スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量vs質 ジェフ市原・千葉×ガンバ大阪 ナビスコカップ決勝Preview

Jリーグ
11 /05 2005
明日はナビスコカップ決勝!
言うまでも無く去年は我が東京が初めて獲ったタイトルだね。
どうしても連覇して欲しかったからもんのすごく悔しいよ。

さて、ここからはそんな決勝を楽しむべく妄想を膨らませてみようと思う。
両方のサポにとっては一世一代の場だけれど、Jリーグファンにとってはお祭りみたいなものだからね。

恐らく突っ込みどころ満載だと思うから予め了承してね。
あくまで他サポの勝手な妄想という事で一つ。

ジェフは改めて言うまでも無く運動量の多いチームだよね。
でも、あれだけ動いているにも関わらず順位は5位だし、得点だって48点と突出して多いわけじゃなく失点も36と少なくない。
何故って、これも今更だけど選手の質がそれ程高くないからだよね。
大分戦を見ても、点取るまでの間に何度もチャンスがあったのに個で勝てず足りずで得点には結びつかなかった。
大分のマンマークを褒めるべきかもしれないけれど、個で勝ててしまえればマンマークなんて返って都合がいいはず。
パスもDFのウラをかくパスなんてそうそう出せないから第三者が動いてパスをもらうんだよね。
ジェフはリスクを冒して攻めるチームだけれど、それは至極当然。
少ない人数でカウンターを仕掛けても入らないだろうからね。
オシムはジェフが生き残っていく上で唯一の戦術を遂行しているに過ぎない。
ただ、実現させるのは並大抵じゃないよね。
選手達が多く走る事を受け入れなきゃいけないし、ただ量を増やせば良い、てものじゃない。
走りの質が高くないといたずらに体力を消耗するだけだからね。
走りながら考えろ(逆だっけ?)という言葉が定着するのも頷けるよ。
ボールを持った時はそこそこで、オフザボールの動きの質もそこそこ(DFの視界から消える動きとかはまだ少ないように思う)だけど量は一級品。
それがジェフだと思う。

一方、ガンバは個の強さを最大限引き出す事を意図したチームじゃないかな。
最低限の人数で守り、類まれな戦術眼を持ったリンクマンを介して前残りのアタッカーへと繋いで逆にカウンターを仕掛けてしまう。
実際にはそれ程守備陣の個が優れている訳じゃなくて50失点もしているのだけれど、アタッカーの質が高く74点も取ってしまうのでお釣が充分に返ってきていたんだね。
ところが、リンクマンを抑えられていると前までボールが行き渡らず苦戦し始めてしまった。

ジェフにとってのポイントは東京×ガンバ戦Previewで書いた内容と同じく、①遠藤、フェルナンジーニョを抑える事。②攻めた時に攻めきる事の二つだと思う。
詳しくは書かなくてもいいと思うから省略するね。

一方、ガンバにとってのポイントは①前向きな守備②FWの決定力③DFの我慢の3つだと思う。

①前向きな守備
ガンバがリンクマンを抑えられると苦しいように、ジェフだって阿部への供給が減ると苦しいんだ。
確かにジェフと同じような運動量をガンバの前線に望む事は出来ないよ。
けれど、ジェフのDFラインとWBはお世辞にも足元が確かとは言えないよね。
パスコースをある程度限定すれば、読みの鋭い遠藤辺りがインターセプトをしてくれるはずだよ。
いくらジェフとはいえ、インターセプトされた直後にマークはつけない。
一気に決定機が訪れるだろうね。

②FWの決定力
運動量で見劣りする分、チャンスはジェフより多くは無いと思う。
でも、サッカーはチャンスではなく得点の数を競う戦い。
今こそ本領発揮する時だね。

③DFの我慢
これは守備の時は勿論なんだけれども、ボールを持った時の我慢を特に強調したい。
ガンバとしてはイーブンボールが少なくなるよう、キチンとパスを繋げる事が必要になると思う。
セカンドボールの拾い合いになると恐らくジェフが優位に立つだろうから。
東京戦ではボールの出しどころが見つからず、放り込む場面が少なからずあったけどそれではジェフの思うツボ。
DFラインがどれだけ“我慢”してショートパスをボランチに繋げるかが鍵になると思う。
勿論、ボランチの顔出しも重要だね。
何としてもアラウージョが下がってもらいに来るような状況にしちゃいけないよ。

ジェフで注目したい選手は阿部、佐藤、巻の3人かな。
阿部は心臓だからともかくとして、佐藤の飛び出しはガンバのDFラインを決壊させる可能性があるね。
でも、それを可能にさせるには巻のキープ力が絶対不可欠。
キープ力のあるハースがいないだけにジェフが普段通りの攻撃を出来るかどうかは彼にかかっていると思う。
前で持てない限り追い越す動きなんて出来ないのだから。

ガンバで注目したいのはシジクレイ、橋本、大黒の3人。
シジクレイが巻にキープさせなければジェフは攻撃の形をかなり作りづらいはず。
橋本は相方遠藤の負担をグッと減らしてあげる動きが欲しい。
そして、不調の大黒が点を取れば一気にチームのムードは高まるはずだ。

いやぁ、楽しみになってきた。
変な要素が無い限り、好試合になるのは間違いない。
両チームが悔いの無い戦いをしてくれる事を願うよ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。