スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンボケ ウクライナ×日本[TV観戦]

日本代表
10 /13 2005
東欧遠征第2戦。
フィールドプレイヤーは松井が三都主に代わっただけ。
中盤をダイアモンド形のままにして底にナカタコ、左に稲本という配置。
ジーコも三都主の起用で左に穴が空く事が最初から分かっていて、守備も前に行くプレーも、と期待しての稲本左起用だったのだろう。

ウクライナは上手くボールを回しながらも当然のようにこのゾーンを重点的に攻めてきたのだが、三都主の守備はいつも通り酷く稲本そして茂庭がこのゾーンのケアでイッパイイッパイ。
1~2人で守れてしかるべきゾーンに3人も費やさなくてはならなくなった日本は大きくバランスを崩し、防戦一方に。
坪井を中心になんとか中央で跳ね返すものの、バランスが悪いのでこぼれ球もなかなか奪えず前へとボールを運べない。

また、数少ないチャンスにもFW陣はゴールに背を向けてトラップし、中盤もナカタ以外ミドルを打つ意識が希薄。
点など到底入る訳が無かった。

そんな状況でも長い間0-0のイーブンで切り抜けたのは、ウクライナの決定力が著しく低かったから。
シェフチェンコもボロニンも欠いては点が奪えない、層の薄さを露呈した。

不甲斐無いウクライナに審判が業を煮やし(?)後半8分ナカタコが退場に追いやられた。
が、それでもウクライナは拙攻を繰り返し、次第に三都主が抜けてバランスを取り戻した日本が途中出場の松井を中心にあわやの場面を作り始めた。

コレはマズイと審判が思ったかどうか、終了間際微妙な判定でウクライナにPKが与えられた。
さすがにこれを入れてウクライナ先制。

その後はGKが必死に時間稼ぎをして何とか1-0で終え、ウクライナは面子を潰さずに済んだ。

この試合の数少ない収穫。
一つは松井が日本代表に+αをもたらす存在という事が証明された事。
中村以外で攻撃を組み立てるだけでなくアクセントを加えられる存在を得たのは心強い。

もう一つは三都主に見切りをつける良い機会になった事だろう。
三都主は格段に調子が悪かったのではなくいつも通りプレーしただけ。
余計なファールをしてカードをもらうのも相変わらず。
ワールドカップでは、ウクライナと同等以上の相手とGL2位争いをする事になるだろう。
このレベルの相手に、ましてや右サイドに突破力のある選手がいた訳でもないのにあそこまで穴を開けてしまっては話にならない。
ピッチ上に通訳を置ける余裕など日本には無いのだ。

この試合唯一の青赤戦士、茂庭について振り返ろう。
一度振り切られた場面があったものの、1対1では総じて悪くなかった。
ただ、この試合でも足元の不安定さは隠しきれなかった。
ジーコ日本は高い位置でボールを獲らず、最終ラインで止めてそこから組み立てる稀有なチームだ。
DFからキチンと繋げるか否かが大きく左右する。
茂庭にとっては課題が浮き彫りになったという点でいい遠征だったのではないだろうか。

来年、欧州組を召集できる国際Aマッチデーが殆どない事から重要さを増した欧州遠征だったが、狙いのボヤけたまま終えてしまった。
その原因がオールスター、そしてジーコの不可解な采配(ラトビア戦で褒めたばっかりなのにw)、という回避可能なものだっただけに残念だ。
選手達が個々人で収穫と課題を持ち帰り成長する事を期待するほかに無い。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。