スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人動物園とグルメと夜の街 10月1日の日記

日記
10 /03 2005
10月1日は都民の日。
浜離宮に行ってお茶を飲む、という優雅な計画を立てていたのだが事情により変更。
上野で降りる事となった。

ここで都民の日を味わうにはあそこに行くしかない。
あまり好きな場所ではないが、これも何かの縁。
男26才、一人動物園に挑戦だ。
200510010002s.jpg

図らずも私一人しかいない事を物語る写真。

200510010004s.jpg

意を決して向かった。

上野動物園の目玉は何と言っても白黒熊さん。
一番手前にあるキジコーナーを横目に眺めつつ、パンダの居る場所へと向かった。

あぁ、もうすぐあの愛らしい姿をこの目で見れる。

          ドキドキ


          ドキドキ


          待望の…



          御対面!!

200510010005s.jpg


        工工エエエ(´д`)エエエ工工

そ、そんな…。

激しく動揺した私だったが、もう一匹奥に居るらしい事に気付き、安堵。

そして、今度こそ待望の御対面!!
200510010007s.jpg

背中向けてフテ寝していらっしゃる…。
そうだよな、こんな狭い中にいたら動く気しないよな。
これだから動物園は…と心の中で一人文句をつぶやく男26才。暗い…。

時間は迫っていたが、このまま帰るのは悔しかったので少し回る事にした。
200510010008s.jpg

逆にこちらを観察するテナガザル。

200510010010s.jpg

図体に似合わずラブリーなポーズをとるゴリラ。

他にも観たが、一番かわいかったのは…



帰る途中で見たこの子だった。

200510010012s.jpg

上野動物園を出た後は駒場スタジアムへと向かうのだが、その前に腹ごしらえをしなければならない。
浦和ご当地ラーメンと名高い「娘々」で食べるために北浦和へ。

着くと既に大行列。
パッと見東京サポはいない。地元民に愛されているようだ。
200510010017s.jpg

頼んだのは名物「スタミナラーメン」
200510010016s.jpg

いくらだと思うだろうか?

正解は350円!
安い!安い!安い!
ただし、味は値段相応だ。
何故並ぶのか、それは並んでいる人に聞いて欲しい。
これ以上は書かない。


そうそう上手い話は無いよなぁ、などと思いつつ歩いて駒場まで向かった。

途中、こんな名前のアパートを見つけた。
200510010018s.jpg

浦和という土地柄を考えると偶然とは思えなかった。

そうこうしているうちに駒場スタジアムに着き、
久しぶりに会心の勝利を味わった。

詳細についてはこちらを参照して欲しい。

勝った後といえば、祝勝会!!

今回私達が向かったのは最も似つかわしくない街の一つ、銀座だ!
200510010028s.jpg

この写真を撮るには羞恥心を忘れなければならない。

お目当てはキレイなお姉様方のいる高級クラブ、ではなくこちらのお店!!
200510010029s.jpg

名古屋名物みそかつの老舗「矢場とん」だ!
看板のテカり具合が既に美味しい店の予感を漂わせている。

入店して早速名物「わらじとんかつ」(もちろん味噌ソース)をオーダー!
出てきたのがこちら。
200510010030s.jpg

200510010032s.jpg

驚愕のボリューム!!
普通に考えたら食べきるのはちょっと大変な量だ。

しかし、これが、もう、

でらうみゃーーーーーーーーー!!

味噌ダレでコクがあるのだけれど嫌味が無く、後味がスッと引くのですぐ次を食べたくなってしまうのだ!
程よい厚さで歯切れの良い衣がとろけるようなやわらかいお肉を包み、この味噌ダレが合わさると口の中は至福の境地。
もはや誰一人として会話せず、とにかくみんな夢中で食べた。
あれだけのボリュームがあったにも関わらず、アッという間に食べ切ってしまった。

まだ行った事が無いのならば

今すぐ予定を組んで行くべき!


それくらい強くオススメできる店だ。

え?他で味噌カツ食べた事あるけど、好みじゃなかったし食べ切れなかった?
君が食べたのは似て非なるもの。全て忘れて本物を食べるべきだ。

大満足で店を出るとまだ午後7時。
まだまだ夜は始まったばかり。
我々は六本木のFootball Loversへと足を向けた。
200510010034s.jpg

カードは鹿島×千葉
両チームとも個人技と組織が上手く噛み合わさっていて面白いサッカーをする上にミスも少ない。
特に終盤になっても衰えない千葉の攻め上がりは驚きを通り越して笑いすらこみあげてきた。
試合展開は、巻の落としで見事に崩し佐藤勇人のゴールで逆転した千葉だったが、後半怒涛の攻めに出た鹿島にボールをしぶとく拾われDFは休む間を与えられず根負けのミスからアレックスミネイロにゴールを奪われて同点に。
引き分けたくない両者はその後も知能と体力を尽くして攻め合ったが両者譲らずドローとなった。

この試合は重要ではあるが首位攻防戦でも伝統のダービーでもない。
Jリーグはここまで進化したのか、という感慨と共に夜は更けていった。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

「娘々」はボクの“ホームタウン”与野にもあります。
こちらも味は値段相応。でもオバちゃんはいい人ですよ!

ボクの家の近くにはサッカーパブがたくさんありますが、
土地柄青赤の服を着て行けません。
週末は赤い人たちでものすごい盛り上がりです。
レッズが勝つとビールを一杯無料にしてくれるので、
ちゃっかり赤のポロシャツ着て遊びには行きますが、
店長の前で長谷部とポンテをサクっと持ち上げては、
2杯で撤退しています(^^)

>たかぴーさん
娘々は味より雰囲気を楽しむ店なのかもしれませんね。

近くにサッカーパブがいくつもあるなんて羨ましい環境ですね。
青赤のパブが近所にあったらどんなに楽しいだろう?
それにしても、レッズの勝利に便乗して無料ビールいただいちゃうなんてたかぴーさん世渡り上手ですね(笑)

嗚呼、このBLOGの中の方は非常に楽しんでらっしゃる!
サッカー観戦だけが、東京の試合時間だけが、その日の、人生の糧ではない!行間にそう書かれている。
てか、いぎーたさん、マジでヤバいから!(笑)
くそ~、試合日を楽しんでますな~。家を出たときから家に着くまでが東京青赤DAYだ!
自分も数ヶ月前から会社で「らぅめん探検隊」を発足し、色々と試し始めているので、東京DAYではないですが、そのうち・・・
あんまり具合のよい画像をUPされると、むしょーにお腹がすいてしまうので勘弁を(涙)
今回は全ての料理に青赤勝利の調味料が隠されておりますね!
見方によってはパンダすらも青赤・・・(んな事はない!笑)
激VAMOS!!!

>TATSUさん
試合日はなるべく予定をギュウギュウに詰め込んでます。
欲張りなので(笑)
TATSUさんの「らぅめん探検」レポート待ってますよ!

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。