スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣の芝は青い 高円宮杯準決勝 広島ユース×緑ユース[生観戦]

その他
10 /09 2005
小平か、国立か。
迷ったけれど、高円宮杯@国立を観る事にした。

という訳で、国立競技場を目指すのだけれどその前に腹ごしらえ。
友人とは代々木で待ち合わせる事にした。
200510080005s.jpg

なぜ代々木かというと、ラーメン激戦区となってきているから!
勿論、国立競技場にも歩いていける距離だしね。

数ある候補の中から我々が向かったのはこちらのお店!
200510080001s.jpg

たけちゃんにぼしらーめん。
そう!深大寺にあるあのお店だ!!
しかも、移転先であるこっちの店が本店となったらしい。

注文したのはラーメン。
200510080003s.jpg

ラーメンと言われて真っ先に思い浮かぶ絵がそのまま出てきた。
原点だね。

銀河鉄道999の鉄郎になった気分でいただきます!!

う、美味い!!

パンチが効いてるのに後味はアッサリさせるというすごい事になってるぞこれは。
一口目で感じた美味さがその後もずっと続いている。
麺もコシがあって食べ応えがある上、メンマはシャキシャキ、チャーシューはトロッと具も充実!
出すもの全て丁寧にこだわっているんだろうね。
でないと、このバランスは保てないはず。

深大寺店に行った事が無かったのでこの看板
20051009114720.jpg

を観た時は正直不安だったけど、何度でも安心して行ける店だよここは。
店内も広いから、混んでもそれ程待たされる事は無いんじゃないかな。
皆さんも観戦後に是非行ってみて下さい。

さて、前置き(というよりもはやメイン?)が長くなったけれど、ちゃんと国立競技場には行った。

カードはサンフレッチェ広島ユース×緑ユース。
この世代では名門同士の対決だ。
200510080006s.jpg

試合は前半、緑が押し気味にすすめた。
緑は攻撃になった時のバランスが良く、一度当ててからの攻めがワイドで広島ディフェンスに的を絞らせなかった。
一方の広島は10番平繁の個人技を中心に攻めるも単発。
セットプレーから1点奪った緑のリードで前半を折り返した。

後半に入ると広島が人数をかけて攻めに出る。
しかし、ボールサイドに人の寄りすぎた攻撃は緑守備陣の網にかかり、逆にカウンターを食らってしまう。
押していた時間帯で痛すぎる2失点目を喫した。

苦境に追い込まれた広島だったが、ここからある選手が奮起。
その選手とは11番木原。
前半から豊富な運動量とスピードでよく顔を出してはいたのだが、トラップなどをミスしていた彼。
その彼がサイドに回ってドリブルで突破する場面が増え、再三チャンスを演出。
そのうちの一つが決まって1点差に追いついた!

しかし、試合巧者緑は素晴らしいFKですぐさま引き離してしまう。
が、粘る広島。
またしても木原がサイド(先程は左だったが今度は右!)からチャンスを作って平繁がゴールゲット!
一点差に詰め寄った!

ここからは押せ押せ熊さんと、とにかく守る緑の構図。
広島はCKから超決定機を迎えたが緑の厚すぎる壁に弾き返されてしまったりと、結局得点奪えず。
緑が決勝へとコマを進めた。

この試合で目立ったのは緑では、カウンターからキッチリ決めた智和(弟)と度肝を抜くFKを披露した貴裕の征矢(そや)兄弟、
広島だと先述した10番平繁、11番木原だ。

東京サポーター視線から特に目を惹いたのは木原。
90分間衰えない上に労を惜しまず、ピッチ上どこにでも顔を出す運動量、素晴らしいスピードは戸田を思い起こさせるし、使う場所を間違えなければドリブルも活きる。
後はトラップさえしっかりすればチームに欠かせない選手に成るんじゃないかな。
もしトップチームに上がらなくても、プロ選手を目指して頑張って欲しい。

ヒートアップした試合を観た後はまったりしたい。
高円宮杯の半券があれば無料という事だったので、秩父宮記念スポーツ博物館へ。
200510080013s.jpg

マラドーナのサインがどこかにあるサッカーボールや、メキシコオリンピックでの代表ユニやら、コマネチのユニやらを拝んできた。

でも、一番面白かったのはパターゴルフ対決!
友人は5打で入れたけれど、俺は20打以上打っても入らなかった。

外へ出るともう6時を回っていた。
どうせだから、と我々は代表戦を観に六本木のサッカーBarへと向かう事にした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。