スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2クラブ観察:サガン鳥栖

J2クラブ観察2006
02 /03 2006
J2クラブ観察、今回は経営難から奇跡の復活、サガン鳥栖です。

2004年、旧運営会社「㈱サガン鳥栖」は累積債務の増大で経営難に陥り、鈴木チェアマンが「このままでは会社はつぶれる。その前に退会処分もあり得る」と発言、100%減資という条件でJリーグの関連会社「Jリーグフォト㈱」が暫定的に出資するという案をまとめましたが期限までに株主の一部の同意を取り付ける事が出来ず、Jリーグフォトの出資も白紙撤回になってしまいました。
その後、鈴木チェアマンは「知事や市長らの支援がなければ存続は難しい」と自治体の協力を求め、県が人材派遣会社「クリークアンドリバース」の井川幸広社長と交渉、井川社長は自身が筆頭株主の「㈱サガンドリームス」を設立し、2005年1月に2400万円で「㈱サガン鳥栖」から営業権の譲渡を受け、鳥栖は新運営会社のもとで新たな一歩を踏み出しました。

経営を立て直すにはお客さんに来てもらうところから始めなければなりません。
そこで新運営会社「サガンドリームス」の活動は集客への取り組みから始まりました。
そして佐賀県知事が会長を勤める「プロサッカー振興協議会」がホームタウン推進の目的で作られ、クラブと協力してホームゲームへの無料招待を実施しました。まずは鳥栖を応援したいと思ってもらう→チケットを買ってもらう→勝っても負けても来る「固定票」のサポーターになってもらうのが目標です。
その結果、入場者の約3割は無料招待券の利用者となりましたが、入場者は一昨年の3,610人から7,855人と倍以上に。
クラブと行政が同じベクトルに進む姿は今までになかったものでしょうし、選手たちも安心して試合に集中できたのでしょう。成績も11位から8位へと上昇し、見事な仕切りなおしとなりました。

それでも手綱を緩めるわけにはいきません。
チームとフロントは、来季のJ1昇格への短期戦略についてだけでなく、佐賀・筑後地区のサッカー文化の定着や下部組織の技術向上、クラブ経営、地域活性への貢献など多くの面で50時間超も激論を交わしました。松本監督も「有意義なミーティングになった。お互い納得いくまで徹底的に向き合える関係を築けたサガン鳥栖は、現場とフロントが一体となり将来強くなると実感している」と手応えを感じたようです。
3年目でJ1に上がって、10年のところでJ1の優勝争いに加わるというプランを立て、今年を「J1昇格元年」と位置づけ、エンブレムを新しくし、「Passport to J1」と銘打って1万人の年間パス購入者を募っています。
また、10年後は2005年予算の4倍以上である15億円の収入を目指し、スポンサー営業にも力を注いでいるようです。今年こそは胸スポンサーが付くといいですね。
面白い試みは「サガントス“絆”プロジェクト」です。『サガントス ドッグタグ』のタグシールの裏側のシリアルナンバーがメールアドレスになっていて、専用のHPにアクセスすると、現在だけでなく過去に在籍した選手たちにもシリアル・メールボックスが用意されていて、いつでも選手にメールを出すことができるようになっている仕組みです。
選手たちを身近に感じさせるための発想ですね。お互いメール中毒にならないといいのですが(笑)

さて、サガン鳥栖はどういった戦いをするのでしょうか。
井川社長は「上位チームに強く、下位チームに優しいサガン鳥栖」と言っています。どこかのクラブに似ている気がしますね。
実際、去年は京都に3勝した一方で草津相手に2勝2分の五分、水戸には1勝3敗と分が悪く、徳島にも3分1敗という徹底ぶりには驚きます(笑)

松本育夫監督が、私にとってもチームにとっても勝負の一年、命を捧げる覚悟で取り組んでいく、と意気込む今年もジャンプアップを果たせるでしょうか。
注目選手はもちろんFC東京から移籍した小林成光選手でしょう。FC東京で出場のチャンスを失っていたとき、内藤コーチから誘いを受け、「今、挑戦しないと…」と移籍を決意したそうで、「実力を認めてもらえるように必死にやるだけ。試合に出て結果を残す事を目指していく。」と気合充分です。
彼のドリブルで鳥栖スタジアムのサポーターを熱くさせてほしいですね。

ウィントス君も無事契約更新し、今年も応援してくれます。

そして、日本のマスコット文化の集大成とも言うべきとっとちゃんにも期待です!

おすすめサイト
日々の情報はこちら「佐賀新聞 Ole!サガン鳥栖
臨場感抜群の写真が豊富で観た気になれる「Sagan Dining」さん
経営にかかわる情報にも敏感 「喜鵲派」さん
ほのぼのとした観戦記で写真もたくさん 「それいけサガン鳥っ栖~」さん

鳥栖スタジアム
アクセス 「サッカーを観よう☆」さん
素晴らしい眺め「from Backstand」さん

参考
(株)サガンドリームス代表取締役社長 井川幸広氏インタビュー (Sports Navi)
松本育夫監督 インタビュー (Sports Navi)
古川康 佐賀県知事インタビュー(Sports Navi)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。