スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模索 練習試合×国士舘大学戦[生見学]

FC東京
08 /07 2005
短いオフを挟んだFC東京の再開緒戦はナ…ではなく練習試合での国士舘戦。

一番気になるのは何といってもササのフィット具合。
20日の浦和戦をどのような状態で迎えるのかが焦点だった。
kodai08060017.jpg


始まると、

FW ササ、ルーカス

MF 憂太、文丈、梶山、石川

DF 規郎、増嶋、迫井、泰成

GK 大志

という4-4-2のようだった。
まずはルーカスとの2TOPを試したのだ。
kodai08060018.jpg

試合開始。
東京は、格の違いそのままに押し込むものの決め手を欠いた。
梶山、憂太を中心にいつもよりボールは回るのだが決定機はなかなか訪れなかった。

先制点は相手の虚を衝いたショートコーナーから規郎が豪快に決めたもの。
あまりに強烈過ぎてボールがネットを巻き込みながらゴール上部へと絡まっていた。

2点目は右から繋がれたボールをバイタルエリアで受けた梶山が放ったミドルシュートによるもの。
この試合で一番美しかった場面かもしれない。

その後大きな見せ場は無く前半を終えた。

ササは以前より運動量が多くなりボールに絡む回数も多くなったものの、PAで仕事をする特徴が活かされているとは言えなかった。
ルーカスとの最適な位置関係をまだ掴めておらず、なかなかチャンスを作る事もシュートを放つ事も出来なかった。
まだ合わせて間もないので仕方ないだろう。20日まで濃密な練習を繰り返し、なんとか目処を立たせて欲しい。
また、周囲の協力ももっと必要だ。
特にサイドからのクロスの精度は彼を活かしも殺しもするだろう。

収穫は増嶋の成長。
従来の鋭い読みでのカバーに加え、前に行って潰すプレーにも進歩がみられた。
WY土産を持って帰ってきたのは梶山だけではなかったようだ。

規郎のSBはまぁまぁの出来。
前半終了間際にオーバーラップからPA内に進入し、中へシュート性のクロスを上げた他は目立たなかった。
得点の場面は見事。

心配なのは右サイドのコンビ。
石川は動きが読まれていて窮屈なプレーに終始。ポジショニングやプレーの選択に知恵が欲しい。
泰成はプレーが雑。アバウトなパスや簡単に中へ折り返させてしまう淡白な守備が目立った。
バイエルンのプレーから学んで欲しいと思うのだが。

後半はガラッと代わって

FW 祐介

MF 栗澤、宮沢、浅利、コバ

DF 健児、尾亦、増嶋、藤田

GK 塩田

という布陣。
kodai08060007.jpg

kodai08060012.jpg

kodai08060010.jpg

宮沢を中心としたパスはカットされる事が多いものの素早い守備で奪い返しゴリゴリ攻めるといった試合展開。

3点目となった浅利のミドルには凄い弾道だったのでビックリした。
公式戦でやったら相当などよめきが起こるぞあれは。

4点目はごり押ししてる中、練習生が取った点。

後半に目立ったのは途中から出てきた練習生(笑)
その中でも気になったのは33番(池上ではないらしい)
素晴らしいポジショニングと気の利いたパスで攻撃の起点を随所で作っていた。
たま~に雑なパスがあったけど、彼はトップでも通用すると思った。
前目の選手がダブつき気味だけれど、それでも彼は獲って欲しい。誰なのかはわからないけど(笑)

13番もまぁまぁかな。
ボールを持ったら仕掛ける姿勢はあるけど、オフザボールの動きが物足りなかった。
どうしても戸田と比べてしまったので酷か(笑)

私一押しの健児は慣れぬ左SBとあって始め全く目立たなかったけれど終盤になると組み立てに参加できていた。
その点、やはり頭のいい選手なんだな、と思ったがプレーの精度はやや欠いたか。

尾亦は遠くてよく見えなかったので割愛。
SBでカバーリングの動きが少ないので、CBのツラさを思い知れ、という起用だったのだろうか(笑)

この日、主役の一人だったリチェーリは試合に出ず。
試合終了後、水をぶっかけられてみんなに誕生日を祝福されていた。

再開が待ち遠しいような、時間が足りないような、複雑な気持ちで小平を後にした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いぎーたさんに「美しい」と言わしめた梶山のミドルシュート、生で見てみたかったですね~。
そして増嶋の成長をうかがわせるというプレー。
あのワールドユースでの経験が生かされて、東京でそれが存分に発揮されれば、
これから更に期待が持てますね。
もっと攻撃に選択肢を広げるためにも、
若手選手には貪欲に挑んでいってほしいものです。

尾亦、CBで起用ですか。

>SBでカバーリングの動きが少ないので、CBのツラさを思い知れ、という起用だったのだろうか(笑)

ちょっと笑えました。
ボクも現役時代、ずっと前目の選手だったんですが、
一度、紅白戦でCBをやらされ四苦八苦。
終盤まで相手の猛攻を跳ね返したんですが、
最後の最後に井原もビックリなオウンゴール(^^;)
二アサイドから思い切りヘディングで突き刺した苦い思い出が…。
まあたまに違うポジションをやるのも良い経験になるでしょう。
尾亦には期待してるんで頑張って欲しいですね。

ササが再開までになんとかフィットすることを期待してます。
なにせリバルタドーレス杯であれだけの実績をだした選手ですから。
きっと期待に応えてくれるでしょう。

さいスタは久々にゴール裏に乗り込みます。
出せる限り声をだして選手をサポートします。
ボクらの想いが選手に届くことを祈りたいですね。

>.KOOLさん

梶山は入ったシュートの他にもミドルをよく打っていましたよ。
しかもちゃんと枠に行っていました!
浅利のミドルも豪快でしたよ。
トーチュウによると、どうやら原監督の指示で打っているようです。

増嶋もプレーにガムシャラさが出てきていい感じになってきましたよ~。

>もっと攻撃に選択肢を広げるためにも、
>若手選手には貪欲に挑んでいってほしいものです。

若手と言えば練習生。
彼等の多くはユースの選手だったそうなので、未来は明るいかな(笑)


>たかぴーさん
CBにそんなトラウマになるような経験があったんですか(笑)
尾亦には腐らずにやって欲しいですね。
今はハッキリ言って腐りながらやっているように見えます…。

ササは早くフィットして欲しいのですが、昨日の練習試合での出来も芳しくなかったようですね…。
チーム全体で何とか彼の能力を発揮させて欲しいと思います。

浦和戦。
私も友人のおかげで何とかゴール裏のチケットが手に入りました。
(友人Thanks!)
思いっ切り楽しんで勝ちましょう!

トラックバック

敵状視察 ホーム F東京戦

リーグ戦再開。ホーム、埼スタでのF東京戦です。東京は新外国人のササ(サルセード)

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。