スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフ優勝おめでとう! ジェフ市原・千葉×ガンバ大阪 ナビスコカップ決勝[生観戦]

Jリーグ
11 /06 2005
ナビスコカップ決勝へと行って来たよ。
攻撃的な姿勢を貫くジェフとガンバ大阪の対戦と好カード。
魅力を引き出しあう面白い試合になると期待してチケットを取ったんだ。

お互いそれ程集客力のあるクラブじゃないから観客動員が心配だったけれど、フタを開ければほぼ満員。(観客数45039人)

ジェフゴール裏。
200511050009s.jpg

キレイだね。
普段からこれぐらい来てくれれば臨海も埋まるのにと思ったり思わなかったり。

ガンバ大阪ゴール裏。
200511050012s.jpg

こちらも青と黒がキレイに配色されてキレイだね。
先の東京戦とは段違いの入りなのは当たり前か(笑)

試合は終始ガンバペースだったと言っていいんじゃないかな。

ガンバは①前向きな守備②FWの決定力③DFの我慢の3つに注目して観ていた。
③に関しては、千葉が思ったほど前からボールを取りに来なかった上に、遠藤へのプレッシャーもそれほどキツイものではなかったからそれ程必要とされなかったな。
①に関しては上出来。予想以上に前から守備をし中盤もタイトで、いい形でフェルナンジーニョ、アラウージョ、大黒のトライアングルへとボールを供給出来ていたと思う。
ただ、②が最後まで響いてしまったね。たくさん決定機は予想以上に作れていたのだけれど。

ジェフは①遠藤、フェルナンジーニョを抑える事。②攻めた時に攻めきる事の2つに注目して観ていたけれど、どちらも徹底されていなかった。
また、ハース不在が響いて、ボールの収めどころに最後まで苦心していたね。
それでも時折鋭いカウンターでガンバゴールへと襲い掛かり、90分終了間際には遂に得点を入れたかに思われたんだけどファール(?)の判定で無効に。

延長戦に入るとガンバ大阪は足をつる選手が続出。
運動量豊富なジェフ有利な展開となるかに思われたが上手くいかず、ペースは相変わらずガンバが握ったままだった。
それでも得点は生まれず結局PK戦へ。
もはやスタミナの残されていなかった遠藤が外してしまった以外は双方全員が決め、ジェフが優勝!

ジェフ市原・千葉のみなさん

優勝おめでとうございます!

来年は東京が獲るぞ、と誓いを立てつつラーメン屋へと向かった。

今日のお店は代々木のらすた。
200511050028s.jpg

以前たけちゃんラーメンへ行く途中に通った時並んでいたから気になっていたんだ。

らすたラーメンを注文。
出てきたのはのりで覆い隠されたラーメンだった。
200511050029s.jpg

ドキドキしながらのりを捲ってみると、
200511050030s.jpg

エネルギッシュな感じが伝わってきたぞ。

さぁ、お味の方はというと、これがまた美味いのなんの!
地鶏と黒豚がベースとなったスープはパンチが効かせながらも後味はサッパリ。
そして何より自慢の特注卵麺が抜群に美味く、歯ごたえも心地良い!
麺で感動したのは初めてじゃないかな。
具のチョイスも凄く良い。
チャーシューはサラッとしていて主役であるらーめんの味を引き立てるし、ほうれん草も途中途中の口直しに食べるとすごく美味しい。
少なめのメンマも適量と言えるね。
時代屋とは全く違った形だけど、完成度が高いラーメンだ。

仲間内の評価はまたもや全員、すごく美味い!で一致。
いや~、前回に引き続きまたまたいい店に出会えてうれしい限り。
国立競技場で観戦する際は是非行ってみることを強くオススメするよ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ナビスコ決勝、現地で観戦なさったのですね!私もテレビでずっと観ておりました。
スタジアムは本当に綺麗でしたね~。黄色と青黒が半々で。
去年とは大違い(笑)

ガンバの攻撃陣をしっかり千葉が抑えていたという印象はなかったものの、
ガンバが決定機を逃す事が多く、これが試合内容を厳しいものにした一端だったのではと思います。
ただ千葉の守備に対する集中力が凄かったですね。ストヤノフ上手かったな…。
PKでは、遠藤とGKの駆け引きで、遠藤が先に焦れてしまったのと、コースが甘かったのが敗因かと。
まあ細かい事は抜きにして、千葉には素直におめでとうを言いたいですね。
来年こそは、ビデオテープに東京の新たな歴史を刻めるよう、期待したいですね!!
(何度も去年の栄光を見てしまうのが悲しいので/苦笑)

マスゲーム、両チームとも見事でしたよ~。
ジェフサポが意外に多かったのはビックリしました。
これでフクアリも臨海も埋まるようになるといいですね。

スコアレスだけあって、DF陣が踏ん張ってましたね。
巻をつぶしていたシジクレイ、要所を押さえたストヤノフ。
ストヤノフは効果的な上がりも見せていましたしね。

PK、遠藤焦れていたんですか。
心臓の強い彼らしくないですね。
疲れで集中力切れちゃったかなぁ。
どちらにしろ、止めた立石を褒めるべきでしょうね。
1本目で止めて後の選手がかなり楽になったと思いますから。

去年は我々が歓喜の中にいたんですよね。
悔しいなぁ。

ナビスコ、来年は取り返しましょう!

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。