奮い立つ自尊心が相手を打ち砕く!! 第31節ジェフ戦(H)[生観戦] 第2部

FC東京観戦記2005
11 /22 2005
さぁ、新旧ナビスコ王者対決を制した試合を振り返ろうか!

今年ジェフにはナビスコ含めて3連敗している事もあってか、選手達の気迫がビシビシ伝わる試合だったよね。
勝ち点を積み重ねるたびに更なる闘志が沸くみたい。
元々東京は相手が強いと燃える性質のチームだしね。

試合が始まって驚いたのは最初から前へプレスを掛けに行った事。
一週間の間があったとはいえ、ジェフはお疲れのチームだから前半溜めて後半一気に攻勢をかけるゲームプランにすると思ってたんだよね。
前節程ではないにしろ、後半になったらジェフの足は止まるだろうと思ったから。
でも、原監督はそれをしなかった。
前から来るジェフだからこそ自分達も前から。
選手達の自尊心を奮い立たせる原監督らしい采配かもしれない。

この、前からの守備がストヤノフのいないジェフDF陣を慌てさせた。
ジェフDFのパスミスを今野、梶山が奪ってそのままカウンターという場面を何度も作れていたよね。
しかも、この時期に90分間通して前からのプレスを慣行してしまったのが凄い。
相当な運動量が必要とされたのは間違いないけれど、キチンと連動していたからボールを奪えていたのが大きいのだろうね。
徒労に終ってたらとても持たないよ。
特にジェフが縦パスを入れた時の東京の反応が早かった。
前からパスコースを絞らせているからインターセプトしたり、2人ぐらいで囲んで奪う事が出来ていたよね。
この守備があったから東京お得意のハーフカウンターを繰り出せていたし、ジェフから攻め手を奪った。
ジェフ相手に中盤争いで勝った(ボールを中盤で奪えたという意味ね。)のは自信になるよ。

東京の選手は誰もが良かったと思うけどその中でも目立ったのは今野だよね。
前回ちょっと書き忘れてるけど、後半見せてくれた鬼ドリブルは凄い迫力だった。
ボールを持って相手を吹き飛ばしながら重戦車の如く右サイドを駆け上がってきてたよね。
見ていて鳥肌が立ったし、誇らしくなったよ。
やっぱり東京の選手には簡単に倒れて欲しくないからね!
もちろん、お得意のボール奪取も冴え渡っていたし、インターセプトする場面もかなり多かったと思う。
パスの判断という点で今迄注文をつけてきたけど、その弱点を大きく上回る魅力を出してるね。

土肥ちゃんの神セーブも忘れちゃいけない。
プレスがまだ完全じゃなかった試合序盤の決定機を尽く防いだ功績は大きいよ。
あのセーブは選手達の勇気を生んだね。

守備では他に藤山お得意のインターセプトも目立っていたね。
ベテランならではの読みが冴え渡っていた。
たまにインサイドキックがそのままタッチラインを割るのはご愛嬌かな(笑)

攻めでも見所多かったね。
梶山がミドルではなく、PA内で点を取ってくれたのは凄くうれしいね。
積極的に上がった証拠だから。
この日はHENTAIキープ、HENTAIミドルに加えてHEANTAIFKも披露してくれた。
急激に落ちるボールでしかも枠を捉えていたよね。
セットプレーの楽しみが一つ増えたよ。

ルーカスも早くて正確なポストプレーで攻めのリズムを作ってくれた。
自身の得点が無くても、凄く重要な役割を果たしたね。

そのルーカスのシュートは相手にブロックされている場面が多いけど、それは撃つタイミングが読まれているからだと思う。
正直、分かりやすいんだよね。
次からは少し工夫が必要だと思うよ。

それと、この日はクロスの精度があまり良くなかった。
誰にも合わずに素通りしてしまう場面が何度かあったね。
規郎には数節前までの感覚を取り戻して欲しいと思う。

この2つが目先の課題だと思う。

全体的には東京のチームスタイルと個々の魅力が上手く噛み合った素晴らしい試合だったね!
原監督が奮い立たせた自尊心をフルに発揮出来ていたように思う。

一方のジェフはストヤノフ不在が大きく響いたかな。
彼が前からのプレスを交わして持ち上がれたら東京のマークはどんどんズレが生じていただろうからね。
また、疲労も隠せなかったね。
クサビが入った時もフォローが一歩遅くてチャンスに繋がらず逆にカウンターを食らっていたから。
本来のジェフならもう少しテンポの良いサッカーをしていたと思う。

さて、今後の展望なんだけれど、もちろんやり方を変える必要なんてない。
右偏重だった時代を抜け、バランスの良い高度なハーフカウンターサッカーを披露できているからね。
ただ、ジェフが自分達の繋ぐサッカーを貫いたからこそ東京の良さも出た、という面はあったように思う。
これが相手によってスタイルを変えてくるチームだったらプレスの厳しい中盤を通り越してロングボールを放ってくるんじゃないかな。
そのボールを処理した後キチンと繋いでシュートまで持っていけるかどうか。
これが東京の次なる階段だと思う。

VAMOS TOKYO!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あと3試合で終りだなんてもったいない…

本来なら?東京の飛車角とでも言うべき石川ナオと戸田がピッチに立っていたはず。
でも、その二人がいない中で、ガクっと攻撃力が落ちる事はなく、非常にバランスの取れた戦い方が出来るようになったよね。
>バランスの良い高度なハーフカウンターサッカー
まさにこれ!持ち味のサイド攻撃や速攻だけではなく、中央からの突破に遅攻でも崩せる攻撃。
観ていて爽快だし、面白い!
その中でも今ちゃんはホント素晴らしいね。なんか凄いプレーが多くて、それに慣れてしまって、彼なら当たり前みたいな空気になっちゃって申し訳ないんだけど(笑)
やべっ!いぎーたさんのエントリー読んでたら、また興奮して変な汗が出てきたぞぉ~~!!

今年が終わってしまう…

サカダイ、ご覧になりまして?
今節のベストマッチに選ばれた上に、今野に8.0という高得点が付けられていましたね!!
90分間落ちることのないあの無尽蔵のスタミナと読み、感服です。
私は特に阿部と競り合ったシーンに鳥肌が立ちましたね~。
あのマッチアップは本当に凄かったです。
千葉はなんと言っても、ボールを奪ってからの素早さと連動性のある攻撃を得意とするチーム。
その相手に全く臆する事無く、前からガンガンプレスを掛けていったあの姿勢は、今後も忘れて欲しくないですね。
今年も残すところあと3試合。
平坦でなかったこの1年を戦い抜いてきた選手達と共に、
私たちも燃え尽きちゃいましょうね!!

>TATSUさん
ついこの前迄の東京だったら石川・戸田を欠いた状況だと大変な事になっていましたよね。
逆に今では彼ら二人が万全になってもレギュラーを奪い返すのは並大抵の事ではないと思います。
それだけ今のスタメンは魅力がありますからね!
今ちゃんはホント凄い。でも、彼なら当たり前って俺も思っちゃってる(笑)
凄いプレーをコンスタントにやってのけてしまうからね!
この前、海外移籍の話が来た時はまだ早いと思ってたんですが、そろそろヤヴァイかも…。
今のうちに彼のプレーを目に焼き付けておいた方が良さそうですね(笑)

>.KOOLさん
サカダイ、まだ買ってません~(苦笑)
でも、今週は勝ったのでマガジンと合わせて買う予定です。
ベストマッチも8.0も驚きというより、素直に評価してくれた、て思いますよね!
今季1,2位を争ういいゲームでしたし、今ちゃんの気迫はとにかく凄まじかった。
阿部選手との代表生き残りマッチアップも見応えありましたね。
残り3試合、この調子で突っ走っれ東京!

ああ、明日の試合生で観たいけど……。

いぎーた

FC東京が気になる人.