スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊り場脱却宣言 第28節緑戦(A)[生観戦] 第2部

FC東京観戦記2005
10 /25 2005
オレ、青と赤~ 一生青と赤~ オレ、青と赤~ 緑はダイッキライ!! 東京♪

という訳でまだまだ緑戦ネタで引っ張りたい。
絶対に勝ちたい試合で見事に勝てたのだから。
何と言っても相手が緑であったし、残留争いのライバル同士という点からも8差に広げるのと2差に縮まるのとでは天と地だよ。
もうしばらく浮かれたっていいよね。

東京のチーム状態は、清水戦以降確実に上向いている。
特に大宮戦は十八番のハーフカウンターを蘇らせた点で大きかった。
引き気味に構えた大宮の消極的なプランもアシストしたね。
退場者を出した事も闘争心をより掻き立てるいいきっかけになった。

緑戦ではこのいい流れを引き継げていたね。
前から獲って早く攻めるという意志が統一されていたし、ボールを奪う箇所も明確だった。
そして、最後まで勝負を諦めない闘争心も見せ付けてくれたよね!

また、新たな収穫も2つあった。

一つは、最終ラインからのビルドアップの向上。
今迄であれば最終ライン付近でチマチマ回した挙句に前方へドカ蹴りしていた場面でも、きっちりボランチを経由してグラウンダーのパスを通せていた。
予想に反してボール支配率が高かったにも関わらず持たされ感が無かったのは、淀みなくある程度効果的なパス回しが出来ていたからだと思う。

もう一つはミドルシュートを打つ積極性!
今までも打て打てと言われていたんだろうけれど、実際にあそこまで積極的に打った試合は少ないんじゃないかな。
残念ながら枠を外れていったのが多かったけれど、興ざめするような宇宙開発が無くて好印象。

ここから先は個人に焦点を当てていきたい。
新たな収穫として挙げたビルドアップの向上は3人の選手に因るところが大きいと思う。

一人目は金沢浄。
彼が左サイドに復帰した事で攻撃の起点ができていたよね。
パスを正確に繋げる彼が確実にボランチに渡したりサイドチェンジをする事で攻撃の幅が出来ていたし、この日は前が戸田でなく阿部という事もあって足元へパスを渡し絶妙な位置関係でフォローに入っていた。
特に前半見せたオーバーラップは効果的だったね。

もう一人は梶山。
緑戦では「運動量が少ない」という批判が嘘のように動き回っていたね。
彼が頻繁にボールを受けにいったからこそ最終ラインも預けられるし、他の選手も動き出せるというもの。
やっぱりボランチを経由するとグラウンダーのパスが多くなるし、その分確実に回せる。
ようやくワールドユース直後に見た姿を現し始めてくれたよ。

この二人に加えて今や頼もしき東京の司令塔となった憂太が時に下がってパスを捌く事でいいリズムを作り出せていたね。

ミドルシュートをいい形で撃てたのはビルドアップ向上したからこそだと思う。
処理の難しい浮き球ではなく足元で受ければルーカスも正確に落とせるからね。
また、選手同士がいい距離感を保てるから梶山、今野が思い切って撃てる位置に行けたんじゃないかな。

他で特に良かった選手はワシントンを押さえ込んだCBコンビ、特にモニはこの試合も凄く頼もしかった。

そして、ササ!
ボールに絡む回数はまだ少しだけれど、決定的な仕事をするよね!
この調子でフィットしてもっともっと高い能力を引き出して欲しい!
EL MATADOR SASA SUPER SASA GOL♪

次は課題について。

チームとしての課題は相変わらずサイドからの攻撃が点に繋がらない事だよ。
送り手の精度(クロスが持ち味、て選手が前目の選手にいないんだよね)もそうだし、詰める人数やポジショニングにもまだまだ問題があるように思う。
中央から点を取れるようになってはきたけれど、やはりチームのアイデンティティーであるサイド攻撃からの点が欲しい。

ビルドアップも向上したとは言えまだまだ物足りない。
同サイドでの攻撃が多くて、マークを引き剥がせていないよね。

個人にも目を向けよう。
梶山はだいぶ良くなったけれど、ハッキリ言ってまだまだこんなもんじゃないはず。
安易なパスミスがまだチラホラあるし、サイドチェンジの意識ももっと高く持って欲しい。
宮沢級とまでは言わないまでも、いいサイドチェンジ出せるのを知っているだけに!

モニはいいパス出そう、ていう意識は見えたけど精度が伴わなかったね。
引き続きトライして欲しい。

ミドルシュートの精度も高めて欲しい、というよりは撃つ意識を引き続き持って欲しいね。
続けていればもっともっと入ると思うよ!
(それにしても、憂太のあのトラップでのかわしは鳥肌モンだったなぁ…。)

最後に今後の展望について。

ガンバ、鹿島、ジェフと強豪との試合が今後続くよね。
最近の原監督はリアリストだから試合を壊さないように前半我慢する展開が今後も多くなるんじゃないかな。
緑戦で最初からいったのは選手の昂ぶった気持ちを変に抑えたくなかったのと、ワシントンさえ見ておけばあまり怖くないという計算があったからだと思う。
前半はしっかり守ってボールを奪ったらキチンと前へ繋いで運びシュートで終える事。
後半は徐々にリスクを冒して貪欲に勝ち点を獲りに行く。

一時期はこの連戦を迎えるのが怖くて仕方なかったけれど、今は期待感があるよね。
きっと東京なら切り抜けられる。
そう信じて応援しよう!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

遊びに来ましたー(^^)
ほんとに上位との対戦が「楽しみ」になってきましたねえ。
何しろこの3チーム、AWAYでは全敗。
でも、今の東京はあの時とは違う!
今なら負けない!
そう考えるとまたテンションが上がる上がる↑・・・

↑間違えました・・・
鹿島はホームでの敗戦でしたね。5月。

>ymackyさん

いらっしゃいませ~。
この3チームには大きな借りがあるんですよね。
利子付きで返してあげちゃいましょう!
上手くいけば2週連続で首位叩きができますよ(笑)
テンションアゲアゲのまま一気に突っ走りましょう!

邪魔し(イジり)に来ましたー(^^)
いやいや冗談はさておき、相変わらずG裏からよく見てますねぇ。
GKアングルとしてむしろ状況をつかみ易いのかもしれない(慣れ?)ですね。
しっかし、大脱走とササの歌、そんな歌詞だったんですね。あの場で歌いたかったな~。
さて強豪との3連戦、首位戦線を困惑させてやりましょう!
今週は浮かれっぱなしさせてもらいますが、日曜からまた気持ち入れなおしてVAMOります!!

TATSUさんもいらっしゃ~い(笑)
この記事に関しては生で観た感想だけでなく、TVで観た感想も含めてますよ~。
正直、浄さんがあそこまで効いてるとは思ってませんでしたから(笑)

歌詞は自分も現地で歌えなかったのが悔しくて、調べて載せました。
あの場で歌いたかったよね~。

では、日曜から首位戦線をかき回してやりましょう!

VAMOS TOKYO!

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。