スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常と非日常とFC東京 PSM甲府戦[生観戦] 第1部

FC東京観戦記2006
02 /27 2006
ようやくガーロ東京のお披露目試合の日がやってきました。
そろそろ本格的に頭を過去から未来へと切り替えなければいけません。

そこで、区切りをつける意味も込めて府中で開催されていた写真展へと行ってきました。
去年のカッコイイ写真(宮沢、今野、原さんの写真が特に良かったです)で過去を振り返り、新しい2ndユニで未来への想いを馳せます。
200602260005s.jpg

正直言うとあまり好みのデザインではないので、来年変わるであろう1stユニのデザインコンセプトは全く変えて欲しいです(苦笑)

PSMのポスターもありました。
200602260001s.jpg

凝ったデザインですね。
両選手とも外国人ですが、侍魂を持っているように思えるから不思議です。

他には石川フィギュアが飾られたりしていました。
200602260004s.jpg

何故かボールは2002年仕様です。

外へ出ると、寒波の大バーゲンといった感じで冬が力を振り絞って冷気を出していました。
「高尾山の冬そばキャンペーン」へと出向くには好都合な気候です。

電車に揺られ、高尾山口駅へ。
200602260006s.jpg

トコトコと少し歩いて高尾山道へ向かいました。
200602260008s.jpg

ここにたくさんのおそばやさんが軒を連ねているのです。
お腹も減っていたのですぐに食べても良かったのですが、ここで魔が差してしまいました。
せっかく来たのだから登っておかないと、と。

とはいえ徒歩で登れる靴ではなく時間も無いので、ケーブルカーに乗り込みむ事にしました。

ケーブルカーは雨でも快調にグングンと登っていきました。
200602260010s.jpg

無事到着。ありがとう、ジェフカラーのケーブルカー。
青と赤に模様替えすればもっと観光客が増えると思うよ(笑)
200602260014s.jpg

早速、展望台からの壮大な眺めを堪能します。
200602260016s.jpg

200602260017s.jpg

200602260018s.jpg

200602260019s.jpg

空気が澄んでて美味しいなぁ(笑)
こんな天気ですから何も見える訳ないんですよね。
でも、これはこれでいい景色だと思いました。

帰りもケーブルカーではつまらないと思い、リフトで降りる事に。
酔狂な客のためにおじさん達が急いで準備してくれました。
200602260021s.jpg

出発!
200602260022s.jpg

高い所は得意じゃないので結構スリルを味わいましたが、その分景色も良いです。
200602260030s.jpg

紅葉の季節に来たら最高でしょうね。

結局、おれのために動かされたリフトは誰一人ともすれ違う事なく終着点へ。
このリフト、景色だけでなくドキドキと密着を味わえるのでカップルにはオススメですよ。雨の日なんか誰も乗ってないから尚更………て何する気だよ(笑)

ひとしきり高尾山の魅力を味わったおれは本来の目的である「冬そば」を食べに。
今回選んだお店は「高橋家」です。
200602260037s.jpg

登山客に精をつけてもらおうと始まった高尾山名物「とろろそば」を注文しました。
200602260038s.jpg

とろろを混ぜてかぶせ、冷え切った身体にアツアツのソバをかけ込みます。
いやーっ美味い!!
上品な甘味のつゆにツルッとしたそばが心地良く喉を通ります。
極楽極楽。

ここまで来た甲斐があったなぁ。
でも、まだまだお腹に入るし、美味そうな店が沢山ある。
時間はどうかな………


ギャー!!!!


大遅刻決定!!!!


どこかで時間を計算間違いをしていたようです……。
すぐに仲間に連絡し、詫びを入れて急いで飛田給へ。

急ぎながらも、共進倉庫の写真はしっかり撮る(苦笑)
200602260039s.jpg

何とか試合には間に合いそうなのでグッズを買い込んでから中へ。
丁度選手達が入場してきました。
200602260042s.jpg

前半はお互いに右サイド中心の攻防。
攻守共にまだチグハグな面を残す東京に対し、大木監督の目指すサッカーがすっかり浸透している甲府がやや押し気味で試合は進みましたが得点は生まれず、0-0で折り返しました。

後半に入ってすぐに攻め込まれた東京でしたが、逆にカウンターからササが先制点を奪います。
この後ササ、宮沢、規郎が馬場、今野、金沢に代わり、ルーカス&阿部の2TOPに馬場のトップ下という形になってそれまでに無かった中央から縦へのパスが生まれ、流れが良くなり始めました。
結果的に甲府に一時同点とされるも突き放し、2-1で東京が勝ちました。

シーズン前のお披露目試合で勝ったのはいつ以来なのでしょうか?
ここ最近は「今日はすいませんでした!」が恒例でしたし(笑)
詳しくは第二部で書きますが、収穫も課題もたくさん見つかった意義のある試合だったと思います。

試合終了後はおなじみ&久しぶりな仲間達と共に吉祥寺へ。
またも冷え切ってしまった身体を温めるべくラーメンを食べるのです。
今回のお店は「春木屋」
200602260050s.jpg

おすすめと書いてあった「ワンタンめん」を注文しました。
200602260051s.jpg

これがまたまた美味い!!
特に大きな特徴がある訳ではないオーソドックスな中華そばなのですが、麺、わんたん、チャーシュー何から何まで丁寧にスッキリとした味わいで作られているのです。
中でも決め手はスープですね。味に透明感を残しながらもしっかりとコクがあるんです。入り口はサラッとしながらジワッとコクが滲み出て来てスッと引く感覚です。
クセが全く無いので食べても食べてもまた食べたいという欲求が沸いてきてしまうのですぐに食べ切ってしまいました。
普通の中華そばも突き詰めればココまで美味くなるんだ、といういい見本ですね。

気を良くした一行は次なる店へ。
紆余曲折を経て辿りついたお店は井の頭公園前にある「喫茶カルディ」
200602260052s.jpg

店構え通り、割と昔からやっているお店のようです。

「ノスタルジックな味」という宣伝文句に説得力を感じたので「焼きサンド」を頼みました。
200602260054s.jpg

出来上がったのがこちら。非常に良い色具合です。
200602260055s.jpg

中身はこんな感じ。
200602260056s.jpg

何の変哲も無いホットサンドのはずなのですが、どういう訳かやたら美味く感じるのは自家製だからでしょうか。
これもまた余計な装飾が無く嫌味の無い味で好みでした。
それに、この店は居心地もとても良かったです。
少しばかり歴史を感じる茶色を基調とした落ち着いていながらも気取らない店内を暖色の照明が優しく包んでいる、そんな場所なのでついつい長居してしまいました。

吉祥寺は雑貨や惣菜に個性的な店、有名な店が多い街だと思います。
そして今回行った2店には、気取らずに普通のものを丁寧に作るという共通点があったように思います。
この街を愛する人々は特別なものよりも、日常のもの、手に届くものに目を向け愛する人々なのかもしれません。
いつかこの景色にFC東京が日常として当たり前のように溶け込み、愛される日が来る事を願います。
200602260057s.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

日曜日はお疲れ様でした。
半ばアクシデント的に辿りついたカルディがヒットして良かったです。

高尾山って私、東京に長らく住んでいますが
一度も行ったことがないんですよね。。。
ジェフカラー(まさに・・・笑)のケーブルカーもリフトも乗ってみたいです。

>ymackyさん
お疲れさまでした~。
カルディはただ近くにあっただけでしたが、良い店でしたね!
昔に比べてある程度美味しい喫茶店は増えていると思いますが、居心地の良い店はなかなか見つからなくなりましたよね。
あの雰囲気はこれからも残して欲しいですよ。

東京から近いですし、高さもそれなりなので山と親しむのに高尾山は手頃だと思いますよ。
登る前、もしくは後に食べるとろろソバは絶品ですし。
たくさん店がありますが、迷ったら「高橋家」にしておけば間違いないと思います。
お値段が若干高目ですけど(苦笑)

トラックバック

面白いぞ! ガーロ東京

スタジアムには行かれませんでした今日のPSM甲府戦MXの中継を録画して夜チェックいいじゃないですか!新しい東京のスタイル賛否両論あると思いますが私的には アリです!ちょっとワクワクします完成型は遠そうですが期待感を抱かせるサッカーじゃない....

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。