スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC東京選手紹介 2005

FC東京選手紹介
02 /01 2005
今回はFC東京選手紹介をします!

まずは監督から!

監督:原 博実
通称「ヒロミ」
東京のリアルなマスコット。
朴訥とした語り口と得点後のピョンピョンでサポの心を掴む。
スランプ中の石川を「お前はニコニコやれ。」の一言で立ち直らせ、
セットプレーで上がらない今野を「俺なら行っちゃうね。」と煽り得点力を引き出すなど、
選手育成能力にも長けている。
趣味:スペインへ行き、んまいもの食べる事。

<選手>

1:土肥 洋一
通称「神」
東京の守護神。
味方を鼓舞するだけでなく東京の為になるならフロントとの言い合いも厭わない熱いハートを持つ一方で、
バックパスを受ける時に会場を凍らせるアイスマンでもある。
リーグ戦連続試合出場記録を現在継続中。

2 DF 茂庭 照幸
通称「モニ」
東京のエンターテイナー。
小峯退団後のネタ供給源として活躍。
プレー面もアテネ後急成長した東京守備陣の柱となった。
露出面でも敏感で某掲示板のチェックは欠かさない。
石川とはただならぬ仲

3 DF ジャーン
絶対的な高さを誇る東京タワー。
セットプレー時には上がって点も獲れる。
昨年のナビスコ決勝では退場となった際号泣し、
ロッカーへ戻っても凹んでホペイロの山川さんを困らせる程責任感が強い。

4 DF 藤田 泰成
東京の暴れん坊。
今年名古屋から加入。
デビュー戦で退場するなどやんちゃな性格を活かして
いい人東京に喝を入れるべく、SB戦線をかき回す。

5 DF 増嶋 竜也
通称「まっすぅ」
東京のビジュアル担当。
鋭い読みと強く正確なフィードを武器に、
今年は「野郎サポ」にも認められる程の活躍が期待される。
着メロはさくらんぼ。

6 MF 今野 泰幸
通称「こんちゃん」
東京のダイナモ。
90分間激しくプレーする圧倒的な運動量と抜群のボール奪取能力で中盤を締める。
謙虚な姿勢と大きな野望を併せ持つ大器。
目標は「ベロンの攻撃力、ビエラの身体能力、マケレレの守備力、その全てを足した
完璧なボランチ。」
馬場とはただならぬ仲。

7 MF 浅利 悟
通称「サリ」
東京のShine。
目立ちにくい中盤の守備職人ながら、
毎年のようにボランチが加入してきても気付けばレギュラーを奪っている驚異の男。
潜在能力はマケレレ以上と一部で噂されている。

8 DF 藤山 竜仁
通称「フジ」
東京ガス時代に加入し今年14年目を迎える東京史の生き証人。
出場意欲が非常に高くCBもSBも柔軟にこなす。
インターセプトが抜群に上手いがその後のパスを逆にインターセプトされる事も多く、
油断の出来ない選手。

9 FW ルーカス
足元の技術が確かな東京の得点源。
流れを変える得点や決勝点など必要な時に点を取ってくれる。
準決勝でハットトリックできれば優勝確率100%
笑顔が素敵。

10 MF 三浦 文丈
通称「フミタケ」
東京のピッチ上の指揮官。
豊富な経験と優れた戦術眼で若いチームを勝利へ導く。
今年の目標は点取った試合で勝つ事(?)

11 阿部ちゃんの帰る場所

12 サポーター

13 FW 戸田 光洋
東京のベルカンプ。
鋭い飛び出しで惜しいチャンスを作ったかと思えば、
決定的なピンチには「何故そこにいるんだ!?」というポジショニングでクリアする、
とにかく一生懸命な選手。
東京屈指の運動能力を誇るが最初からずっとトバす為、途中で交代するのが常。
飛行機が苦手。

14 MF 馬場 憂太
通称「ユータ」
東京のファンタジスタ候補。
技術は東京一だが調子の波が大きく、
ギリギリを狙うパスの精度と運動量が調子のバロメーター。
東京ユース出身。
今野とはただならぬ仲。

15 MF 鈴木 規郎
通称「ノリカル」
東京のロベカル。
左足で蹴る強烈なFKは観客のド肝を抜く。
昨年終盤はゴリゴリとサイドを抉るプレーも増えた。
増嶋とはファッションセンスで張り合う。

16 MF 宮沢 正史
東京の心臓。
中盤の底から左足で繰り出される正確なミドルパスで東京の攻撃を創る。
ピッチを広く使った攻撃を志向する東京には欠かせないのだが、
昨年は不調に陥ってしまった。
彼の復調こそ東京サポにとって最高の補強である。
奥さんは元陸上選手。

17 DF 金沢 浄
通称「ジョー」
東京の職人。
空いたスペースを的確に埋め、要所で攻撃に参加するポジショニングは職人芸。
足元の技術も高く、最終ラインのボール預け所となっている。
ただしシュートだけは枠にいかない東京仕様。
子犬に「ハロ」「プル」と名付けてしまい、ガンオタ疑惑が持たれている。

18 MF 石川 直宏
通称「ナオ」
東京のカモシカ。
大きいスライドと跳ねるようなステップのドリブルで右サイドを突破する。
昨年は人間力や怪我、不調に悩まされたが終盤にヒロミのアドバイスがキッカケで復活。
今年こそ課題のクロスの質を高め、得点も多く獲る。
茂庭とはただならぬ仲。

19 MF ダニーロ
東京の秘密兵器。
早くも日本代表!を狙う異色の新外国人。
大きな隈にどれ程の実力が隠されているのか。
東京のスカウトは外さないだけに期待できる。

20 DF 加地 亮
東京の健康マニア。
温泉と健康食品による徹底的な健康管理で驚異的な運動量を産み出す。
昨年は代表との兼ね合いで調子を崩したが同じ轍は踏まない。
一昨年後半の様な素晴らしいクロスで今年はアシストを量産する。
将来の夢は保育士。

21 GK 遠藤 大志
東京のバレーボーラー。
鉄人土肥と塩田の急成長により出番が回ってこないが、
出場すればどんなシュートもブロックするか味方にやさしくトスしてしまうだろう。
しかし、怪我が多い。
プロ契約1年目の今季、巻き返しを図る。

22 GK 塩田 仁史
東京のキューピー。
去年はルーキーながら土肥の抜けた穴を全て埋めた。
瞬間的な反応は土肥以上か、と思わせるもののDF陣との連携はまだまだ。
よく喋る。

23 MF 梶山 陽平
東京のHentai。
Hentaiキープと呼ばれる不思議なドリブルと高精度のミドルシュートが魅力。
底知れぬ能力を持ち将来が楽しみだが怪我が多いのが気に掛かる。
かじやまゆげは必見。
東京ユース出身。

24 MF 小林 成光
通称「コバ」
東京の天国と地獄
地道な努力で才能を伸ばし、2002年開花するも直後に自爆事故を起こす。
過酷なリハビリを経て昨年復帰し、こだわりのドリブルで戸田、ノリオに挑む。

25 MF 迫井 深也
東京の渡り鳥 。
今年東京6年目を迎えるがその間3年を
他チーム(横浜FC00-01、山形04)での武者修行に費やす。
指示する声はデカイ。

26 DF 中村 亮
東京のピアニスト。
左サイドの即戦力として期待されるも怪我の為に活躍できず。
今年も年初から手術。中盤以降の巻き返しに期待。

27 MF 栗澤 僚一
東京の潤滑油。
去年は特別指定選手として試合に出場。
パス・ドリブル・シュートと3拍子揃った高い能力で東京の攻撃の流れを良くする。
「マロン」と呼んでいたのだが、Kellyが退団した今「Kully」にしようか迷う。

28 MF 鈴木 健児
今年唯一の高卒ルーキー。
目立った経歴は秋田選抜とインターハイ出場のみとほぼ無名のレフティー。
同じく無名から這い上がった今野の背中を見て育て!

29 DF 前田 和也
東京の勝俣。
昨年SBとして念願のトップ出場を果たし、思い切った組み立てのパスと鋭いクロスを披露。
しかし天皇杯では永井に散々やられ課題も露呈。
今迄通りコツコツと努力すれば今年はもっと出場機会が増えるはず。

30 DF 尾亦 弘友希
東京のホスト。
左足でのクロスに自信を持つ元U-19代表。
ルーキーイヤーの2002年開幕戦でデビューする程期待されているが
SBとして致命的にディフェンスが苦手らしくその後起用されていない。
この男が金沢から全てを盗み、ノリオと爆発コンビを組んだらと思うと楽しみで仕方が無い。
東京ユース育ち。

31 GK 近藤 健一
東京の高倉健。
寡黙に努力を重ねるGK。
怪我ばかりだが、今年はイタリアでブッフォンの技を盗んだ。
今年は大化けするか!?

32 FW 近藤 祐介
東京のヴィエリ。
重戦車の如く突進で守備網をこじ開ける。
力入りすぎでシュートが入らないのが難点。
背番号もヴィエリと同じく32にしたし今年は阿部ちゃんの分も点獲るぜ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。