スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ&食い倒れツアー 元気の街大阪裏表 第34節セレッソ大阪戦(A)[生観戦]

FC東京観戦記2005
12 /04 2005
朝6時。
覆面バンド「THE MIDWEST VIKINGS」の「VAMOS TOKYO!」で目を覚ました。
テンションは既に最高潮。普段のおれには考えられない事だ。
意気揚々と支度を済ませ、仲間と共に新幹線に乗り込んだ。
色づいてきた山々を横目にサッカーの話をしていると2時間半も一瞬。気付けば新大阪に着いていた。
そのまま御堂筋線に乗り、動物園前駅で降りた。
そう、新世界へとやってきたのだ。
駅を降りるとすぐに独特の匂いが辺りを立ち込めていた。
それは、何か一つというのではなく、とにかく色々と混ざり合ったどろどろとした匂いだった。
低いトンネルをくぐるとそれは更に濃度を増し、発生源に辿りついた。
ジャンジャン横丁だ。
200512030003s.jpg

この狭い通りにたくさんの個店が並び、我が店に入らんと香りを上げているのだ。
ジャンジャン横丁を抜け、横道に入るとスマートボールというものが出来る店があった。
200512030004s.jpg

入ると、そこにはパチンコの原形ようなものがたくさん並んでいた。
横にある投入口に100円を入れると白い玉がたくさん出てきた。
200512030005s.jpg

手動のレバーを引いて白い玉を打って穴に入れる仕組みなのだが、これがまるで入らない。
たくさんあったはずの白球は何の抵抗も示さずに消滅してしまった。
「釘がキツすぎるよ。」
店を出たおれ達は軽く悪態をつきながら通天閣を目指した。
通りには変わらずたくさんの飲食店が軒を連ねていた。
200512030011s.jpg

ほどなくして通天閣へと辿りつき展望台へと上がった。
大阪の空は雲に覆われていたが一角だけ強く光が差し込んでいた。
200512030016s.jpg

幸福の神ビリケン様のおみ足をさすって地上へと降りた。
時刻は11時過ぎ。おれ達は腹ごしらえの為にジャンジャン横丁へと戻った。
その中でも評判の店に入り、どて焼きをまず食べた。
200512030021s.jpg

これが独特の匂いの大きな要素である事は間違いないようだ。
口の中をドロドロが侵食していって実に不快になった。

やがてメインの串カツが出てきた。
200512030022s.jpg

見栄えはなかなかのものだが、食べてみて驚いた。
なんと、分厚い衣の中にあったのはハムのように薄く、石のように硬い貧相な肉だった。
おれ達は最初に頼んだ注文をなんとか食べ終えると即座に店を出た。

口直しに、とその界隈で評判のたこ焼き店に向かった。
本来なら一人一皿食べるところだが、危機感を覚えた仲間の提案で最初は一皿だけ試してみる事にした。
200512030025s.jpg

仲間の判断は正しかった。
たこはシッカリ入っているのだが、それ以外はただ熱い小麦粉が丸い形状を帯びているに過ぎなかった。
おれ達はようやく、ここがどういった場所かを悟りつつあった。

言葉少なに駅へと戻ると、向かいに動物園前一番街という通りがあった。
200512030031s.jpg

ほのぼのとしたネーミングとはまるで違う空気がそこにあるのをおれ達は一瞬で嗅ぎ取った。
おれ達が接した事の無い空気がそこには充満していた。
反射的に頭が拒否反応を示したが、それ以上の好奇心が勝り足を踏み入れた。
足を進めるとやはりどんどんと空気が濃くなっていく。
先程の通りのように、何か匂いがする訳ではない。
流れの少ない、重い空気があるのだ。
おれ達はまるでナニワ金融道の漫画の中に入ったかのような錯覚を覚えた。

新世界、そこは新しい世界ではなかったが、別世界のようではあった。
そして、紛れも無く現実の世界である、という事がショックだった。

すっかり雰囲気に飲み込まれながらも再び御堂筋線に乗り込んで長居へ向かった。
車中、おれ達の周りには例の匂いが充満していた。
短時間ではあったが濃度の濃い匂いがすっかり染み込んでしまったようだった。

望まない“お土産”と共に降り立った長居は先の地が幻かのように空が高く風通しのいい場所だった。
200512030033s.jpg

おれ達は今年の初夏、ここの主に痛い目に会った。
その借りを返さなければならなかった。

くしくも、彼らは優勝争いをしていた。
期待に溢れるサポーターと、甘い果実を味わおうとするお客さんで長居は桜色に染まっていた。
今度は彼らに涙を呑んでもらわなければならなかった。

試合開始すぐの3分、先制点を得たのは彼らだった。
全くのフリーで西沢に決められてしまった。
ただ、彼らが優勝できるチームでない事がここから明らかになっていく。
守るものができた彼らはそれを大事にするがあまり腰の引けたサッカーになっていった。
苦も無く相手陣内へと進入できるようになった東京は乗り込んだ勢いそのままにシュートを浴びせた。
能動的に選んだのではなく、恐怖によって受動的に選択した守備はそこかしこに綻びがあり、決して効率的に働かない。

20分、リードしている彼らが最も嫌がる形、カウンターが炸裂!

ノリオが左から見事に決めた!

同点弾だ!!

これでセレッソは不安定な精神を更に曝け出す。
そしてその姿がおれ達東京サポーターのイタズラ心を掻き立てる。

ドドンドドンドン!!ガンバが3-0!

ドドンドドンドン!!ガンバが3-0!

ウッソだよ!!

ウッソだよ!!

ドン!ドン!ドドドン!!あせるなセレッソ!!

ドン!ドン!ドドドン!!あせるなセレッソ!!

ドン!ドン!ドドドン!!やばいぞセレッソ!!

ドン!ドン!ドドドン!!やばいぞセレッソ!!

相手に余裕が無いのをいい事にいいたい放題だ。

ちなみにこの試合、何度も攻撃!攻撃!原東京 を変化させた
続投!続投!原東京コールが上がったがおれはそれだけはしなかった。
トランス状態にいたが、おれは続投を望んでいないのでその時だけは素に戻った。
人間原博実は最高だけれど。

しかし、空気は一つの判定を境に変わる事となった。
35分、東京のPAギリギリのところでセレッソの選手が下手な演技で倒れるとあろうことか審判が待ってましたとばかりにPKを宣告したのだ。
更には、抗議した土肥にイエローを出される始末。
これにおれ達東京サポーター大激怒。
八!百!長!コールが響き渡った。

だが、えてしてこういった形で得たPKは外れるもの。
ファビーニョが蹴ったボールは土肥のスーパーセーブで防いでしまった!!
まさに守護神だ!!

気持ちいいーーー!!

ここからは純粋に東京の後押しをするコールが多くなった。
前半を1-1で折り返す事となった。

後半に入るとまたしても3分でドフリーの西沢に決められてしまった。
同じミスの繰り返し。
この失点には非常に嫌な印象を受けた。
セレッソは前半ほど腰を引くことなく、バランスをなんとか保ちながら攻めの姿勢を見せた。
失うもののない東京も当然攻め立てる。
一進一退の攻防が続いたが、栗澤に代えて宮沢、梶山に代えて祐介を入れ攻撃を加速する東京が決定機を作る展開に流れていった。

そして、流れを決定付けた選手交代が終盤に入って行われた。
なんと、セレッソは前線で効いていた森島を代えて徳重を投入したのだ。
明らかにギクシャクしているセレッソのベンチとピッチ。

攻め立てる東京、そして怯えるセレッソの構図が再び出来上がる。
時間が残り少なくなっても東京の希望の火は消えなかった。
そして迎えた終了間際の89分

CKの流れから今野が押し込んだ!!!

東京、土壇場で追いついた!!!

やっぱりやってくれたぜ!!!
苦悶の表情を浮かべるセレッソの選手達、シンと静まり返るお客さんを尻目に盛り上がる東京サポーター。
東京サポーターが高らかに唄を歌う中、試合終了。

おれ達は一年間戦い抜いた選手達と監督に精一杯の感謝の拍手を送った。
200512030046s.jpg

この結果、セレッソ大阪は夢破れ、優勝はガンバ大阪の手に渡った。
200512030050s.jpg

ガンバ大阪は前半戦で力負けし、後半戦では見事なサッカーで仕返しをした相手だ。
しかし、思えばガンバはどっちの試合でも腰を引かす事無く攻めてきた。
その結果が1勝1敗の勝ち点3である。

それに対しセレッソ大阪の態度は悠然とした王者のものでなく、おびえる子犬のようだった。
そう、それは前半戦でセレッソ相手に東京が見せた姿そのものだった。
結局結果は2分で勝ち点2。
この勝ち点差がそのまま優勝という形で現れたという事になった。

見事優勝を阻止した!!

借りはかえしたぞ!!リベンジ成功だ!!

しかし、これはおれ達のリベンジツアーの第一弾に過ぎなかった。

次なるリベンジは午前中に失敗した、たこ焼きだ!
おれ達は地元出身の仲間に連れられ、天王寺にある「やまちゃん」という店に行った。
200512030053s.jpg

行列に並んで手にしたたこ焼き。
200512030054s.jpg

いい香りが鼻を抜けた。
さっそくほうばると、熱い物体の中にもかつおの風味が広がる。
ああ、これが“たこ焼き”というものなんだな。
おれ達はようやく満足するものに出会えた喜びで満たされた。

また一つリベンジを果たしたおれ達は次なる矛先を串カツに向けた。
再び地元出身の仲間に案内してもらった先は串まるというお店。
200512030056s.jpg

食べ放題の店、バイキング形式でいい思い出などない。
そして、ここはそういったシステムを採る店だった。
当然、不安がよぎったがこれが見事に裏切られた!!
まず、具を選ぶのだけれど、目で見ただけでもしっかりした具である事が確認できて一安心。
そして、バイキング形式でも美味しく食べられるのは、自分のテーブルで自ら揚げるから!
200512030057s.jpg

これなら常にアツアツで美味しくいただける!!
油もいい油を使っているのだろう。
衣がサッパリしていて何本食べても全く胃がもたれない。
午前中の店では2本でギブアップだったというのに。
串カツにトラウマを残す前に本物を食べて本当に良かった。

すっかり大阪グルメに魅了されたおれ達は道頓堀へと足を運んだ。
200512030063s.jpg

ドンドコドンドコくいだおれ!
200512030069s.jpg

まずは赤鬼で軽くジャブ。
200512030070s.jpg

たこ焼きをアレンジしたちゃぷちゃぷを食した。
200512030072s.jpg

かつおだしの汁が美味しく、それがたこ焼きに驚くほど溶け合っていて美味さ2乗。
また新しい魅力を発見してしまった。

エンジンが再び温まり、次に向かうは「味の家」
行列による待ち時間が程よくおれの腹に空き地を作った。
200512030073s.jpg

最初に出てきたのはやきそば。
200512030074s.jpg

おれが普段食べている焼きそばとはまるで違う味だ。
甘めのソースがそばと絡んで舌を喜ばした。
なんて嬉しい味なんだ。

お次はねぎ焼き。
これを食べるのは初めてだったので楽しみにしていた。
200512030075s.jpg

甘さの残る舌をねぎの苦味が引き締める。
大人の旨みというものを教えてくれた気がした。

そしてトリを飾るのは王者お好み焼き。
200512030076s.jpg

外側のサクサク感、そして中のフワッと感、キャベツのほんのりとした甘みが絶妙。
トリに相応しい美味さだ。
それにしても、この見事な流れで出したのは店側の計算だろうか。
きっとそうに違いない。
おれ達は大満足で店を出た。

さぁ、



ラーメンを食べようか!!!

勢いそのままに、おれは金龍ラーメンの自販機と対面した。
200512030081s.jpg

出てきたラーメン。
200512030082s.jpg

おれはとにかく勢い良くすすった。
味は大した事がなかった。
それよりも、この立ち食いのラーメン屋で勢い良くすする、という行為の爽快感の方が重要だった。

食べ物そのものの美味さで元気をもらい、食べるという行為の勢いで元気を出していく。
大阪は元気が無限に出る街だ。
そしてそれは勝者敗者の分け隔てなく与えられるだろう。
よそ者のおれ達にそうしたように。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

遠征お疲れ様!
ホントに食い倒れツアーだったんだね!
おいしそうな写真の数々…さすが大阪!
試合も東京が最後に意地を見せてくれてよかった。

試合終了直後に連絡くれてありがとう!
試合後の熱気がすごく伝わってきたよ。
最初誰からかかってきたか分からなくて
変な反応をしてしまった(笑)ごめんね!

原さんについてはオフィシャルから発表されてるよ。
今後東京がどういう方向に進んでいくのか…
様子を見守っていきたいと思います。

遠征楽しかったよ~。
来年はたかぴーさんも行けるといいね!

電話は興奮しすぎて名乗るのを忘れてた(笑)
こっちこそごめんね。

原監督、今年で契約完了だね。
続投は希望していなかったし、色々な思いはあるけどこれだけは言える。
原博実に出会えたおれは幸運だよ。

大阪遠征、お疲れさま~!
いや~最後まで興奮できる、ドラマチックな展開になったね。
優勝争いしてたワケじゃないけど、あの局面でこんなに楽しめて、一緒に騒げるクラブ、東京以外に考えられないっしょ!(笑)

そしてグルメ・リベンジも達成できた様子で何より(笑)
こっちもちゃぷちゃぷを食したよ!
こんなやり方もあるのか?というアレンジ具合はまさに新発見だった!
食べなかったけど、金龍ラーメンはそこかしこにあったね。お座敷でラーメンを豪快にすすったのね?(笑)

お疲れ様~。
最後までおれは信じてたよ~。やってくれるって!
あの状況ならではのコールをたくさんしたのも面白かったね。やっぱり東京はああでなきゃ!

グルメもタップリデップリ楽しんだよ~。
前半だけで終ってたらトラウマになってたな(笑)
ちゃぷちゃぷ、美味しいよね!
アツアツでじんわりトロトロ~。
金龍ラーメンは色んなトコにあったけど、座敷じゃなくて立ち食いのトコで思いっきりすすったよ。あれは雰囲気を味わう店だね(笑)
次行く時は神座本店かな~?

トラックバック

セレッソ大阪戦?

 お気に入りに入っているトウキョウ系ブログを読んでいると猛烈に、大阪遠征したい!!と思えてきてしまった。 たかぴーさんのブログでの"ブログバトン"にてオススメのブログとして紹介されていた、いぎーたさんのブログ、「江戸の華」。その紹介以来読み始めてい

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。