骨格とのびしろ PSM ヴァンフォーレ甲府戦[生観戦] 第2部

FC東京観戦記2006
02 /28 2006
快勝したガーロ東京のお披露目試合を振り返りましょう!

スタメン、システムはこんな感じでしょうか。
2006000054.jpg

総じて順調に骨格が出来つつある手応えを感じられた試合でしたね。
前回の練習試合では、緩急の急に入るスイッチがまだ定まっていないと感じたのですが、だいぶ解消されていました。
サイドバックがオーバーラップするタイミング、FWが裏へ抜けるタイミングと出し手とが同じ画を描けている場面がだいぶ増えていたので。

守備の面でもだいぶバランスが改善されていましたが、まだどこで、どのタイミングで奪いに行くのかはハッキリしていないように見えました。

少し具体的に書いていこうと思います。
攻撃面では序盤ボールを受けたルーカスが前を向き、オーバーラップを仕掛けたSBへとボールが渡ってチャンスを演出しましたが、次第に甲府がマークを掴める様になると失速してしまいましたね。
その後は東京が左でタメて右に大きく展開し徳永を中心に突破を図るという攻撃がメインで時折ハーフからの縦パスやナナメ前方へのサイドチェンジからチャンスを作りました。
ボールを保持した時には丁寧に繋いで攻めようという意図は感じられるのですが、パスの距離が短くなってしまって相手が対応しやすくなり、手詰まりを起こす場面がまだまだ多かったと思います。

馬場が入って良くなったのは中央へ縦パスを良いタイミングで出せていた点です。
やはり彼は攻撃に違いを生み出せる選手ですね。PKに繋がったパスなどは彼ならではのプレーです。FW行って来い!という王様パスも目立ちましたがコンディションの問題と共にそれは改善するでしょう。
ただ、試合終盤になってもリスキーなパスを多発するのは、勝ちにこだわるサッカーではご法度です。PSMだから試したかったというだけならば問題はありませんが。

前半のポジションチェンジを繰り返しながら真ん中に注意を引きつけてサイドバックのオーバーラップを促す攻撃と後半の縦パス意識が上手い具合に絡み合っていけば相当面白いなと思いました。

最終ライン、特にCBがボールを持った時の組み立てには難が感じられましたね。
原因は彼らの技量もさる事ながら、ハーフの動きにも一端があるように思います。
その点で増嶋に向けられたブーイングは気の毒でした。
CBがボールを持った時、受けようと反応しているのが相手を背負ったボランチ一人では出しようがありません。もっとハーフの選手のどちらかがボールを引き出すような動きを工夫しなければこの試合で出たようなミスは無くならないと思います。

ハーフの動きがまだ消化されていないのは守備の時にも感じました。
特に前半、守備で苦戦したのは1ボランチであるにもかかわらず2人ボランチがいるかのような対応だったからだと思います。大きく振られたときに最終ラインの前で対応するのが逆サイド側にいたボランチ一人では間に合うはずもなく、突破を許す原因となってしまいました。
ただ、この点に関してはハーフタイムに指示があったのかだいぶ改善されていたと思います。

あとは後の人数が揃った時にチャレンジする守備が出来るようになってくるともっと良くなると思います。
もっと高い位置でボールを奪えるようになって欲しいですね。

馬場の他に目立った選手は徳永、梶山とルーカスです。
徳永は練習試合でその化け物ぶりを既に目撃していたのですが、やっぱり凄かったですよ。
ルーキーのくせに(?)判断にまるで迷いが見られず、頼もしい限りでした。足技があるのは分かっていましたが、あれだけ積極的に、しかも運動量豊富にやってくれるとは。
彼は6月のワールドカップを本気で目指しているのでアピールする為にコンディションを他の選手より上げているのかもしれませんね。
代表視点で観れば呼ぶ価値がある、むしろ呼ぶべき選手だと思いますが、東京視点では6月以降のパフォーマンスが気になるところではあります。

梶山は攻撃面で縦に斜め前方にと良いパスを出し、シュートも積極的に撃っていましたね。
また、去年は見られなかったサイドを突破する場面もありました。
今年は更なる活躍が期待できそうです。

ルーカスも縦横無尽の活躍を見せました。
馬場投入前はサイドに流れてドリブルからクロスを上げたり追い越す選手へのパスあり、投入後は真ん中から組み立てあり飛び出しありと90分間ずっと貢献していました。

徳永同様ルーキーながらスタメンに抜擢された伊野波はそれ程目立たない点が逆に凄いですね。新人なのにこんな早い段階で溶け込んでしまうとは。
よほど戦術理解度の高い選手なんだろうと思います。

増嶋選手は全体的によくやっていたと思うのですが、少し波がありましたね。
前半からしばらくは積極的に前へ出て潰そうという意識があって良かったと思います。パスカットからそのまま攻め上がり、阿部のシュートまで繋がったプレーにはドキドキしましたよ。強気に、前への意識を持った時の彼のプレーには輝きがありますね。
しかし、待ちの姿勢になってしまうと極端に良さが消えてしまいます。
才能がある事は改めて分かったので、精神的に切れず、周りを上手く動かして活躍できるDFに成長して欲しいと思います。

甲府はスペースのあった前半は杉山選手の果敢なオーバーラップを中心に右サイドを攻め立てましたね。
ただ、サイドは破るもののそこから先の精度や中の動きに工夫を欠き、シュートになかなか繋がらない様は去年までのどこかのチームのようでした(苦笑)
また、そのスペースを上手く埋められた後半は、中央から脅威を与えられる選手がいないためにやや攻め手を欠いていた印象があります。
調整段階のクラブが多く相手研究の浅い前半戦にどれだけ貯金が出来るかが明暗を分けそうですね。

最後に心配が一つ。
この試合ではピッチ状態が非常に悪かったですね。
シーズンが始まるのはこれからですし、緑も試合数が多いのでますます状況は悪くなると思います。これでは純粋にサッカーできる環境ではありませんし、怪我人が出る恐れもあります。
味の素スタジアムの関係者には頑張ってなんとかして欲しいですね。

ガーロ監督のサッカーの哲学は更に浸透していると感じましたし、奥深いサッカーを楽しめそうです。
ただしその分完成には時間がかかるでしょう。もしかしたら暫くはイライラする内容だったり結果が出なかったりするかもしれません。
それでも焦らずに東京が腰を据えてしっかりと上へ登れるよう、応援していきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

味スタはラグビーの試合が数多く組まれていたらしく、
その影響もあって、あのヒドい状態になっていたみたい。
来年は芝への配慮のために、
ラグビーの日程についても再考してもらいたいね。

徳永はホントに別格だね。
バックラインのパス回しで一番落ち着いて見ていられたのは、
新人である徳永だった。
彼と梶山が織り成す右サイドの攻撃は、
今年の東京の大きな武器になるだろうね。

>たかぴー
そっか!ラグビーかぁ。
味スタも運営しなければいけないから仕方ないかな。
東京の試合だけで採算取れる日が早く来るといいね!

そうそう、バックラインがボールを持った時に一番安心して見ていられたのは徳永だったね。
ミスも無かった訳じゃないけど(笑)
あの迷いの無いオーバーラップと強気の仕掛けは武器になるとおれも思う。
梶山とも呼吸が合っているようだし、楽しみだね!

いぎーた

FC東京が気になる人.