スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育成から熟成へ! 原博実監督退任

FC東京
12 /07 2005
原監督が今季限りで退任する事が決まった。
この決断を私は支持する。
東京が次のステップを踏むために、原監督から離れる必要性があると思っていたからね。

原博実の監督としての魅力はいくつもある。

例えば選手育成能力。
他クラブでパッとしなかった茂庭、加地、石川といった面々をフル代表クラスにまで成長させ、東京ユース出身の黄金の卵である馬場・梶山も欠かせない戦力にまで育て上げた。今野は加入前から力のある選手だったけれど、そこに得点力という新たな魅力を加えた。
選手の特徴を見抜き、個性といえるまでに伸ばす手腕は群を抜いているよね。

人心掌握にも長けている。
今年は勝てなくて苦しい時期があったがプレーがバラバラでも心は一つにまとまっていた。あれだけの状況であったにも拘らず選手達から監督批判は一切漏れてこなかった。

こういった魅力の土台となっているのは原監督の人間性だと思う。
いくら才能があるとはいえ苦しい時期にパフォーマンスの良くなかった梶山を我慢して使い続ける事など、余程の度量が無ければ出来ない事。同じポジションに宮沢という優れた選手がいるのだから尚更だよ。
馬場の件でも同じ事が言える。
今でこそ彼は東京にとって最も重要な選手の一人だけれど、それまでの彼はある試合で素晴らしいプレーを見せたかと思えば次の試合でグダグダなプレーに終始してしまうなど波の激しい選手だった。それでも原監督が我慢して起用し続けたからこそ今の彼があるんだよね。
原監督の大きな器のおかげで選手達は伸び伸びと個性を伸ばす事が出来たのだし、だからこそ選手達は連敗の原因を監督にではなく自分に求めたのだと思う。
もちろん、控えにまわった選手達は不満を持っただろうね。それが外部に漏れなかったのは直接監督にぶつける事が出来ていたからじゃないかな。監督と選手は理想的な距離感を保てていたように思う。

ただ、残念ながら原監督にも欠点がある。
そしてそれは来季以降の東京の監督にとって最も必要とされる能力であると考えているんだ。

来季以降の東京にとって最も必要で原監督に足りないもの、それは柔軟性だよ。
自分達のサッカーが出来た時の東京はかなり強い。開幕戦やホームでの横浜FM戦のように対策を怠った相手は火ダルマになってしまうようにね。
しかし一方で、少し上手くいかないと力を発揮できなくなるモロさも見せた。ベストメンバーが組めなかったりシステムを4-4-2にしたりすると極端に苦戦した。
原因は確立したスタイルに固執し、アレンジを怠ったからじゃないかな。
選手が代われば戦い方も応じて代えなければならないはずなのに、同じ動きを要求したから質が落ちてしまったのだと思う。
4-4-2に関しては何試合もこなしたにも拘らずバイタルエリアを上手く使えない課題は結局解消されなかった。4-2-3-1では基本的に持ち場を離れないで済むけれど、4-4-2では臨機応変に真ん中を使わなければならない。
この、状況に応じた工夫というのが東京は下手だと感じるよ。
リーグ戦12試合も負け無しなのに印象は変わらない。
序盤にササにルーカスと同じ動きを要求し、中盤以降に阿部をTOPに上げて栗澤をサイドに回したら4TOPのような形になってしまった33節川崎戦では特に顕著だった。

これからの東京に必要とされるのは、個性を“伸ばす”事以上に、個性を活かして“勝ち点に結びつける”事。
東京の主力がアテネ世代とその少し下である事を考えると“育成期”から“熟成期”へと移行すべきだよ。
ル・マンで活躍する松井大輔をイメージして欲しい。彼も京都時代から卓越した技術とセンスを持っていたけれど、ル・マンに移籍した事で洗練されその技術がゴールに直結するようになったよね。
東京の選手達に彼と同じような刺激を与えられるような人材こそが来季必要だよ。

今、原博実から巣立つ時が来たんだ。
10379s.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

短気なボクは今シーズン、
何度か原さんが責任を取るべきだとブログにも書いた。
5月頃、そして9月の柏戦後…
ただ体勢を立て直した10月以降は続投でもいいのかなとも思い、
自分の意見がコロコロ変わってしまった。

この記事を読んでいぎーたさんの考えに共感しました。
いぎーたさんは今シーズンも何度か
チームとしての“柔軟性”について
意見を述べてきてたよね。
でも原さんはその面については
改善することが出来なかった。
来季、苦しい試合で勝ち点3を奪っていくには、
その部分がすごく求められるのかもしれない。

監督交代に不安はあるけど、
どうなるのか愛情をもって見守っていきたいね!
誰が監督になろうとボクの東京への愛情は変わらない。
VAMOS 東京!
そして原さん、本当にお疲れ様!
あなたと共に戦えた事を幸せに思います。

おれも今シーズン何度か変えた方がいいんじゃないか、いや、よくない、なんてグラグラしてましたよ~。
結果は変えなくて大正解ですが!

柔軟性については書いた通りなんですが、全部が全部原監督に問題がある訳じゃなくてプレーする選手側が考えるべき事でもあるんですよね。
ただ、同じ過ちを繰り返した場面があった点はやや物足りなさを感じました。

せっかく原監督送別会を開いてくれるという事なので感情的な文章は後で書きますね。
ただ、これだけはおれも先に言っておきたい。
原監督と出会えたおれは幸せだ!!

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。