スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点回帰 第26節大宮戦(A)[生観戦]

FC東京観戦記2005
10 /02 2005
この試合だけは何としても勝ちたい。

今年、何度この言葉をつぶやいたかわからないが、
大宮戦は間違いなく「勝ち点3」を求められた試合だった。

試合前に流れた情報では加地が欠場して、
右SBに今野が入ってボランチは宮沢と梶山が組むという事だった。
J260001s.jpg

私は非常に不安を抱いていたが、
ふたを開けてみると加地が出場し、ボランチは宮沢と今野が組み、
1TOPには驚異的な回復力でルーカスが復帰した。

驚いたのは文丈、梶山、規郎、阿部、ササ、というベンチメンバー。
GKどころかDFすらいない。
何としてでも攻めきる、という意志がほとばしった構成だ。
その意志を選手達がピッチ上で表現出来るかが一つの鍵だった。
J260002s.jpg

試合が始まると大宮は引き気味に構え、東京がボールを支配する展開に。
後半勝負の大宮が意図した立ち上がりだったのだろうが、
これが東京の力を引き出す呼び水となった。

自らの組み立てでは、戸田の飛び出しに対してロングフィードを送る、
もしくはルーカスに当ててからの即興といった程度しか披露できなかったが、
この日は相手にボールを奪われた時の寄せが早く位置も非常に高かったので
東京得意のハーフカウンターが復活!!
高い位置で奪ったボールは憂太を経由してスムーズにルーカスへと渡り、
再三決定機を生んでいた。
サイドへ捌くだけでなく、タテへの意識も高い憂太のパスが
東京の攻撃に迫力を与えていた。

セカンドボールをことごとく拾われた大宮は攻撃の形をまるで作れず、
一方的な東京ペースで試合は進んだ。

が、どうしても点を奪えない。
この日もスコアレスのまま前半を終える事となった。
J260003s.jpg

決めるべき流れの時に決めないとしっぺ返しを食らう。
私は嫌な予感がしていた。
恐らく、大宮は前半とは違った攻撃を仕掛けてくるのではないか。
その時、上手く対応出来なければ流れを持っていかれてしまうのではないか。後手は踏みたくない。交代等で先手を打って欲しい。そう思った。

後半が始まると、大宮は予想通り重心を前に傾けてきた。
東京も前半の流れを手放すまいと中盤で効果的なアクセントを加える憂太を中心に応戦。

前半ほどではないものの東京優位で試合が進んだ後半9分、
戸田がGKと交錯したと判定され(?)退場処分に。
予期せぬ形で予感が的中してしまった。この時はそう思った。

しかし、この判定が燃え上がるFC東京の闘志を更に燃え上がらせた。

後半15分、

憂太からボールを受けたルーカスがシュートを放ち、

相手GKが弾いたボールを宮沢がゴールへ流し込み、


東京先制!!

ドラマチックな過程を経て待望のゴールが生まれた!!

それにしてもFC東京というクラブは
「相手が減れば萎え、自分達が減れば燃え上がる」実に不思議なクラブだ。

10人相手に失点する失態を演じた大宮はなりふり構わず攻めに出るしかない。
が、前線でポストになれるような選手がいない為に幅の狭い攻撃に終始。
ツゥットだけが孤軍奮闘し、何本か際どいシュートを放つものの、
能力が高い上に集中力を保った東京の守備陣から得点を挙げるに至らず。
心配していた大宮の選手交代も功を奏さず、無失点で試合を終えた!

FC東京

内容と結果の伴った会心の勝利!!


J260006s.jpg

この試合最大の収穫は、
前から圧力をかけてハーフカウンターを仕掛ける東京得意の形を取り戻した事、
そしてそれを可能にする闘争心を見せてくれた事だ。
失いつつあった原東京のアイデンティティーを取り戻すキッカケとなるのではないだろうか。


選手個々に目を移すと、誰一人としてサボっていた選手はいなかったが、
中でも憂太にはたくましさを感じた。
好調を維持していたにも関わらず出場機会が限られていた彼だったが腐らずにピッチ上で鬱憤を晴らしてくれた。
彼のプレーはこれまでの東京に足りなかった中からの脅威を相手に与える事に成功した。
次のステップ、それは今の状態を継続し更には高みへ持っていく事!
やってくれるね! 信じて応援する!!

梶山にも触れたい。
原監督の我慢にも限界が来たのか、スタメンを宮沢に奪われた彼。
この選択は吉と出た。
チームとしてだけでなく、彼にとっても、だ。
宮沢のプレーする姿から、やるべき事、やれる事を精一杯やってプレーする事の大切さを学ぶ事が出来たはずだ。
何度も書くけれど、梶山は近い将来、FC東京の柱となるべき選手だと考えている。
しかし、それは既に約束された道ではなく、彼自身の努力によって勝ち取られるべきもの。
その当たり前の事を当たり前だと思えただけで効果は充分なはずだ。
これからの梶山の巻き返しに期待している。

最後に久しぶりにタスキでハネた人間としての感想も。
この日のコールは歌の種類も豊富だったし、テンポも良くすごくノリやすくて助かった!
このタイミングだから書けるのだけれど、これまでのコールは無駄に長いのが多くどうしても念仏のようになってしまっていた。
今回のようなコールならばその心配は無い。
これからもこの調子でお願い!

俺達のトーチュウ「MOT]投票はコチラ

<試合前後のグルメを中心とした日記は明日up予定。引っ張ってごめんなさい。>
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

憂太が頑張ってくれたこと、
宮沢が結果を出してくれたことが嬉しいです。
いきなりの出場で結果を残すのは難しいと思うので、
ホント良くやってくれたと思います。

ただ他の降格争いチームも勝っているので、
混戦はまだ続きますね。
この勝ち点3で満足せず、
広島、緑戦でも勝ち点を積み上げてほしいと思います。

グルメの日記…楽しみにしてます。
ボクも試合後は旨い食事を求めて
動き回ってみようかな(^^)

>「相手が減れば萎え、自分達が減れば燃え上がる」実に不思議なクラブ
相手が減ると非常に焦るのですが、
こっちが減ると急に自分達の攻撃をやれてしまう、
仰る通り不思議なクラブです、東京(苦笑)

憂太は本当に良くやってくれました。
東京サイドのゴールライン際まで下がって、身体を張った守備をした時は、
あんな子だったっけ…と吃驚しました。
そして宮沢さんの、交代間際のゴール。
あの場所に走り込んできていた宮沢さんにしびれました。
急にテレビカメラの右端に現れるんですもの、そりゃ吃驚です(笑)

今回の応援はかなりバリエーションに富んでいて、
あれは応援のしがいがあるなあと思って見ていました。
あの場所にいられなかったことが残念!!

>たかぴーさん

気持ちの良い勝利でした!

良い意味でプレッシャーから開放されたでしょうが、まだ気を緩めるわけには行きません。
確実に勝ち点を積み重ねたいですね!

グルメ開拓は必須ですよ!
試合は家に帰るまでが試合なんです(笑)


>.KOOLさん

憂太の成長は今年目を見張るものがありますが、よく腐らずにやってくれたと思います。
宮沢もあの場面でよく詰め、冷静に押し込んでくれました!

応援も最近では一番楽しかったですよ!
点獲る前から盛り上がってました。
これからも楽しく応援していきたいですね。
次節は是非!

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。