スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとか予定通り キリンチャレンジカップ日本×アンゴラ[TV観戦]

日本代表
11 /17 2005
アンゴラ戦の試合前、位置付けを考えてみたけれどさっぱり分からないのでエルゴラを読む事にした(笑)

どうやら「集まって試合をする事」と「勝つ事」が重要らしい。
この機会を逃すとWC直前までベストメンバーを組んだ試合を出来ないので、やる意義はあるとの事。
ただ、アウェーで厳しい戦いを経験させるのがベストだったとも書いてある。
海外組と国内組が混在する過渡期だから仕方ないかもしれない、とも。
「勝つ事」に関しては具体的に書かれてないけど、これは流石に自分でも分かる(笑)
ホームだし、相手はWC出場国とはいえ面子を落としてるし、ホンジュラス戦では大雑把な試合をしてしまったし、と色々あるからね。

さて、試合の方はというと終了間際に松井が押し込んで1-0の勝利。
見事目的達成だね。
相変わらずの勝負強さだね。運なんかじゃないと思うよ。
これだけで充分収穫なんじゃないかな。選手達がやれる範囲ではね。

特に良かったのは田中誠に代えて松井を入れ、3バックから4バックにして前への意図が指揮官から発せられた時スムーズに機能した事かな。
4→3への移行というのも以前よくあったし、柔軟なチームだね。

課題は相変わらず決定力なんだけど、チャンスを作れただけまだマシかな(笑)
W杯本大会で日本のFWがまともに点を取れるかどうかは久保が間に合うかにかかっているという事がハッキリしたんじゃない?
高原や柳沢が外しても「またか。」とは思っても「ツイてない」なんて思わなかったし。
高原、柳沢に期待するのは前線で起点になる事。彼ら自身が点を取ったら望外の喜び(笑)
彼らにはうまく高い位置で起点を作って中の選手が飛び込める時間とスペースを作って欲しいね。
それと、日本には中村という素晴らしいフリーキッカーがいるのだから、バイタルエリアで勝負しファールをもらって欲しい。
中村のFKが決まれば立派なアシストだよ。

あとはひたすら量で勝負するしかないでしょう。
シュートを積極的に撃つというのもそうだけど、リスクを背負ってゴール前に人数かけないと点取れないだろうね。

気になったのはDF陣の縦パスにかなりミスが多かった事。
特に前半ね。
今回は最終的にミドルシュート撃たれた程度で済んだけど、本大会でやったら確実に点取られていたと思う。
コンディションの問題なのかアフリカ人の足の長さによるものなのか分からないけれど、絶対に修正して欲しい。

更に気になる駒野の出来だけど、それなりだったかな。
クロスの精度はいいのだけれど、攻め上がるタイミングだとかアタッキングエリアでの積極性、そして何より90分間通しての安定感という点で今一歩。
加地さんにはじっくり怪我を直してから本大会に望んで欲しいね。

では、この辺で。
皆様お風邪など引かれませんように。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

日本代表アンゴラ戦

定時でとっとと帰宅。だって代表戦だし~。で、試合開始と同時くらいにテレビの前に座れました。結果から言うと勝ててよかったです。まあ、前半の最初を見る限りもう少し点が入るか、そういう展開がもっと増えるかなとも思いましたが。やっぱりなかなかそうはいきませんね。

松井のゴールで日本代表が勝利 サッカーアンゴラ戦

う~ん、点を取るって難しいねぇ・・・(笑)てか、最後まであきらめずに集中力切らさずに、よく1点をもぎ取った。おそらくメディアは決定力武不足って騒ぐだろうから、褒めておこうかな。誰もコンディション悪くないというか、逆に切れてた。ヒデも運動量多いし、高原も....

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。