スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦力分析&対戦妄想:ガンバ大阪

戦力分析&対戦妄想2006
03 /01 2006
戦力分析&対戦妄想最終回は昨季優勝クラブ、ガンバ大阪です。

昨季の即戦力補強はアラウージョと藤ヶ谷だけだったのでやる気があるのか懐疑的だったのですが、「大事な男」西野朗監督による、最初の10節までに多少成績が出なくても方向性を定めて引き離せる時に引き離せれば、というプラン通りに概ね事が進み優勝を勝ち取りました。
結果的に東京がアシストした形なので感謝しろと言いたいところですが、シーズン通して一番印象的な活躍をしたクラブは紛れもなくガンバ大阪だったので優勝は妥当だと思います。

昨季の基本布陣はこちら
2006000058.jpg

一昨年にブレイクした大黒に加えとフェルナンジーニョ、そして新加入のアラウージョが魅惑のトライアングルを結成。大黒の裏への動き、フェルナンジーニョのドリブル、そしてアラウージョの決定力、どれもが一級品でした。
その上1万ゴールを伏兵、前田(昨年加入)が奪う強運もありましたね。
ただ、終盤は中央~左に偏った攻撃を相手に見破られ、同数で守る強気のコンセプトもやや破綻気味で足踏みせざるを得ませんでした。

補強動向はこちら
2006000059.jpg

大黒とアラウージョの二枚看板に加え吉原、松波とFW陣がゴソッと抜けた上にこっそり渡辺まで放出。
一方で即戦力としてマグノアウベス、播戸、明神、手島そして加地を加えました。補強費は7億5千万。普段は手をつけない資金まで取り崩して踏み切ったそうです。「要求した選手はすべて揃えてもらった」西野監督にとってACLを含めた4冠はもはや義務と言えるのかも知れません。

XEROXを基にした今季の予想布陣はこちら
2006000060.jpg

前線のトリオだけで見ると今後どんなに噛み合っても昨季からのスケールダウンは避けられないと思いますが、加地の加入によって左右のバランスが取れて幅が広がりそうですね。加地は持って何か出来るタイプではありませんし、中に入ってきてもそれほど芸が無いので左で溜めて右を開け、スペースを走らせるというパターンが増えるのではないでしょうか。
ただし、マグノアウベスぐらいしか高さがないので中に入れるボールには工夫が必要です。
守備に関しては明神の使い方も鍵を握りそうですね。ボランチでは計算できますが、CBとしてはまだまだのようです。

明神のCBコンバートだけでなく、全体的に現時点での完成度は攻守において低いですね。すべてにおいて個で戦っていて組織立っていませんでした。播戸が投入されて裏を狙う動きが増えてからは時折去年と同じような攻撃パターンを見せる事ができていましたが。
今年も序盤は試行錯誤を繰り返し、試合を重ねて完成度を上げていくプランなのでしょうか。
しかしACLは序盤にあるので、テストしながらも結果が求められますね。西野監督の采配に注目です。

東京はガンバ大阪をどうすれば攻略できるでしょうか。
現時点では1対1での対応とカバーがしっかりできていればそれ程怖い相手ではありません。
第三の動きがあまり無いので、変な場所でボールを奪われさえしなければ警戒はあまり必要ありません。
ただ、成熟してワイドな攻撃を仕掛けられるようになってくると面倒なので、起点である遠藤は引き続き要注意です。

では、いかに点を取るか。
それはサイドをズタズタに切り裂く以外考えられないでしょう!!
既に加地よりずっと力量が上である事を東京サポーターに証明した徳永が全国に向かって証明する場でありますし、規郎はいともたやすく加地をぶっちぎるでしょう。
そのためにも中盤からトップがしっかりとタメを作ってCBの注意をひきつけたいです。一度中央に集めさせてしまえば振ったときに対応するだけの脚力に乏しいので。
何としてでもガンバの両サイドを蹂躙して得点につなげたいですね。

サイドアタックの真髄を見せつけてやりましょう!!


万博記念競技場情報
公式
「わかの観戦日記」さん
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。