スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落ち着きとダイナミズム 第18節神戸戦(H)[生観戦]

FC東京観戦記2005
07 /24 2005
HOT6最終戦であり、折り返しの緒戦は、
俺達の国立に神戸を迎えて行われた。

昨年の覇者に快勝した後の最下位との対戦。
戦う前の懸念は油断する事、
不調にあえぐ相手にお付き合いしてしまうことだった。

いざ始まってみると、東京は前節の好調をほぼ維持し、落ち着いた戦いぶりを見せてくれた。
何本かは単調な縦パスでボールを失ったが、全体的にはグラウンダーでルーカスにクサビを当て、サイドに展開する狙い通りの戦いが出来ていた。
加地の深い抉りからマイナスのパスからシュートを放つなど何度か決定機を迎え、引き気味の神戸を攻め立てる東京。
しかし、シュートが弱かったりラストパスが僅かにズレたりと、点だけが入らない。
もどかしさだけが募っていった25分、前掛かりになり過ぎた東京は1本の縦パスから栗原に決められ先制点を許してしまった。

抜け目のないパス、栗原のスピード&決定力は誉めるべき。
しかし、茂庭、そして土肥の判断にもミスがあった事も否めない。

良い流れで取れなければ手痛いしっぺ返しを食らう。
サッカーの原則を改めて思い知らされた失点だった。

しかし、試合の見所はココから!!

先制点を奪った最下位チームが更に引くのは目に見えている。
この牙城をどう崩すか。
戦前、
私が思い描いた東京の姿は攻め急いでDFラインから縦にボンボンと放り込み、ボールを失うという悲観的なものだった。

1点のビハインドで迎えた勝負の後半。
東京は私の予想を裏切り、前半同様丁寧にグラウンダーのパスを繋ぐ攻めを見せた。
確かに半分が終っただけではあったが、この落ち着きぶりは私にとってうれしい驚きだった。

とはいえ、肝心の点を奪えなければあまり意味がない(笑)
いい所まで行ってもなかなか奪えないのも前半同様だった(苦笑)

55分、煮え切らない展開にヒロミが動く。
石川、栗澤に代えてノリオ、馬場が同時投入された。
そして、この采配がズバリ的中する。
ノリオのサイドを削る動きやダイナミックなFK、馬場の与えるタメとアクセント、運動量が神戸のゴールをこじ開けんと迫る。
そして64分、

馬場の素晴らしいミドルシュートが

神戸ゴールに突き刺さった!

同点とされ、前へと出ざるをえない神戸。
東京に追加点の期待が膨らむ。

しかし、最後の精度、工夫が足りず点を奪えない。
金沢に代えて文丈を投入し、最後まで勝ちを狙う姿勢を見せたがこの交代は返って中盤のバランスを崩してしまい、終了間際のFKもモノに出来ずドローに終った。

最下位相手に最後まで攻め抜いたものの引き分けに終った東京。
ゴール前での精度という課題は依然残るものの、収穫もある試合だったように思う。

最大の収穫は最後まで焦らずに攻撃の形を作れた事。
先に書いたように、安易にロングボールに頼らず、意図の見える攻撃を最後まで仕掛けていた。
東京の苦手とする遅攻に進歩がみられた試合だったように思う。
その要因は、絶妙なところで顔出しする梶山。
彼が中盤でしっかりボールを受け、早く確実にパスを回した事で攻め急ぐ事が少なくなった。

結果的に失敗だったとは思うが、金沢→文丈の交代策も評価したい。
ボランチを今野より攻撃的な文丈に代える事で攻めに厚みを持たせようという意図は明快だった。
チャレンジは進化の卵。
何故上手くいかなかったのか、分析して今後に活かしせば良い。
※色々なブログを読むと、どうやら怪我で交代させたらしいですね。
私の目は節穴です。
ただ、理由は何にしろこの経験は貴重だし、活かすべきだと思います。

馬場が上り調子なのも心強い。
梶山に加え、アイデアと技術に優れた彼が入ると相手は攻撃を読みにくくなる。
得点後やや勢いを失った点が課題で、今後は試合終了までの安定した活躍を望みたい。

ノリオの積極性も光った。
持っては仕掛け、FKの場面では譲る事がなかった。
ただし、FKに関してはもっと工夫が必要だ。
彼のFKは今のところ直線にしか飛ばない(苦笑)
GKが彼の特徴を知っている今、壁が避けない限りなかなか入らないのは事実だ。
ロベカルのように巻くFKを蹴れるようになる、時には馬場などに譲る、などの工夫が必要だ。

工夫が必要なのは石川にも感じた。
怪我の影響か本調子でなかった彼。
無理に仕掛けて奪われる場面もあった。
今、自分が出来る範囲で最大限チームに貢献するには何をするべきか。
調子の悪い時はこの切り替えが重要だ。
ボールを持たず、味方にスペースを与えたり裏に抜けるプレーをしてみても良かったように思う。

課題を抱え、勝ちきれない中にも今後に期待を抱かせる内容で
東京は再び中断期間へ入った。


J181010005s.jpg


雨降らなかったね(苦笑)
私の文章を読んでポンチョやごみ袋を用意した方がいらっしゃれば申し訳ない。
それでも、国立の時は毎回用意した方がいいと思うよ(笑)

<コメントPick Up>

「今野と梶山を活かしながら、もっともっとダイナミックな攻めを作っていきたい。」原監督

片鱗は見せてくれた。
今後に期待している!!

「確実につなごうとして、みんな足元、足元に出して、サイドチェンジが少なかった。」土肥

確かにそういった面もある。
練習してバランスの良い遅攻が出来ていけば良いと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>匿名さん
私も今後の東京が楽しみで仕方ありません。
これからも共に応援しましょう!

こちらでは初めまして!.KOOLで御座います。
先程は早速うちのブログにコメントを下さって有難う御座いました!

憂太のミドルシュートは本当に凄かったですよね!
自信に満ち溢れた表情とプレーに、ここ数試合は出場してくれれば絶対に何かしてくれるという期待感を持てます。
後は試合全体で一定の勢いを続けてくれれば、なおいいですよね。

先週の完勝があっただけに、昨日の試合はちょっともどかしかったかなあという気がしましたが、
来月へ繋がる1戦だったのではないかと思います。

憂太のミドルにはスカッ!としましたね。
マリノス戦といい、素晴らしいシュート力を持っていますよね。
チェイスもだいぶしてくれるようになりましたし、今後は頼れる存在になってくれるんじゃないでしょうか!

中断期間を経た更なる成長を東京に期待しましょう。
VAMOS TOKYO!!

昨年の天皇杯の大宮戦でもきれいなミドルを決めていましたが、憂太はコースを狙ったシュートがうまいですよね。
今までは、どちらかというとゴール前でつなぐプレーばかりが目立って、結果「シュート打て!」となっていたわけですけど、自分から打つ積極性が出てきたのだとしたら、今後も期待できそうです。

しかし、規郎のFK。エンターテイメントという意味ではチーム随一だけど、確率でいったら...
なんとかならんもんでしょうか(苦笑)

憂太のコメントからは以前には無かった勝負へのこだわりが感じられました。
精神的に逞しくなってきていると思います。
期待できますね!

規郎のFKは練習あるのみですよね(笑)
憂太にテクニカルなFKを覚えてもらって併用するのも手だと思います。

最近の憂太はボールを持つと何かやってくれそうな期待をもてます。
FKも見てみたいですね。
特にエリア付近のFKはユータでもいい気がします。

神戸戦の1失点目。今さら言っても仕方ないんですが、
土肥ちゃん、飛び出せたんじゃないかと思うんですが…。
この試合、バックスタンドから見てた自分は、
裏に出た瞬間、土肥が追いつくだろうと思いました。
しかし躊躇してボールを眺めてる間に、
敵のFWがボールに追いつき、決められてしまった。
あの1点ですごく苦しい試合展開になった気がします。

攻撃サッカーは前掛かりになる分、ああいうリスクは負うもの。
土肥ちゃんにはそういったピンチを未然に摘んでもらいたい。
彼ならきっとその域までいけると思ってます。

憂太はCKでいいボールを蹴れるだけに、
FKも期待したいですね。
キャラ的にも蹴れるようになるべきです(笑)

あの失点、いつもなら防げたと思うんですけどね。
モニも含めて。

驚異的な反応を見せる土肥ちゃんですが、前への飛び出しは苦手かな?
頑張って克服して欲しいですね。

いぎーた

FC東京が気になる人.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。