スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒気祭とアモローゾ加入考察 クラブ世界選手権 準決勝 アルイテハド×サンパウロFC[生観戦]

FC東京
12 /15 2005
どうも近場でクラブ世界選手権をやっているらしい。
しかも、大量にチケットが余っていると聞いて、新宿のチケットショップへと赴いた。

なるほど、確かに仰々しい名前の割に売れ行きは芳しくないようだった。
店には試合当日にも関わらず大量のチケットが展示されており、カテゴリー2のチケットを1980円とJ2以下の価格で難なく手に入れることが出来た。
200512140001s.jpg

都心とはいえ、この時期の夜は冷える。
時間が無かったので立ち食いソバで腹を温め、国立競技場へと向かった。
200512140002s.jpg

道中はパチモノのユニ屋があるぐらいで、とても世界一を決める雰囲気大会の雰囲気は感じられない。
暗闇の中にひっそりと看板が立っていたのをどれだけの人が気付いただろうか。
200512140005s.jpg

国立競技場の中も当然空席が目立つ。
そんな中相対するサポーターがかなり近くに陣取っている事に驚いた。
200512140008s.jpg

左側の黄色い集団がアルイテハドサポーター、右側の白い集団がサンパウロサポーター。

彼らにとってこの大会は“お祭り”という位置付けなのだろうね。
本気で挑むのであればこれだけ近いと必要以上に殺伐とした雰囲気になっただろうから。
それにしても、メインに陣取るとは。オイルマネー恐るべし。

さて、肝心の試合だけれど寒いせいか前半は両クラブとも試運転という印象。
アモローゾの絶妙なポジション取りと、カロンのスピードでお互いに1点ずつ入ったがパスミスの目立つ内容だった。
200512140009s.jpg

エンジンも暖まり、後半へ。
200512140010s.jpg

中央で火花を散らす(?)両者
200512140011s.jpg

試合はいきなり動いた。
シシーニョが素晴らしい動きで突破して絶妙のクロス、そしてアモローゾがまたも素晴らしいポジショニングと決定力を見せ付けて2-1となった。
両クラブとも前半とは見違える動きになったがやはりサンパウロの動きがいい。
積極的にプレスをかけ、奪っては前線に預け後から追い越して何度もチャンスを作る。
ボールを持てば仕掛けられる選手達ばかりなので、イテハドDFはドリブルで来るのかパスで来るのかまるで読めず対応が後手後手になっていた。
GKロジェリオ・セニが蹴ったFKは惜しくも外れたが、
200512140015s.jpg

PKではキッチリ決めた。
200512140016s.jpg

対するアルイテハドはCKから1点を返すのが精一杯。
カロンのスピードを活かしたカウンターは脅威だったが、それだけ。
終盤は負けているにも拘らず何も出来なくなってしまい、地力の差が表れてしまった。
結果、3-2でサンパウロ勝利。
東京の寒空に陽気なサンバがこだました。

後半の一定時間、サンパウロは流石と思わせてくれたし、珍しいシーンも観れた。
チケット代の数倍の価値はあったと思う。
ただ、やはりこれはお祭り。一人で観るより誰かと一緒に観た方が更に数倍楽しめるのは間違いない。
何より寒い中一人でハーフタイムを過ごすのは罰ゲームのような寂しさだよ。

さて、FC東京へ加入する噂があるアモローゾについて書こう。
彼は絶妙のポジショニングと決定力だけでなく、判断良くポストプレーをこなし守備も真面目にやっていた。
さすが欧州で成功した選手だね。年俸2億円以上でも当然だと思えるよ。
東京に加入するとしたらルーカスの位置に入るのだろうね。
かなり高い確率で機能すると思うよ。

では、年俸のバランスを崩してまで加入させるべきか、これは難しい問題だね。

東京の強化方針は現有戦力の底上げ。
選手を加入させる事によって刺激を与え、全体的にレベルを上げるという考えだね。
おれは選手の成長する姿、過程を観るのが応援し続ける醍醐味だと思っているからこの考えに大賛成だし、絶対にブらさないで欲しい。

ではアモローゾはどういった選手かと言うと既に完成された選手だよね。
FC東京に加入すれば問答無用でスタメンを張る選手。
率直に言ってササ以外の選手とは実力にかなりの開きがあると思う。
祐介や即戦力として加入を決めたはずの赤嶺のチャンスはかなり少なくなるね。
今迄通り1TOPで行くならば、流れに絡むのがあまり上手くないササも控えに回ると思う。
アモローゾをサイドに持っていく案にはメリットを感じないしね。
以上の点からアモローゾは選手の成長にフタをしてしまう選手と言う事が出来ると思う。

でも一方でアモローゾは経験豊富な選手だよね。
その経験を他の選手達に伝える事が出来れば、成長を促す事が出来るはず。
例えば憂太にハートの大切さを伝えたケリーや磐田にファイティングスピリットを植えつけたドゥンガ、そしてその背中で全てを語ってくれたアマラオのように。
ただし、経験を伝えるには時間が必要。
複数年契約は必須だよ。

アモローゾの実力はもはや疑いようが無い。
問題は

1.年俸のバランスを崩すほど経験を伝える資質があるか

2.アモローゾとフロント双方に複数年契約を結ぶ覚悟があるか

の2つであるように思う。

クリアして来てくれるならば大歓迎するし、全力で応援するよ!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

トヨタカップ準決勝サンパウロFC vs アルイテハド

「トヨタカップ準決勝サンパウロFC vs アルイテハド」に関連するブログ記事か...

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。