スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消化不良 第54回 全日本大学サッカー選手権 準決勝 駒澤×関西[生観戦]

FC東京
01 /09 2006
赤嶺選手のいる駒澤を観に西が丘へ。
その前に腹ごしらえをしようと池袋で途中下車しました。
選んだのは平和通り沿いにある「永利」というお店。
今回はラーメンではなく中国家庭料理です。
店の前に自転車を2台並べて置いているのは演出でしょうか(笑)
200601080001s.jpg

メニューが非常にたくさんあるのでどれにしようかと迷いましたが、お店のオススメである五目野菜炒めの玉子かけを注文しました。
やわらかな色の玉子から五目野菜がチラリとのぞき、食欲をそそりました。
200601080002s.jpg

お味は……

非常好吃!!!(めっちゃウマイ)

シャキシャキした歯応えの五目野菜が色同様にやわらかい味の玉子に包まれる絶妙のバランス感覚。
素材の旨みを活かして過度な味付けが無く、飽きがこないので最初に食べた時の感動が薄れないまま食べきれちゃいました。
衝撃的な美味さで他の中華料理店を圧倒してますね。メニューが豊富なので今度は別の味を楽しみたいと思いました。
皆さんにも自信を持ってオススメします!中華街に行く必要などありません!!
少し気をつけなくてはいけないのはボリュームです。
写真でどれだけ伝わっているか分かりませんが、このお皿は中~大皿で写っているスプーンは食事用というより取り分け用のスプーンなんですよ。
この日は他に小龍包(これも肉汁がジュルッと出て美味!)と白飯を注文しただけなのですが、かなり満腹になりました。
色々な料理を楽しみたいならやはり大人数で行くのが良さそうです。特に中華料理は大人数の方が楽しめる料理ですしね。

満たされたお腹と心を筋肉痛の足でヨタヨタと運びながら電車とバスに乗り込んで再び西が丘を目指しました。
西が丘の空はカンと晴れ上がっていました。
左が駒澤大学で右が関西大学です。
200601080005s.jpg

前日の国立よりも風が穏やかで日差しも強かったのでいくぶん過ごしやすかったのですが、それでもすごく寒かったです。
両チームとも1stカラーが赤なので関西が白い2ndユニを着て試合開始。
200601080010s.jpg

間近で観れた事もありますが、ガチガチと当った時にはかなりの迫力がありました、というより、駒澤の選手には迫力があったと書いた方が正確ですね。
駒澤の原選手などは2,3人に引っ張られようが踏ん張って前に進むのに対し、関西学院は簡単に倒れすぎです。
それをことごとく取ってしまう審判も酷かったですね。
連携や戦術に関しては両チーム共、特に目を見張るようなものはありませんでした。
試合は1-0で駒澤が勝って決勝進出です。

目立った選手は駒澤のGK牧野選手。
安定している上に好セーブ連発で勝利の立役者になりました。
ハイボールの処理、相手のラストパス、1対1への対応どれも見事でした。
いつもこれぐらい出来ればプロも充分可能だと思うのですが、近くにいたお客さん曰くそうではないそうです(苦笑)
関西は左SBだった31番(名前は調べ忘れ※追記 大屋翼選手サンフレッチェユース出身でまだ1年生だそうです)が目立っていました。
前線に良いクサビを入れてはオーバーラップし、ボールを持てば積極果敢に仕掛けていて良かったです。
倒れこまなければ更にいい選手になると思います。

注目の赤嶺選手は競り合いでの強さと積極的な声出しがありました。
ポストプレーの成功率は半々といったところでしょうか。
突破は得意ではないようなのでピンポイントのパスが欲しかったのですがあまり来なかったのでシュートの場面は少なかったです。
全体的に良いプレーが少なかったのでJリーグで活躍するにはかなりのレベルアップが必要だと思いました。
200601080019s.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おろ!?いぎーたさんも観戦に行ってたの?
俺もちょうど対面あたりで観てたよ~、赤嶺選手目当てで。
戦術と言ってしまえばそれまでだけど、これでもかというくらい一辺倒に赤嶺目掛けてロングボールを当てていた駒澤の攻撃。
その割には、そこまで彼のポストプレーが確固たる強さを発揮していた印象はありません。ロングボールの精度もあるけれど。
裏に走りこむ原選手に頭でそらしている時はチャンスになってましたが・・・。
あれが赤嶺選手の全てではないと思いますが、クリエイトするタイプではなく、ターゲットを主とした使われる側のプレーヤーだと思うので、仰る通り相当レベルアップしないと、ね。
欲を言えばもっとバイタルエリアで足元にボールが入った時のプレーを観たかったんだけど、あくまで駒澤が優勝する為の戦術だろうから、赤嶺目当ての俺が、戦い方にはあれこれ言えないか(笑)

対面にいたんだ!?
写真に写ってるねきっと(笑)
赤嶺選手は調子が悪かったのかもしれないけれど、もう少し図抜けた活躍をして欲しかった。
これからは周りのレベルが段違いに上がるからね。
ユースを昇格させず、大卒選手をわざわざ獲るのだからイイモノは絶対持っているはず。
Jで本領発揮してくれるよう応援するしかないね!

それにしても、大学サッカーはあんなんでいいのかな……。
ボールを持って何かを出来る選手が数えるほどしかいなかった。
高校サッカーのレベルが高かったからガクンときたよ。

トラックバック

ドラゴン(龍)VSバスケット(籠)

小龍包?小篭包?さてどちらが本物?!シャオロンパオ!肉汁がジュワ~っと。。。美味いんだなコレが。僕は食いしん坊だが味音痴!まあ威張るこもないのだが。。(貧乏人の僕はその方が幸せかもしれない?!)。でもシャオロンパオの優劣はわかる。鼎泰豊のような

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。