スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寛容と棲み分け、そして愛とモラル 東京サポーター論

FC東京
09 /09 2005
東京が勝利から遠ざかっている今、
ここを始めとしたブログや掲示板は不満の渦にある。

私は、勝てない事で論議が紛糾するのは自然だと考えている。
不満があるなら、整理した上でおおいにぶつけ合えばいいではないか。
レスによって新たな視点を得られれば応援の活力になるからだ。

その一方、批判する事に対する批判も多く出ている。
選手や監督など何も生まない、収穫にだけ目を向けひたすら応援しよう、
という彼等の目には我々が「勝利至上主義者」に映るようだ。

一体、何が正しくて、何が正しくないのだろうか。


東京という街は様々な顔を持っている。

新宿や六本木を始めとした都会然とした顔を持つ一方で、
浅草などには情緒ある風景があり、
高級感溢れる銀座のすぐ隣、新橋では毎晩おやじ共が酒をかっくらっている。

決して相容れない個性と魅力を内包し共存する街、
多くの富裕層と同時に多くの貧困者が住む街、それが東京だ。

FC東京が真に東京を代表するクラブへと成長すると共に、
サポーターは多様化していくのが自然ではないだろうか。



では、多様化していくサポーター同士をつなげうるものは何か。

それはクラブへの愛とモラルだ。

何をしようとも、根底に愛が無ければ応援になるはずがない。

また、各々が好き勝手にやっては争いと規制が生まれるだけで、
結果的に自由は奪われるだろう。

自分自身で考え、ふさわしい場所で、ふさわしい応援をする。
それもモラルだ。

例えば、
盛り上がっている様子を見たいという理由でゴール裏に来る方がいるようだが、
染まる努力をしない限り自分自身の存在がその場を盛り下げ、
力と魅力を失わせている事に気付くべきだろう。

ここまでは、他クラブと変わりないだろう。
サポーターの土台は愛とモラルで成り立っているのだ。


では、東京サポーターにとって特に大切な事は何か。

それは寛容な精神ではないだろうか。

サポーターの多様化はこれからも多くの表現・アプローチを生むだろう。
なかには理解し難いものもあるかもしれない。
それでも、根底にクラブへの愛があり、モラルが守られているならば認めるべきだ。
理解できないからといって追い出す権利など誰にも無いのだ。

モラルがあれば
各々がふさわしい場所を見つけ、
スタイルに合った応援を始めるに違いない。

お互いが刺激を受け、更なる楽しみを発見できれば理想的だろう。


ブログや掲示板についても同じ事が言えるのではないだろうか。

意見が食い違う事、受け入れがたい事、相容れない事は多々ある。
しかし、
重要なのは、モラルが守られた上で
意見の根底にクラブへの愛があるかどうかだ。
あるならば、一定の敬意を払うべきだろう。

色んな色があってこそ東京ではないか。
その上で、間違っていると思えば間違っていると書けばいい。


時々妄想する事がある。

満員のスタジアム。

ゴール裏はお祭り好きの下町気質な奴等が占拠して熱いコールを送り、
その上ではアキバ系が萌え系電脳ゲーフラを掲げている。

バックスタンドに目を移せば、
新橋にいるような飲んだくれがビール片手に拍手と野次を飛ばし、
その上では銀座にいるようなお姉様方が、
あのカモシカのような脚がセクシーね、なんて言いながら高みの見物。

相手ゴール裏付近では府中帰りのギャンブラーが
totoGOALとニラメッコしつつ時には相手チームの応援もしちゃってる。

一見バラバラだけれど、
ココゾという時には不思議な程の一体感で選手達を後押しする。

そんなスタジアムの姿を。


あなたの描く未来のスタジアムはどんな姿ですか?

10175s.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

“リーマンの街”新橋に馴染めず下町に戻ってきたたかぴーです(^^)
やっぱりお祭り騒ぎが一番合ってるかなー。
もう神輿を担ぐ体力はないけど、
周りから声だして盛り上げますよ。

ゴール裏にも優先エリアなどが少しずつ出来て、
棲み分けが始まっているようですが、
ゴール裏の中心ブロック3~4列は声出しエリアにしたいですね。
まあクラブがそこまでは出来ないかもしれないので、
ボクらが頑張って、声を出さない人がいづらい雰囲気にしてしまうのもいいのかな。

まあ東京を愛する人がそれぞれにあった場所を見つけ、
それぞれ独自の楽しみ方をする。
それは素晴らしいことですよね。
ボクも賛同します。そして素晴らしいホームの雰囲気を作り上げたいですね。

今は過渡期なのでしょうね。ゆっくり理想に近づいていけるんじゃないかという、根拠のない希望を持てるキモチになりました。チームもサポーターも、前を向いて行きましょう!

>たかぴーさん

そうですね。
自分達で雰囲気を作り上げていく事が早道だと思います。
オヤジに染まるのはまだ早いですよ!


>Rさん

はい。
まだまだ成熟は先にありますよね。
Walk on with hope in your hearts!

最も重要かつ大切な事は、サッカーが好き、東京が好き、というところですね。もちろん特定の選手目当てというのも悪いことではない。

自分はアウェイ側席以外、ほとんどの席種で観戦した事があります。
関係者や地域の方、年輩の方々はメインで楽しんでいるようですし、サッカーを相対的・総合的、かつ東京贔屓の方はバックでといった印象です。
自分は色んな席を経験してきて、今期はサッカーを俯瞰して観ると同時に選手を後押しできるG2で年間チケットを購入しました。
ま~ジッとしてられない性分なので、チャンスやピンチには結構立ってしまうのですが・・・。あまり後ろの方に邪魔にならない席を選んでます。
今期は大宮戦でG2も凄かったんですよ!立ち見厳禁席にもかかわらず、チャンス機に皆立ち上がって手拍子して・・・。
ただそれでもG1には何度か行くのですが。今年から立ち見容認になりましたが、意外と座ってらっしゃる方も多くてビックリ!?
チャントで後押しはしてるので、むしろG2がお似合いではと思いますが。(容認は厳禁と違うので座りは違反じゃないけど)
でも、ハッキリ言って東京にあの規模のホーム・スタジアムが出来てまだ5年程度ですよね?
棲み分けがこの程度の年月で確立されるとは思いませんよね。もちろん各々が空気を読めるに越した事はないですけど。
かと言って指くわえて確立されるのを待っているのもまた、何も変わらない。
まずは自分のすべき事・出来る事を、自分に合った場所でやる。その積み重ねだと思いますね。もちろん自然発生的に。
更にはウィット&ユーモアに溢れて、試合も応援も楽しめるのが東京愛だと思ってますよ。
逆にクラブや誰かが強制的にサポーター区画整理なんか始めたら、多様化の真の意味で良さがなくなりますね。
それこそ空気の読めない、東京らしくないチームって感じです。
自分は、自分にとってすべき事とチームに対して出来る事をやりますよ~!
And you'll never walk alone.

>TATSUさん

サッカーが好き、東京が好き。
だからスタジアムに足を運ぶ。
初心はいつでも忘れたくないですね!

周りの空気を読みつつ、みんながそれぞれやりたい事をやる。
周囲は否定でなく、肯定の目でまず見てあげる。
きっと自然に棲み分けが出来ていくと思います。
規制なんて野暮なもの無くてもできるはずだと信じています。

それにしても、色々な処で見ているんですね。
さすが「色んな角度で蹴ってみる」の管理人さんです(笑)

VAMOS TOKYO!!

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。