スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2クラブ観察:湘南ベルマーレ

J2クラブ観察2006
02 /02 2006
J2クラブ観察、今回はあの中田英寿選手がかつて(平塚時代に)所属していた湘南ベルマーレです。

湘南ベルマーレの特色は対外活動にあると思います。
その一つが総合スポーツクラブである湘南ベルマーレスポーツクラブ
サッカーはもちろん、シドニー五輪メダリストである安藤美佐子選手が所属するソフトボール、あの川合俊一氏が設立代表であるビーチバレー、そしてトライアスロン、と総合の名に恥じない多彩ぶりです。
そしてもう一つは被災地支援活動組織peace winds japanとの提携です。
湘南ベルマーレはサポーターや市民から寄付されたボールを被災地などに03年から毎年5月に贈り続けていて、昨年12月にアチェでボールが贈られた事を記念してサッカー大会が開催された際には加藤望選手と元FC東京の小林弘記選手がオフ返上で参加しました。参加した彼らは「厳しい状況の中でもたくましさを感じられました」(加藤選手)「勇気を与えたいと思ってきたけれど、逆に元気をもらった」(小林選手)と得がたい経験をしました。
この二つに代表される地域への貢献、そして世界に向けて貢献する活動が湘南の特長だと思います。

もちろん、柱であるべきサッカーも疎かにはしていません。
公式サイトでは横浜FCとの神奈川ダービーを盛り上げるべく、このようなコーナーを作って試合前後に湘南だけでなく横浜FCの選手のコメントも載せています。その甲斐もあって第30節の神奈川ダービーでは14,203人の大入りを記録しました。

しかし、平均は5,746人とJ2平均である7,482をも下回り、苦戦していると言っていいでしょう。
ブログを見回ってもサポーターのテンションは高くなく、惰性でスタジアムへ行っていると告白するblogを複数見受けたました。サポーターがクラブに対し閉塞感を持っていたのは間違いないと思います。

そこで、クラブは11月26日にクラブカンファレンスを催しました。
公式の記録は見つけられなかったのですが、べるのびさんが3部に渡って議事録を公開されていたのでリンクさせていただきます→1,2,3
また、このクラブカンファレンスに対する湘南サポーターの意見の一つとして「クラージュせたがや」さんを紹介させていただきます。

今年の湘南はどう進化していくのでしょうか。
上田栄治監督は「今シーズンの目標はJ1への昇格争いからJ1をつかむこと。そのために戦える選手、スタッフを揃えた。特にフィジカルコーチの加入は大きい」と語っています。自身の反省を踏まえ、今年こそしっかりとサッカーを確立し、J1昇格へと歩みを進めて欲しいと思います。
その為にも、FC東京から移籍した尾亦弘友希選手には頑張ってほしいところ。
上田監督も「サイドは攻撃の起点になるから期待」していて、今のところレギュラー組の左SBとして起用されているようです。このままレギュラーを掴み、J1の舞台で会いたいですね!(その前に11日に小平の練習試合で会えるかな?)

湘南を応援するのはもちろんキングベル君ですが、実は他に強力なサポーターも存在するのをご存知ですか!?
そんじょそこらのマスコットはもちろん、隣の美女も霞むほどの圧倒的な存在感を示すマスコット!

それがウィンディ君ファミリーです!!

平塚競輪サンクスデーを増やせばJ1昇格が近づくのは間違いありません。

オススメサイト
冷静で厳しいながらもベルマーレへの愛が伝わってくる「べるのび」さん
コラムが充実「Setagaya Taro's Website」さん
上記「STweb」さんの別館「クラージュせたがや ~Courage Setagaya~

平塚競技場へのアクセス
暴れん坊湘南」さん
サッカーを観よう☆」さんさん
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。