまいましたね。早いプレッシャーに判断がついていきませんでした。この時期だから仕方ない面もあるかもしれませんが、これまでの試合でもそういった傾向が見られたので本番でも厳しいかもしれません。

守備に目を向けると、相変わらず決め事の無いチームですね。
本番までに間に合うと言えるだけの根拠は乏しいように感じます。

三都主の成長しなさ加減も……。
4年前から全くやっている事が変わりません。
同じミスをずっと繰り返している選手を起用するのは「信頼」ではなく、「偏愛」もしくは「盲目」といった言葉がふさわしいと思います。

収穫はボスニア・ヘルツェゴビナのモチベーションが高かったので、仮想クロアチアと言い切れる試合が出来た事ですね。
修正しなければならない点が改めてハッキリしましたから。
もっとも、目新しい課題ではないので本番までに修正されるかは分かりませんが(笑)

個々では中田の動きが意外に良かった事でしょうか。
中盤ならどこにでも適応するマルチぶり、クラブではなぜ発揮できないのが不思議なくらいです。
中村のパスの精度もため息が出ますね。

彼ら主力にけが人が出ない事をひたすら祈ります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。