スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC東京始動[生見学]&bjリーグ 東京アパッチ×大分[生観戦]

FC東京
01 /23 2006
FC東京の始動日と知り、急遽行く事に。
空は青々と晴れていたものの、小平練習場にはまだ前日の雪がたんまり残っていました。
200601220001s.jpg

まだまっさらな雪をモコモコと踏みしめて人が集まっている奥の練習場へ。
予定時刻をだいぶ過ぎてコーチ陣登場。
200601220002s.jpg

うわ!!

フィジコがイケメン過ぎる!!!!!
200601220002ss.jpg

間違いなくJリーグNo.1(イケメン)フィジコですね。
彼目当てに小平へ来るご婦人が来るのは時間の問題でしょう。
憂太、今ちゃん、マロンのトライアングルにヒビが入らないか心配です、、、、て何の話してるんでしょうね。

続いてルーカス&ジャーン登場。
200601220003s.jpg

あの屈託の無いルーカスマイルをまた見る事が出来て一安心しました。

全員揃ったところで、
200601220005s.jpg

200601220006s.jpg

ガーロ新監督からサポーターへのご挨拶。
200601220007s.jpg

「声援が力になる。よろしくお願いします。」といった内容の挨拶をしてくれました。
まだ硬く、原監督ほどの話術は期待できませんがそのうち慣れてくるでしょう。
シーズンが始まったら熱いメッセージが聴けるのではないでしょうか。

ここでタイムアップ、正味10分弱しかいられませんでしたが望んでいた姿は観る事が出来たので満足し、急いで友との待ち合わせ場所である原宿へ。
集まると、まずは東郷神社へお参りに行きました。
200601220012s.jpg

200601220013s.jpg

200601220014s.jpg

200601220016s.jpg

雪がやんだ後だからか、場所柄か、空気がとても澄んでいました。

厳かな気分に浸った後はお腹が空いたので表参道方面へ。
今回のお店は「希須林 青山」です。
200601220017s.jpg

入り口の写真からはあまり伝わらないかと思いますが、とても雰囲気の良いお店です。
丁寧な接客に導かれ、席に着いて坦々麺セットを注文しました。
白いのはお粥です。
200601220018s.jpg

これが坦々麺(辛さ5段階の3)です。
200601220019s.jpg

シロゴマ?のマイルドなスープをベースに程よい辛味と酸味があるので味に広がりがありながらも深みがありました。
また、麺と共に食べる野菜はシャキシャキと心地よい食感が楽して実に美味しい!!
このバランスは他店ではマネ出来ません。ただの坦々麺ではなく、希須林の坦々麺が食べたい、そう言わせる味でしょう。調べて行った甲斐がありました。皆様にもオススメしますが、一見では場所が分からないので事前に調べてから行ってくださいね。

すっかり満足した一行は渋谷へ。
200601200001s.jpg

ある物を買いに来たのですが残念ながら売り切れでした。

やや気落ちしながら次に向かったのは有明コロシアム。
05年に幕を開けたばかりのbjリーグを一度観てみたかったのです。
国際展示場駅から有明コロシアム駅は近いのですが、道中ではbjリーグが行われるという雰囲気を全く感じられませんでした。
200601220020s.jpg

直前でようやくそれらしき雰囲気が。
200601220021s.jpg

場内は試合開始直前にも関わらずガラガラでした。大丈夫でしょうか。
200601220022s.jpg

対戦カードは東京アパッチ×大分ヒートデビルズ
白が大分ヒートデビルズ、そして東京アパッチです。はマズイから混ぜちゃえ、て事でしょうか。そんな訳ありませんけど。
200601220027s.jpg

200601220035s.jpg

試合は素人目にもあまりレベルは高くないものの、それでも時折プロならではの技を楽しめますし、何より皆気合が入っているので白熱しました。
組織プレーオンリーの大分デビルズに比べると、東京アパッチは個人技と組織が組み合わさっていて試合を優勢に進めました。
目立っていたのはタイミングの取り方などが絶妙な11青木康平選手と迫力満点の30ウィリアム・ピッペン選手です。ピッペン選手はあのピッペン(と言っても名前しか知りませんがw)の甥だそうです。

試合は終盤になると東京アパッチの100点ゲームに。
200601220041s.jpg

最終的に東京アパッチが107対93で圧勝しました。
200601220043s.jpg

この試合を通して感じたのはbjリーグの素晴らしいポテンシャルです。
展開が早いので観ていて飽きませんでしたし、選手達には一番必要な気持ちがありました。
プロとして観るに耐えうる最低限の技術もあったと思います。(大分ヒートデビルズはややイージーなミスが多かったのですが)
また、クオーターやタイムの合間にチアガールのショーを魅せる工夫もされていました。
200601220029s.jpg

200601220030s.jpg

彼女達からもショータイムだけでなく、試合が行われている間、会場に散らばって応援を盛り上げるなど成功させたい、という意欲を感じました。
bjリーグはこの有明コロシアムを埋めるだけのポテンシャルを充分に秘めている、そう感じました。

しかし、今のままでは集客はあまり伸びないのではないかとも思います。
何故なら営業が下手だからです。
お客さんで多かったのは小さいお子さんを連れた親子です。これはこの日子供を無料で入場させた影響もあったでしょう。
しかし、それにしても若者が少なかった。
本来、応援を支えるべき層が僅かだったのです。

その原因は大きく2つ考えられます。
NBAを全く観た事の無い者の発言なので的外れかもしれませんが書かせていただきます。

1つは値段設定。
自由席1800円という席は明らかに高いと思います。
今現在のbjリーグの認知度は間違いなく低いのですから、1000円ぐらいでまずは間口を広める必要があるでしょう。正直、バスケットをやっている若者の多くは1800円も払いたがらないと思います。

もう一つは試合運営です。
本来、試合は選手と観客が主役であり、運営はあくまで脇役に回るべきです。
しかし、実際には試合中HipHopを垂れ流し、更にはDJが始終叫びまわっていて盛んに観客を煽ろうとするのですが、これが萎えます。
応援やブーイングはやりたいからやるものであって運営側に施されるとかえって「やらされ」感が出てきて萎えてしまいます。
にも関わらず、「はいみなさん! ごーあぱーっっち!!」「せーの!! でぃーふぇんす!でぃーふぇんす!」等と言われ続けると会場の熱気を奪うばかりかストレスがたまって仕方がありません。
死ぬほど使い難い公式HPのトップページも含め、運営側は自分達の「勘違い」に気付かないと手遅れになるかと思います。
せっかく無料で楽しんだ子供達がお金を払えるようになる前に無くなっては何の意味もありません。

bjリーグは地元の人々を引き寄せられるだけの魅力が既に充分あります。
それを引き出せるかどうかは営業に全てかかっていると思います。

bjリーグがどんなものなのかを知る事ができたおれ達は買えなかった物の代替品を探しにお台場へ。

ここやら
200601220045s.jpg

ここを
200601220050s.jpg

行ったり来たりしながらようやく見つけると来た時はこんなだった風景が
200601220044s.jpg

こんな感じに。
200601220048s.jpg

無駄にロマンチックな景色に囲まれながら、おれ達はいつまでも自嘲気味にうすら笑いを浮かべていました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

小平行ったんですね!!

いいな~。少しでもみれてうらやまですぅ~!!あ~ルーカスマイル。。やっぱ落ちつくね!!今年も頑張ってちょ!!

表参道はよく行くんですが、(って勤務地が青山なんですけどね。。)あの、店見たことあるような無いような・・。

いよいよチーム練習が始まったね!
ルーカスも戻ってきてくれて嬉しいよ。
去年はルーカスとササのコンビがうまく機能しなかったけど、
今年はガーロ監督にこの二人の2TOPも試して欲しいなと思います。

お台場はニアミスだったね。
たしかにオレもこの写真と同じ景色を同じ時間帯に堪能してたよ(笑)

そういえば「希須林 青山」の店の入り口は青赤だね。
なんか親近感が湧いちゃった(笑)

僕も観戦しました

bj関連の話題を僕も記していましたので、TBさせてもらいました。
あのDJは困ったちゃんですね(笑)。

>シャチ☆さん
短い時間でしたけど、ルーカスの笑顔も見れて良かったです。
笑顔はいつも通りでしたけど、期するものはあるはずです。試合中は鬼の形相になるかもしれませんよ(笑)
小澤選手とか赤嶺選手もウキウキワクワクしているような感じでした。

青山で勤務されてるんですか!
アンデルセンの脇の小道に入ったところにあるビルの2Fにあるお店なのですが、思い当たりますか?
とても美味しいのにランチの値段も高くないのでオススメです。どちらかというと女性の方が入りやすい雰囲気のお店です。


>たかぴー
いよいよ2006年のFC東京が幕を開けたね!
ここから徐々にガーロ東京のベールがはがれていく。ドキドキするよね。
ルーカス&ササの2TOPも当然考えているはず。機能したら破壊力あるコンビになるね!

あの時間のお台場の景色はきれいだよね。おれ達には無用だったんだけど(苦笑)

「希須林 青山」はカップル向きだから青山デートの際はご一考を(笑)


>コールさん
TBありがとうございます。
あのDJはちょっとやかましかったですね(苦笑)
ただ、心から盛り上げたい、東京アパッチをサポートしたいという熱い気持ちは伝わってきたのでマイクを置いて運営側から観客席に移動するだけで評価は一変するんですけどね。
bjリーグ自体は面白いので試行錯誤を繰り返しながらも存続、発展して欲しいと思います。

トラックバック

bjリーグ 1月20日~22日の試合

bjリーグ 1月20日~22日の試合 1月20日の試合結果 ===大阪エヴェッサ 92-73 埼玉ブロンコス(観客:2022人)===1月21日の試合結果 ===大阪エヴェッサ 85-60 埼玉ブロンコス(観客:2352人

bjリーグ観戦

このエントリーで記したbjリーグを初観戦してまいりました。東京は今日1日、ずっと雪が降り続き、家を出た時点から視界が良くない状況だったのですが、それは今日の観戦を暗示していたのかもしれません。ちなみに対戦カードは東京アパッチ‐大分ヒートデビルズ。会場は有明

今週末のbjリーグ(1月20日~22日)結果と観戦レポート書かれてる方のblogへのリンク

1月21日の大阪vs埼玉戦のゲストがお笑いコンビの「中川家」ってのには驚いた…。結構大物出てくれるなぁ。 1月20日(金) 19時30分試合開始 守口市民体育館 ○大阪エヴェッサ 92 vs 73 埼玉ブロンコス● <ゲスト>りあるキッズ 1月21日(土) 15時00分試合開始 守口

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。